rss twitter fb hatena gplus

*

タンボマチャイ、ケンコー、サクサイワマン



クスコ観光が続きます。クスコの街並み。



まずは、タンボマチャイ。「聖なる泉」と呼ばれる場所。
こちら、上記のように3,765mと高度が書いてありますが、実際はもう少しここから15分ほど緩い坂を上っていくので、もう少し上がります。となると、富士山の山頂より少し高い標高なので、かなり息苦しい。
この高度にあって、インカ時代より、今も水が流れている場所。

一体どうやってここまで水を引いているのか、謎とのことでした。
ゼイゼイ言いながらここまでやって来て、心臓はもうバクバク。
「聖なる泉」 と呼ばれるのも分かる気がします。ここの水を飲んだら、HPが全回復しそう。



ケンコーは、インカ時代の祭礼場。
巨石でグルリと取り囲まれた場所になっていて、中に入るとヒンヤリと涼しい。ここでミイラが作られていたそうです。



次は、サクサイワマン。
岩々が、波を打っている形に並べられているのが分かりますでしょうか。こちら、「雷の神殿」と、当時言われていたらしい。
なるほど!という感じですよね。
クスコのインカ時代の遺跡の数々は、どれもネーミングがシンプルで、思わずドラクエやFFを思い出してしまうものが多いのです。

こちらは、現在は壁しか残っていませんが、360mに渡る見事な石の壁。
これだけの石を揃えるのに、ペルー各地から取り寄せたとか。
これを作るまでに1日およそ2万人を導入して、80年かかったそうです。



このサクサイワマンは、ペルーはクスコの中でも、とても有名な場所です。
何故なら、ここで「インティ・ライミ」という太陽の祭りが行われるから。
インティライミは、リオのカーニバル同様、南米で行われる最も大きな祭りの一つ。
日本では「ナオト・インティライミ」なんて名前を自分につけてる人がいますけど・・

ちなみに、観客席側は、上の写真より一つ上のだだっ広い風景の辺り。
この広大な場所が人・人・人で埋め尽くされる様子を、見てみたいなあ。
インティライミが行われるのは、毎年6月末だそうです。



ペルーのあちこちで、見渡しの良い丘の上には、必ずと言っていいほどキリストさんが見られました。

 

関連記事

ペルー旅日記 索引ページ:feat. マチュピチュ・ウェディング

序章 マチュピチュで結婚式をして来ました! 成田空港でオススメのレスト...
記事を読む

恋人達の公園、リマで最後のディナー

あまりに面白いガイドさんだったので、彼の話が強烈過ぎて、観光がイマイチ...
記事を読む

アリアガ邸、ペルーの変わったガイドさん

リマの街中にある、ヘロニモ・デ・アリアガというスペイン人征服者の屋敷に...
記事を読む

インカ・マンコ・カパック国際空港、リマ アルマス広場

インカ・マンコ・カパック国際空港!・・・何ていうおかしな名前でしょう〜...
記事を読む

ペルーの浮島、ウロス島に行って来ました!

9日目 プーノから出発し、この日はウロス島へ。 ウロス島は、チチカカ湖...
記事を読む

1,340

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑