rss twitter fb hatena gplus

*

65★ゴールデン・スランバーズ

’11年、フランス、カンボジア
監督:ダヴィ・チュウ
プロデューサー:ジャッキー・ゴルドベルグ
撮影監督:トマ・ファヴェル
音響:ヴァンサン・ヴィラ

 

私の今年のTIFF参戦は、この作品から。かつてカンボジアはホラー・ファンタジーの宝庫だったけれど、ポルポト政権下に変わり、当時の映画黄金時代が失われてしまったらしい。この時代のカンボジア映画に関するドキュメンタリーということで、好奇心を大いに刺激され見たくなった。

ただ、残念ながら「カンボジア・ホラーのドキュメンタリー」という触れ込みは言い過ぎだった様子。それが目当ての私としては、ホラーに関しての記述なんてほんの少ししかなかったのが残念だし、中には「ホラーのドキュメンタリー」と書くことで、見る気を失ってしまった人も居たのでは。そう思うと複雑。

でも見ていく内に、カンボジアの粛清の酷さには圧倒されてしまった。当時山のように作られたという400もの映画のうち、現存するのはその内の30本だそう。とても貴重な時代を知る人達による、証言で作られたドキュメンタリー。ポルポト派が粛清を始め、映画監督や俳優が「人民の敵」として殺されたらしい。プノンペンにあった映画館は全て閉鎖。なんていう時代だろう!と、心を揺り動かされてしまう。

当時の700万人の人口の内、この時170万人もの人々が殺されたという。現在生きている人達はほぼ、両親の時代のスターを知らず、当時を知っている人も居ない、だなんて。当時の生き残りの人は、「父親も親戚も友人も殺された。彼らの顔は忘れてしまったけれど、当時の俳優の顔は覚えている」などと言う。その言葉がとても心に残った。

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

1,188

コメント(2件)

  1. この季節、うきうきしてきちゃいます^^ なんだかんだあるとは思いますがやっぱりTIFFの規模は大きいしね。


    この作品も観たかったんですよ。
    しかーし。他とかぶっていたりとか、初日の朝10時台(!)など、私にはハードル高く。
    でもポルポト時代の話ならやっぱり行っておけばよかったなあ・・・とこれ読んで思いました。歴史ものは好きなんです。アジアの歴史とかね。

  2. rose_chocolatさんへ


    こんにちは~♪コメントありがとうございました。
    本当、この時期ウキウキしちゃいます~!ちなみに今日私はすでにTIFF入りしとりますよ♪
    毎日4本映画見ても全然飽きないし、また行こう!って思っちゃうんですよね。この時に見ておかないと、後で見れない可能性がある、っていう気持もあって。


    そうですね、この作品は割と人入ってなかったです。おっしゃる通り朝の一番の回というのもあったせいかもしれませんね。月曜でしたしね。
    roseさん、歴史物お好きなんですね。ふむ




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑