rss twitter fb hatena gplus

*

72★シージャック

’12年、デンマーク
原題:A Hijacking / Kapringen
監督/脚本:トビアス・リンホルム
プロデューサー:ルネ・エズラ、トマス・ラドアー
撮影監督:マウヌス・ノアンホフ・ヨンク
音楽:ヒルドゥル・グズナドッティル
キャスト:ヨハン・フィリップ・アスベック、ソーレン・マリン、ダール・サリム

ドキュメンタリータッチの、リアリティを感じさせるドラマでグイグイ進んでゆくシージャック。閉塞感を感じる船内の密室劇で、息詰まる緊張感が持続する。なかなか上手く出来た、楽しめる作品。

普通であれば、政府が介入するのかと考えてしまうけれど、一切国は関わりなく、企業と海賊との一騎打ち。この辺、リアリティはどの位あるのかな?と思ったけれど、Q&Aの際の質問に答えて曰く、実際にこうした際に国の介入無しに、企業と海賊だけのやり取りというのは普通にあることだそう。ヨーロッパではこうしたシージャックが問題になっているとか。ただ、私としては交渉の仕方に少し疑問を感じてしまった。料理人とベンと船長の3人だけしか映像には映らないが(他の4人は隔離された状態)、社長は全員の無事を確認しない。料理人一人だけの声しか聞かずに、全員分の値段を交渉しようとする。本来、人質の内誰か一人でも殺していれば、値段の交渉は安くなるはずなのに。まず人質全員の安全を確認して、それから交渉となるのでは?と疑問に思った。それなのにこの社長は、人質全員の安全を確認しないで、まず値段交渉に入る。ここがどうしても気にかかってしまって、私としては評価がかなり下がってしまった。

この作品では、素人を大胆に起用していて、オフィスの中では本物の役者は2人だけだそうだ。特に交渉人は自裁に交渉人を普段やっている人を起用したとか。彼にインタビューをし、演技をしてもらったところ気に入り、出演してもらうことになったらしい。実際に彼は、デンマークの企業の社長がシージャックされた時に事件を担当したとか。(実際にはアジア沖で起こった事件。)海賊役の人たちもアマチュアで、街に居たケニア系ソマリア人の素人さんなんて言う話も聞けた。

この作品は見た人の評価がとても高いみたい。私も密室劇のサスペンスフルな物語は大好き。だけど舞台背景が極めてコンパクトな密室劇だからこそ、どうしても湧く疑問に関しては、脚本中で解決されていないと、納得が出来なくなってしまう。思わず厳しい目線になってしまったけれど、全体的にはなかなか迫力があって面白かった。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,546

コメント(5件)

  1. とりあえずTIFFの記事を溜めたくないんで、順不同で書けるものからどんどん上げてきますね~。
    これは割とあっさりとした印象でしたね。

  2. rose_chocolatさんへ


    こちらにもありがとうございます〜♪
    roseさん本当UP早くてすごいわー。私のトコは、旅行記事はまだ終わらないわ、そうこうする内にホラー特集は始めるわ、さらにTIFFも手をつけて、なんだか混沌としちゃってます・・。


    この作品は面白かったですね。上手くまとまっていたような。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑