rss twitter fb hatena gplus

*

40★きっと ここが帰る場所

’11年、イタリア・フランス・アイルランド
原題:This Must be the Place
監督: パオロ・ソレンティーノ
脚本: パオロ・ソレンティーノ、ウンベルト・コンタレッロ
撮影: ルカ・ビガッツィ
キャスト:ショーン・ペン、フランシス・マクドーマンド、ジャド・ハーシュ、イブ・ヒューソン、ケリー・コンドン



「ロードムービー」、もしくは「自分探し」。このキーワードって、10代・20代にしか似合わないものだ、とどこかで思ってしまっていた。飽くことなく渇望する人たち、未だその手に何も手にしていない、未来ある若者のためテーマだ、とばかり思っていたけれど。いくつになっても人って「成長」するものなんだ、変われるものなんだ。そんな風に思えた。ゆるゆるなロードムービーが、不思議と心地よく心に沁み入る。

主人公は、50を過ぎ、くたびれた見た目の元ロッカー。見える全てを手に入れ、でも生きるための欲望をあまり持ってはいない、もぬけの殻のような存在。作品の底辺に流れるのは、どこか悲しげな、鬱を患っている初老の男。ミュージシャンというより、ドラッグクイーンにすら見えるその容貌。つまり、ロードムービーの主役に据えるには、あまりに不似合いな人物に思えた。

初め自分はどこか、この主人公シャイアンに対して、見た目で判断するような気持ちがあったのだろうと思う。かつての音楽好きである私にとっても、「老いた」ミュージシャンは、正直あまり興味なくて。音楽は反抗する若者のためのものでいいし、「Die Young」、むしろ、27歳で死んだ人たちの方が伝説で格好いいじゃんと思っていたり。「じわじわ生きながらえるぐらいなら、パッと燃え尽きた方がずっとマシだ。」これ、誰の台詞を引用したって、カートが言ってたっけ?

でも、この作品は全然違った。人生の意味を、その人生の終わりにふと考える。これ、誰もに訪れる瞬間なのだろうと思う。ショーン・ペンの演技はとても心に沁みる。大好きな年上の友人のような気持ちになって、応援してあげたくなった。不思議と心温かくなり、涙で画面が見えなくなる瞬間もあった。シャイアンはむしろ、普通の人々よりずっとマトモな感覚を持った、とても温かい人物なんだ、ってことが次第に分かってくる。

強引に物語が進む訳でもなく、ゆっくり生きる彼のペースに合わせて、ゆっくりと進んでいく。変容していくのも少しづつではあるけれど、勇気を出して彼が進んで行くその道筋を、温かい気持ちで見続けたくなった。

「息子に会いたい」の意味が分かるラストも、胸打たれる良いシーン。ただ、シャイアンは正直、いつもの姿の方が魅力的だと思うけれど。

 

※ストーリー・・・
かつて人気ミュージシャンだったシャイアンは、今やその見る影もなく、妻とひっそりと暮らしていた。そんな彼の元に、ある日、30年も会ってない父から危篤の知らせが届く。彼はすぐに父の元を目指すが、時はすでに遅く、死に目に会うことは叶わず・・・

きっと ここが帰る場所@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,096

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑