rss twitter fb hatena gplus

*

66★ゴッドファーザー・オブ・ゴア

’10年、アメリカ
原題:Herschell Gordon Lewis: The Godfather of Gore
監督:フランク・ヘネンロッター、ジミー・マルソン
キャスト:ハーシェル・ゴードン・ルイス、フランク・ヘネンロッター、デヴィッド・F・フリードマン、ジョン・ウォーターズ、マル・アーノルド



『バスケット・ケース』、『バッド・バイオロジー 狂った性器ども』の監督、フランク・ヘネンロッターによる、ハーシェル・ゴードン・ルイスのドキュメンタリー映画。
ホラー好き必見!の素晴らしいドキュメンタリー。なんたってホラー映画の誕生に、立ち会ったような気になれるのだから!

今の時代の私達にとっては、ホラーなんてありふれていて、特に珍しいものではありません。十把一からげにいつでも大安売りされていて、十本見て面白いものが一つでもあればラッキー、といったところ。ホラーコーナーはどこのレンタル屋でも端っこの方に集められていて、申し訳ない思いをしながら覗きに行く(ところで私の最寄りのTSUTAYAは、キャッシャーの真ん前にホラーコーナーがあるんですけど、あれは何の羞恥プレイなの?階段の真裏のせせこましい場所な上)。しかし、そうした恥ずかしさにも、ホラーという分野が初めて見た時に与えてくれた強烈さも、だんだんと慣れてしまうのです。
この作品は、ホラー飽食の現代に、原点に立ちもどるための必見のドキュメンタリー。きっとこの作品を見て、ホラーが好きだった一番最初の気持ちを思い出すはず。この作品を世に出してくれたフランク・ヘネンロッターにも、印象的な言葉で一生懸命説明してくれたジョン・ウォーターズにも、感謝の気持ちでいっぱい!
ここで見聞きした色々なトリビアについては、ハーシェル・ゴードン・ルイス作品のそれぞれの部分に、ちょこちょこと入れてしまったので、良ければ各作品の感想の方もお読みください。
ちなみに、私はこの作品を今回のハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭の私的トリ作品として最後に見たけれど、ハーシェル・ゴードン・ルイス映画を見たことのない人にもオススメだし、この監督作品を見る気のない人にも是非見て欲しいもの。
個人的に一番印象深いのは、『血の祝祭日』が初めて上映された辺りのエピソード。これまでスプラッタ映画など見たことない人達が、初めて見るこの作品にビックリし、吐く人が続出したという話など。スプラッタ生誕のその瞬間を立ち会えたかのよう。それなのに当時大ヒットするなんて、いや、だからこそ面白い。オタク界のアメリカン・ドリームのよう!こうした当時の話が聞けるなんて本当に貴重で、想像しては喜んでしまう。

ハーシェル・ゴードン・ルイスはこんな「ゴア映画の父」などと言われてるけど、本当は知的な人なんですよね。何よりホラー映画を撮り始めたのは商売のためというドライさ。初めはヌード映画を撮っていたけれど、だんだん誰もがやるようになって、ゴア映画を思いついた。誰もやっていないことで人の興味を引こう、それこそが商売につながると思った、そんな先見の明からスプラッタは生まれたという。

ジョン・ウォーターズが自分の持っている『2000人の狂人』のオリジナル小説版を、「これはレアだろう」と自慢げに見せていたのが微笑ましいw。しかも2冊も持ってるとか。ちなみに、『血の祝祭日』の小説版は散々探したけれど、全然見つからないんですって。

ところで私は今回の「ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭」で初めて彼の作品を見たと思っていたのだけれど。実はこの作品を見て、『悪魔のかつら屋』を見ていたことに気がついた。というかこれがH・G・ルイス監督作品とは知らなかった。カツラの人形の不気味さとチープさには笑ったけど、あそこはアレはアレでシュールで、なかなかおもしろいシーンなんですよ。

 

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

1,129

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑