rss twitter fb hatena gplus

*

ボリビア コパカバーナ、太陽の島


チチカカ湖づたいに車でボリビア側までやって来ました。
チチカカ湖は、ペルーとボリビアで半分づつ共有する、二カ国にまたがった湖。
上の写真は、ボリビアのコパカバーナ。白い壁の美しいチャペルです。


太陽の島は、ここコパカバーナの港から、船で約1時間ほど行ったところです。いざ、出港。


こちら船内。ゆったり、ソファも座りやすくて居心地がいい。


ようやく見えて来た。


太陽の島到着です。
ここは、インカ帝国の初代皇帝マンコ・カパックが(変な名前とか言わない!そこ!)
降り立ったと言われる、聖なる地。
21平方kmの小さな島ですが、ここに人が現在も住んでいます。

島の上の方が段々畑になっているのが見えますか?
ここで、ジャガイモやキヌアが作られています。
 

こちらの階段を上がって行くのですが、結構急な階段。
高度も3800mの地点ですから、上りがかなり辛い。
前日、嫌というほど山登りをして、筋肉痛が酷く、
階段を見た瞬間に泣きそうになりました。

山頂まで行くと泉があります。源泉がどこか分からない泉。
これもまた、インカの不思議なまでに発達した技術によるものなのか、それとも奇跡的な自然によってなのか、
分からないそうです。


山頂付近で、シャーマンがお祈りを捧げてくれました。
言語は、アイマラ語。しかし「パチャママ」という言葉はケチュアと共通のようです。

 

関連記事

太陽の島 双胴の船とフォルクローレ

双胴の船に乗りこみます。こちらは、“タタラ”で編まれた船。...
記事を読む

ペルー地元民の結婚式、ボリビア越境

随分間が開いてしまいましたが、ペルー旅行の続きです。 クスコから、一路...
記事を読む

1,855

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑