rss twitter fb hatena gplus

*

75★ブワカウ

’12年、フィリピン
原題:Bwakaw
監督/製作総指揮/脚本:ジュン・ロブレス・ラナ
製作総指揮:ペルシ・インタラン、ロムス・ダビッド他
プロデューサー:フェルディナンド・ラプス、アントニオ・トゥヴィエラ他
キャスト:エディ・ガルシア、レス・コルテス、ガルド・ヴェルソーサ、アルミダ・シギオン・レイナ、アラン・パウレ、ソキシ・トパシオ、ジョイー・パラス



フィリピンのインディペンデント、シネマラヤ作品。アカデミー賞、フィリピン代表作品でもある。一人のお爺さんの老後の物語。60を過ぎてようやく自分のセクシュアリティを認めた男が、孤独のうちに自分のいつかやってくる死と向きあう。フィリピンらしい優しいタッチ、ほのぼのさを感じて思わず癒される。日本の癒し映画、荻上直子などが大の苦手な私にも、嫌味なく感じられた。テーマとしては『人生はビギナーズ』を思い出した。エディ・ガルシアは、フィリピンの三國連太郎のような渋い俳優さんだとか。政治家などの役をやらせたらすごく迫力があるらしい。この彼が演じるところが面白いようだ。

ただ、「顔が怖い人」という設定のタクシー運転手が、怖い顔では全然無くて、初めから優しい顔にしか見えなかったけれど。彼、腕にタトゥーの柄の手袋みたいのをつけていたけれど、あれも「本当のタトゥーのある人」設定だからなのでしょうか。肌色にタトゥー柄の入った手袋が、どうしても気になってしょうがなかった(笑)。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,136

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑