rss twitter fb hatena gplus

*

ペルー・レイル ビスタドーム、マチュピチュ到着


4. 4日目

いよいよペルー・レイルにて、マチュピチュに向かいます。
オリャンタイタンボより、アグアスカリエンテスへ。所要時間1時間半。
この日はいよいよマチュピチュにて結婚式!
私の方は緊張して、昨日はあんまり眠れませんでした・・。(相棒はグッスリw)





オリャンタイタンボの駅、チケット口。
7:05の列車発時刻なのですが、30分前に到着しておくように書いてあります。
朝早朝に起きて、ゆったりホテルの朝食を楽しみ、元気は充填。

オリャンタイタンボの駅の売店でクラロレカルガ(電話のチャージカード)を買おうとしたが、ボッタクリ価格。10ソルのところを15ソルでなければ売らない、と強気な態度。「マチュピチュ行ったらもっと高いよ!」などと高飛車な態度で、全然まけてもらえませんでした。
実際、マチュピチュのお店に行った後見てみると、特に普通の値段でした。ここで買うのはオススメしません。



ペルーレイル。見た目がまるでイギリスのオリエント急行ですよね。
似ていると思ったら、 オリエント急行の系列会社と、ペルー国営の共同運営だとか!

マチュピチュに行くには、クスコやここ、アグアスカリエンテスから、この列車に乗るしか、他に行く方法がありません。
正直、ビックリするほど値段が高いのですが(5000円〜7500円ぐらい)、完全独占企業なので大儲け!羨ましい稼業ですね。

左画像(←)は、ビスタドーム車内。列車の上部、側面が大きく窓が開いていて、切り立った山々の景色が堪能出来ます。
列車はウルバンバ川沿いを走っていくのですが、山の景色を見ているだけで全然飽きなかったな〜。迫力満点!気分は上々♪

列車は乗るとすぐに飲み物と、軽食のサービスが。1時間半なのに飲み物も軽食も出てくるとは。
しかし、この時点では私たちは、本当のペルー・レイルの恐ろしさを理解していない私達でした・・・。(帰りのペルー・レイルに続く)

ただし、この列車は、大きなスーツケースは持ち込み不可。
持ち込み可能な荷物のサイズは、例えば飛行機の機内に持ち込めるサイズぐらいの小型スーツケース一つのみ。
私は花嫁衣裳も持ち込まなければいけなかったし、メイク道具もあるし、登山もするので、どうしても荷物が増えてしまう。
大きなスーツケースは、翌日クスコに泊まるホテルに、前日ドライバーさんに頼んで運んでもらい、小さなスーツケースのみでマチュピチュに入山しなければいけないのでした。



マチュピチュの麓、アグアスカリエンテスに到着。



マチュピチュへは、ここからバスに乗って、ハイラム・ビンガムロードをクネクネと走っていきます。

バスへはここを真っ直ぐ。ここからバス乗り場へは、歩いて5,6分ぐらい。

向かい始めたところ、サンクチュアリー・ロッジの係員を発見。
サンクチュアリー・ロッジというのは、 マチュピチュ遺跡入口のすぐ隣にあるホテルで、私達が今日泊まる場所。
さすが、気が効くなあ!と、早速キャリーバッグの荷物を預けます。

商店街を突っ切り、踏切を渡ります。



マチュピチュへ到着する前に足りないものは、この広場周辺で買い足して行きます。
到着は早朝8:30なので、お店はほとんどやっていなく、商店街もほぼ閉まっていた状態でしたが。



マチュピチュへのバスチケット。
翌日の帰りにも使う往復分。

 

関連記事

ペルー旅日記 索引ページ:feat. マチュピチュ・ウェディング

序章 マチュピチュで結婚式をして来ました! 成田空港でオススメのレスト...
記事を読む

恋人達の公園、リマで最後のディナー

あまりに面白いガイドさんだったので、彼の話が強烈過ぎて、観光がイマイチ...
記事を読む

アリアガ邸、ペルーの変わったガイドさん

リマの街中にある、ヘロニモ・デ・アリアガというスペイン人征服者の屋敷に...
記事を読む

インカ・マンコ・カパック国際空港、リマ アルマス広場

インカ・マンコ・カパック国際空港!・・・何ていうおかしな名前でしょう〜...
記事を読む

ペルーの浮島、ウロス島に行って来ました!

9日目 プーノから出発し、この日はウロス島へ。 ウロス島は、チチカカ湖...
記事を読む

2,017

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑