rss twitter fb hatena gplus

*

55★最強のふたり

’11年、フランス
原題:Intochables
監督・脚本:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
キャスト:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ

こちらの作品、観客動員数の最多フランス映画に、最近なったらしい。『アメリ』を抜いて。



物語の冒頭が鮮やかで素晴らしい。まるでアクション物に見まごうようなカーチェイスから始まる。捕まった時には、スリル満点に追手を巻いたり。ヒューマンドラマの感動物を期待して見たはずなのに、アッサリと裏切られる冒頭。もし前情報について何も知らずに見たら、というのは私がいつもそうなのだが、二人の関係性が一体どんなものなのか、よく分からないぐらいだ。何故彼らはこのような状況なのだろう?さらに言えば、どちらが介護する方でどちらがされる方なのかも、判明つかず・・。(車のシーンは下半身が映らない、だからすぐに見分けがつかない。)

そして、まず初めに疑問を抱くのが、彼ら二人はちっとも、よくある被介護者と介護人でないこと。何故だろう?大きな疑問符が浮かんでしまう。この疑問符を、物語の中で観客それぞれが納得してゆくこと。このプロセスが、物語の肝になっているようだ。

そもそも、何故彼らが、対等な関係と成り得るのか。スラム街出身のドリスは、周りの環境に引きずられて、なかなかマトモに働くことが出来なかったこと。全てを持っていて自信満々な紳士に見えるフィリップも、女性に対する遠慮から、その一歩がどうしても踏み出せなかったこと・・。嫌味なく語られる物語の中に、次第に引きずりこまれる。

主人公は二人のどちらだろう?あるいは、彼ら両方なのかもしれない。初めから介護などサラサラする気のなかったドリスが“介護人”として来るまで、フィリップの雇い入れる人は皆一週間と持たなかった、という。正直、ドリスの介護の仕方は、まるきり丁寧さが足りなくて、今にも取り返しのつかないひどいミスをしでかしそうだった。見ていてヒヤヒヤするぐらい。あんな介護があるんだろうか・・と、開いた口のふさがらないようなトンデモ介護。何故かフィリップは彼を気に入っているけれども、あけすけな口の聞き方一つ、介護の際の手際一つを取ってみても、何故彼がお気に入りなのかと、初めは頭をひねりたくなる。

でも、フィリップにとってはそここそが問題だったのだ。コワレモノのような扱いを受けることが、彼にとってはきっと嫌なことだったんだろう。飾らずに真っ直ぐ、本音で話し合える人。話をしていて退屈しない人?(笑)何より、心からの友人を求めていたのだろうな、と思う。本当に対等な関係を。

この作品が何より素晴らしいのは、描き方が粋であること。これに尽きる。一切の無駄な説明や、ヒューマン・ドラマのテイストの物語が、ベースに持っているようなジメジメした葛藤や悩み。そうした“本来あるべき面倒くささ”が、全然しないことだ。カラっとした軽快なコメディのように、二人の掛け合いを楽しむことが出来る。

ただ、 だからこそ少し物足りなくもある。綺麗なものだけでキュッとパッケージングしたような印象を持ってしまった。物語が描こうとする部分がとても美しい部分で、とても分かりやすい。でもそればかりではなくて、描くものの中から、「ついはみ出してしまう何か」を私は期待してしまう。「はみ出す何か」だなんてとても抽象的だが、一言に言えば「等身大の人間の持つ人間臭さ」であるかもしれない。去年見たイタリアの、やはり事実を元にした『人生、ここにあり!』のような、「事実の凄み」。噛み切れない事実の重みがあった方が、より物語に膨らみがあったように思う。

 

※ストーリー・・・
事故で全身麻酔となった大富豪フィリップの介護者選びの面接に、スラム街出身の黒人青年ドリスが現れる。しかも、彼は失業保険をもらいたいがために不採用を望んでいた。しかしフィリップは、他の者と違って自分に同情しないドリスを雇うことを決め・・・

最強のふたり@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

2,500

コメント(10件)

  1. そう“粋”だよねえ。確かに突き抜ける物はないんだけど、凄くセンスの良い人たちが作ったよくできた映画。
    誰にでも自信をもってオススメできる映画って案外無いです。
    大ヒットしてるのもこれは納得。

  2. ノラネコさんへ


    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    本当、粋の一言ですよねー。センスが最高に良かったですよネ。
    韓流ドラマみたいな面倒臭い展開の苦手な私には、スカッとするものがありました。
    ただ、私はアメリの方が好きですわ〜。アメリの記録を抜かさないで欲しかった(爆

  3. 『人生、ここにあり!』は昨年スルーしちゃってて今年のEU Film Daysでようやくキャッチ出来ました。これはシリアスでしたね。シリアスというよりもどうしようもない現実でした。
    確かにそれに比べたらこちらは少々おとぎ話っぽいかな?
    「お話」として、浮世のあれやこれやを忘れたい時にはこれはいいと思いました。

  4. rose_chocolatさんへ


    こちらにもありがとうございます〜♪
    『人生、ここにあり!』はすごく気に入って、去年のベスト10に入れたんですよ〜、私。確かにシリアスですけど、すごくポジティブな後味ですよね。今思い出しても、胸がいっぱいになるぐらい好き。
    でも、この作品も良かったと思いますよ〜




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑