rss twitter fb hatena gplus

*

90★眠れる美女

’12年、イタリア、フランス
原題:Dormant Beauty / Bella Addormentata
監督:マルコ・ベロッキオ
脚本:マルコ・ベロッキオ、ヴェロニカ・ライモ、ステファノ・ルッリ
プロデューサー:リッカルド・トッツィ
撮影監督:ダニエーレ・チプリ
キャスト:イザベル・ユペール、トニ・セルヴィッロ、アルバ・ロルヴァケル、ミケーレ・リオンディーノ、マヤ・サンサ、ピエール・ジョルジョ・ベロッキオ



尊厳死を扱った3つの物語を描く、女性3人の「眠れる美女」。2年前にイタリアで話題になった尊厳死のニュースを、時期を寝かせてから練ったという。娘が昏睡状態に陥ってしまって、女優としての自分を投げ打って祈る母親と、壊れてゆく家族。早く主の元へ行きたいと、生命維持装置を停止することを願う議員の妻。自殺未遂を繰り返す鬱病の女性・・。命を扱ったそれぞれの家族の、それぞれの答えの出し方。

3つの物語のそれぞれが、一つの尊厳死を考える上での核となるような、重要な物語であると思えなかったからか、何となく散漫な印象。ラストも、テーマへの鋭い目線や掘り下げもあまり感じず、分かりやすいところへ物語が落ち着いているような・・・。でも、イタリアならではのヘビーさが感じられる良作ではあったと思います。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,361

コメント(2件)

  1. これもね・・・。TIFF5本目だったんですよ。前の『NO』が意外に面白くて集中してしまって、そこから走って移動したせいか、熟睡。
    いけないとは思ってますもちろん。ですけど、5本目となるとキツかった。
    オムニバスというか、同時進行の話はやっぱり、ちゃんとしっかり体力ないと無理ですね。
    これも公開あるらしいので、その時に試写でも当てたい香奈と思います。

  2. rose_chocolatさんへ


    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    TIFFのラインナップって、5本は結構キツイんですよね。
    私は最大でも4本しか見なかったなー。でも、見てる人は5本見てますよね。
    私はこの作品はあの『NO』の後の日に見ないで、別の日の午前中に見ているのでした。
    へー、これ公開あるんですか!知らなかった。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑