rss twitter fb hatena gplus

*

86★火の道

’12年、インド
原題:Agneepath
監督:カラン・マルホートラー
脚本:カラン・マルホートラー、イラー・ベーディー・ダッター
プロデューサー:カラン・ジョーハル
製作総指揮:スミト・チャーウラー
撮影監督:キラン・デーオーハンス
音楽:アジャイ=アトゥル
キャスト:リティック・ローシャン、プリヤンカー・チョープラー、サンジャイ・ダット、リシ・カプール



いやー、もう楽しいのなんの。やっぱりインド映画は面白〜い!

この作品、アミターブ・バッチャンのオリジナル『火の道』(’90年)のリメイク。私はこれをTIFFで見たのだけれど、「今年一番のインドの大作」、とのことなので、これ日本にもきっと来るだろうな、と。どちらかと言えば悲劇なので、あの「インドっぽいミュージカル場面」も、割と抑え目に出来てる。その代わり、ストーリー重視で、「トコトン面白くしよう!面白くするために、何でもしよう!」という気概が感じられて、とにかく圧倒されてしまう。この感じがまたイイんです。

ハリウッドにハリウッドならではのストーリー理論があるなら、ボリウッドにはボリウッドならではの最高峰がある。目指しているものが全く違うんですよね。こちらも「ボリウッドの最高峰!」という力技を駆使して、トコトン頑張ってるんですよ。面白さは保証するんで、配給されたら絶対観に行って欲しい作品。

悲劇を盛り上げるための様々な工夫。これを笑ってはいけないんだけど、時々笑っちゃうんです。あまりに力いっぱいすぎて、「そりゃないだろ!」と唖然としちゃう。悲劇ではあるんだけど、もう可笑しくて、ヒイヒイ笑っちゃうと思います。


「ミュージカル部分は控えめ」と言ったけれど、決してインドらしさが減ることはないんですよね。音楽も全編に奏でられていたり、ここぞとばかりに大活躍したり、全編を通してやっぱり音楽の印象が強い。インド映画の楽しさは、やっぱり音楽の良さにある。このためまたインド映画が恋しくなって、見たくなっちゃうんだなー。


悪役はトコトン悪く、主人公は果てしなくカッコいい。これまで私のイメージだと、インド映画はイケメン重視ではなくて、おっさん重視だと思ってたので、インド映画でイケメンに会えるなんて!驚きました。ムキムキの体を見せつけていたりして、もう相当な体作りをしていて、それこそこの甘いマスクで、体はスタローン並。凄い!


悪役はこの人。CG無しにこの悪そうな風貌!よくもまあこんな悪そうな人見つけてきたもんだ!泣く子も黙る悪者っぷりを、映画全体に渡って発揮してます。


で、こちらの主人公の方。彼の歌はそんなになくて、踊りもほんの少しだったんですよね。アクションはもちろんやってるんだけど。最近のインド映画は、歌は全部吹き替え、別の人が歌ってるんだそうです。

この人、カッコいいでしょ!チ●コもでかそうだし。誰かに似てると思いませんか?・・
冴羽遼!!もう、シティーハンターの冴羽遼にソックリでした。
この人、リティック・ローシャンという方だそうです。

後半に笑顔のシーンがあるんだけど、笑顔なんかいらないよ!断然無言で涙目になっているシーンの方がカッコイイんですよ。
途中で、泣きながらカレー食べるシーンでは爆笑してしまいました。

 

関連記事

『若さは向こう見ず』 気持ちのいい快作!

インド映画ってどんどんフレッシュになっているなあとつくづく感心しちゃう...
記事を読む

現代アジアの作家たち特集(2) ショエーブ・マンスール『BOL 声を上げる』、アン・ホイ『男人四十』、レイス・チェリッキ『難民キャンプ』

ショエーブ・マンスール『BOL 声を上げる』 この作品には本当に驚かさ...
記事を読む

カーン家最後の総裁!サルマーン・カーンの男臭さ 『ダバング 大胆不敵』

去年から、またまたインド映画を盛り上げよう!的気運を感じちゃう。この作...
記事を読む

マサラ上映が好き!『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』@渋谷シネマライズ

またもやって来ました! インド映画はお祭り!マサラ上映。去年『恋する輪...
記事を読む

オーケン×辛酸なめ子のトークショーに行って来ました! 『きっと、うまくいく』

オーケンのトークショーのある初日に行って来ました。 辛酸なめ子、ゆるキ...
記事を読む

3,134

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑