rss twitter fb hatena gplus

*

95★カリフォルニア・ドールズ

’81年、アメリカ
原題:The California Dolls
監督:ロバート・アルドリッチ
脚本:メル・フローマン
製作:ウィリアム・アルドリッチ
撮影:ジョセフ・バイロック
音楽:フランク・デ・ボール
キャスト:ピーター・フォーク、ビッキー・フレデリック、ローレン・ランドン、バート・ヤング



黒沢清も絶賛のアルドリッチ(オルドリッチと書いてることもある)遺作、ニュープリント版!今度閉館というシアターNにて30年ぶりの復活。閉館間際になって、何故かシアターNにしょっちゅう行かざるを得ない状況に。何でも、DVD化しなかった理由は音楽の著作権関係だとか。確か、音楽の著作権て死後70年に伸ばされたんですよね。同じ理由でDVD化されなかった、アルトマンの(名前が似てる!)『ナッシュビル』も、そういって映画館で見た途端、DVD化されたんですけどね。

よくよく考えれば、プロレス映画って珍しいんですよね。私が見たことあるプロレス映画は、『レスラー』と『モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦』ぐらい。プロレス映画が珍しいというのは『レスラー』の時に知ったのだけれど。男の戦いが描かれるのはもっぱらボクシングばかり。こちらは、さらに女子プロレスなのだから、もっと珍しい部類に入るのでは。プロレス描写もこれだけ撮影に使われていて、ストーリーもきちんと出来ていて、最後まできちんと楽しめる快作。プロレスの世界で這い上がっていくことを目標にしていて、時に自分の前途を不安に思うものの、どこかアッケラカンとした女子二人。彼女たちが体当たりで人生にぶち当たっていく姿が、何だか眩しいのでした。ぶっきらぼうだけど、仕事は一生懸命で、二人のために苦労を厭わないマネージャーのハリー(ピーター・フォーク)も人間味溢れていてなかなか。

プロポーションの良い二人、アイリスとモリーが、プロレスが強い理由は分からないのだけれど。苦労をしながらなかなか目の出ない二人を見ているうちに、いつの間にか応援してしまっているのでした。やっぱり、スポーツやってると、人間的な可愛げって本当に大事なんだなーと思ったり。彼女たちのどちらかが、ヒネた考え方をしていたり、途中でワガママを言おうものなら、放り投げたくなるものね。「体育会系は性格が良い」というのはうちの母の言い方だけど、彼女は、私が「バスケ部に入りたい」と言ったのを却下して、無理やり卓球部に入れたことを、その後の一生涯において後悔するハメになったのでした。「あの時バスケ部に入れておけば・・」と、何度聞いたか分かりません。もう、いい加減それ言うのやめて欲しいんだけど。

 

 

関連記事

『ジョン・ウィック』キアヌ完全復活

「キアヌ復活」なんて言うのは、俳優を辞めていた訳でも無いのに失礼な言い...
記事を読む

『キングスマン』 上品なオーダーメイドスーツに身を包んだ下品なアクション

古き良き007に影響された、伝統的英国スパイ活劇という極上スーツに身を...
記事を読む

『タクシーハンター』 スコセッシの真逆!?タクシードライバーを殺しまくる!

スーパークレイジー極悪烈伝にて2本目。
こちらは他の2本とはテイストが...
記事を読む

『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』 トムの“俺様の大本命”シリーズは今回も面白い!

この『アウトロー』でトムにその手腕を買われたクリストファー・マッカリー...
記事を読む

『ジュラシック・ワールド』 正しき夏休み映画

なんと『ジュラシック・パーク』を劇場で当時に見て以来のこちらのシリーズ...
記事を読む

1,287

コメント(1件)




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑