rss twitter fb hatena gplus

*

31★オレンジと太陽

’10年、イギリス
原題:Orange and Sunshine
監督: ジム・ローチ
原作: マーガレット・ハンフリーズ
脚本: ロナ・マンロ
撮影: デンソン・ベイカー
キャスト: エミリー・ワトソン、デビッド・ウェンハム、ヒューゴ・ウィービング、リチャード・ディレイン、ロレイン・アシュボーン

さすがは父親譲り。誠実で、確かな手腕を感じさせる、静かな良作。巨匠を父に持つなんて、さぞかし恐ろしいことだろうなあと思うのだけれど、その七光りをバネに?見事な社会派作品を作り上げた。

岩波ホールって、特別好きな映画館ではないのだけれど、東京の骨太なミニシアターの中でも、特に個性の光るミニシアターには違いない。この作品、公開後すでに2ヶ月も経過していたにもかかわらず、ほぼ満席と言えるぐらい混んでいて大盛況。ここだからこそ見に来る観客も居るのだなあと、毎回つくづく実感する。レディスデーは無いし、劇場自体は見やすいわけではないのに、何故かいつも混んでる。こんなところもすごい。

今まで聞いたこともなかった、イギリス政府の黒歴史。こうしたところにまっすぐに切り込みを入れてくるのが、さすがのローチジュニアだなあと。物語は決して暴力的なことを描いていないのに、背筋がゾッとするような瞬間もある。彼ら夫婦がこの隠された事実を明らかにするのに、さぞかし多大の心苦を重ねたのだろうなあと、容易に想像する。

特別変わったことをする訳でもない、技術的な小手先のテクニックを効かせる訳でもない。むしろ淡々と事実を追いかけるような、エピソードを積み上げていくだけの確実な手法。まるでドキュメンタリー映画でも撮っているかのようなのに、思い出せるのは極めてケン・ローチ的なアプローチ。(韻踏んじゃった)

物語の抑揚として、一体どんな風に盛り上げていくのだろう、と思ったけれど。淡々としているようで、着々と物語を紡ぎ上げていくところが見事だった。いかにもな感動作ではないところも好きだし、途中、オーストラリアとロンドンとを行き来する彼らが、彼らの目的自体も、どこへ向かうべきかが途中で分からなくなる。彼女が人間らしく迷ったりするところもリアルだった。そして、彼らが戦っている相手の影が、だんだんと形を表してくる。ミステリータッチに盛り上がり、隠された過去の姿が浮かび上がってくるところも良かった。

自分の家族を大事にしながらも脅しに屈せず、正々堂々と戦うヒロインの姿が眩しかった。不思議な事に、この作品を見ながらずっと考えていた事は、「自分が本当にやるべきこと、やり甲斐のあることを見つけ、それを仕事にすることの出来るヒロインが羨ましい」ということ。自分にとって仕事は、日々、やりたくもない雑務に追われたり、大して重要でもない業務をこなすだけ。自分が四つに組んで、生涯戦うべき相手も特に居ない。私は、ジム・ローチが彼女に惹かれた理由や、この映画が力を持って人々に訴えかける理由が分かる気がする。ジム・ローチもまた、初監督作品ではあるけれど、表現として本当に言いたいことを、彼女のおかげで、きちんと見つけることが出来たのだろう。

 

ところで、twitterでは、エミリー・ワトソンは市原悦子か大竹しのぶにしか見えない、などと言ってごめんなさいでした。彼女が圧倒的なので、リアリティが恐ろしいほど出るし、グイグイと物語を引っ張っていく。ヒューゴ・ウィービングは、写真で初めに一瞬出ただけで、「あっ、ヒューゴ・ウィービング!」と気づいた。そんな自分を、褒めてもいいですかー?(初めに「私の兄が居るらしい」、と写真を出すシーンがあったよね。)それにしても、ちょっと老けたなあ。髭剃れば印象違うと思うけど。あと、まさかのファラミア(ロード・オブ・ザ・リング)!誰も信用しなかった彼から、確実に信頼を勝ち得ていくシーンは結構好きだった。

 

※ストーリー・・・
マーガレットはイギリスでソーシャルワーカーとして働いていた。そんな彼女のもとにシャーロットという女性が、「私が誰なのか調べてほしい」と訪ねてくる。初めは彼女の話に半信半疑だったマーガレットだったが、調査を続けるうちに思わぬ事実を知る・・・

オレンジと太陽@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

975

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑