rss twitter fb hatena gplus

*

28★ドライヴ

’11年、アメリカ
原題:Drive
監督: ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本: ホセイン・アミニ
原作: ジェームズ・サリス
製作: ミシェル・リトバク、マーク・プラット、ジジ・プリッツカー、アダム・シーゲル、ジョン・パレルモ
製作総指揮: デビッド・ランカスター、ビル・リシャック、リンダ・マクドナフ、ジェフリー・スコット、ゲイリー・マイケルズ・ウォルターズ
撮影: ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽: クリフ・マルティネス
キャスト: ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス



ちょうど時間が合っていたから、というだけの理由で、ごくテキトーに観に行ったわけです。そしたら、メチャメチャ面白かった。全く期待していなかったので、本当に意外。

デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン監督、全然知らなかったけれど、この作品が面白かったので、同時期に公開されていた『ヴァルハラ・ライジング』なんかも、すぐさま観に行った。そしたら、『ドライヴ』でカンヌ監督賞受賞してたのね。後から知ってしまった・・・。『ヴァルハラ・ライジング』は、’09年のイギリス・デンマーク映画。つまりハリウッド以前の作品。こちらの、意外にもグロさ全開で、さらに風変わりなテイストには驚いてしまったけれど、よく考えてみればこちらの作品も案外グロいシーンなんかもあったしね。などと思い当たる。『ヴァルハラ〜』は、「難解でアート風なアポカリプト」というところ?

で、こちらの映画。自分は、つくづくこういうテイストの作品が好きなんだよなー、と。台詞で説明せず、映像だけで語るタイプの映画が大好物なもので。主人公は寡黙なんです。そこもまた好きだったな。余計なクチを叩かず、黙々とやるべきことをこなす主人公。素性のよく分からない男だけれど、自分の心がときめく女に、真っ直ぐに心を開くところも、なんだか泣ける。

で、そんな風に物語を追っていると、途中で気づくのは、これ、実はよくある「巻き込まれ型サスペンス」なんだなあ、ということ。でも、そう気づいた時には、すでにガッツリとこの世界に入ってしまっている。なるほど、「巻き込まれ型サスペンス」って、実は、主人公を中心にした物語に入り込むことに抵抗があると、全く面白くないものなかもしれない。私の大好きな、『トゥルー・ロマンス』を少し思い出したりして。あそこまでヒップな作品ではないけれど、不器用な男がしょうもない女を愛することによって、巻き込まれていく話。ああ、好みっぽい。

物語そのものは至ってシンプルな話なんです。それなのに、映画の効果か、あらゆるシーンにすごくワクワク感を感じる。今まで食べたことのある味のものを、すごく上手な料理人が作ったおかげで、まるで新鮮に感じさせるような。よくある話をここまで面白くさせる要因は、一体何だったんだろう?何となく『タクシー・ドライバー』も思い出したりして。

主人公が犬みたいに純粋なところもいい。あの、いかにも「愛されることに経験がない」ことを感じさせるような、主人公の一途さが苦しくて、思わずハマってしまう。

ライアン・ゴズリングが本当にいいんだ!!彼が演技をすると、途端に血肉の通った人間を感じさせるのは何故だろう。すっかり、夢中になってしまった。『きみに読む物語』、『完全犯罪クラブ』辺りから見始めて、『ラースとその彼女』、『ブルー・バレンタイン』!この辺の作品選びの上手さは抜きん出ている。この後、すぐに『スーパー・チューズデー』を観に行った。おかげで、『幸せの行方…』とか、『ラブ・アゲイン』なんて、全く興味湧かなかったけれど、すっかり見たくなっちゃったし。ゴズリングに加えて、キャリー・マリガンも、『SHAME シェイム』に続いて見たけれど、本当キュートな人。

 

※ストーリー・・・
昼はカースタントマン、夜は強盗を逃すプロの逃し屋を営む“ドライバー“は、偶然出会ったアイリーンに一目惚れ。徐々に彼女と仲良くなる中、服役中だった彼女の夫が戻ってくる。そして、ある事件によってふたりは一緒に仕事をすることになるのだが・・・

ドライヴ@ぴあ映画生活

 

関連記事

『エル・クラン』 ブラックテイストな犯罪一家物語

アルゼンチンで大ヒットした、と聞いて思い出すのが去年の『人生スイッチ』...
記事を読む

『ヘイトフル・エイト』 密室の曲者揃い踏み!!

エンニオ・モリコーネのオスカー、おめでとう。この作品で獲りましたね。 ...
記事を読む

『ヴァバンク』ポーランドの国民的娯楽作

今年のポーランド映画祭でかかった81年の作品ですが、ポーランドでは誰も...
記事を読む

後味の悪い映画と言えばコレ! 『ファニーゲーム』

史上最強に後味の悪い映画として、悪名高き作品。 私は、DVDで見た時は...
記事を読む

『ピエロがお前を嘲笑う』 ドイツ発のサイバーサスペンス

ドイツ発のサイバークライム/ハッカーを描いたスリラー。 ギークな童貞主...
記事を読む

1,630

コメント(4件)

  1. >『幸せの行方…』とか、『ラブ・アゲイン』両方観ました。『ラブ・アゲイン』は傑作、昨年マイベスト4位にしてます。
    ライアン、赤丸急上昇ですね。
    この作品はとてもシンプルだけど、色彩遣いなどが効果として抜群に効いてますね。

  2. cucuroseさんへ

    おはようございます〜♪コメントありがとうございました!
    おお、roseさんはどちらも見られたんですね。素晴らしい。私はラブコメはすっかり疎くて、『幸せの行方』や『ラブ・アゲイン』も、何となく見た目でスルーしてしまいました。ラブ・アゲインがベスト4にまで挙がってたなんて!そんなに面白かったんですね。早速DVDで見てみます♪教えてくれてありがとう〜。
    私はこの作品すごく気に入ってしまいました。おっしゃるとおり、色遣いも良かったですね。何よりカメラワークが好きだったなあ〜。

  3. とらねこさん こんばんは
    お久しぶりです 先にコメントTBありがとうございました。
    お返事にお邪魔したら,な,なんととらねこさんご結婚なさったのですね~~
    それもマチュピチュ!素晴らしいです~~
    自分はきっと一生行かないだろうな~と思いますが
    素敵なお写真見てたら,ちょこっとだけ行った気持ちになりました。
    旦那様も素敵な方ですね。お幸せに!
    ・・・と,こちらの記事よりそちらの方に激しく反応してしまいましたが・・・
    この作品は役者の上手さと監督の手腕が冴えわたり
    抗いがたい魅力がありました。ストーリーは確かにありがちなのですが。
    でもすべての場面が魅力的で寡黙な主人公に目が釘付けでしたね。
                               なな

  4. ななさんへ


    おはようございます〜♪コメントありがとうございました。
    お久しぶりですー。そうなんです、結婚したのですー、ありがとうございます。マチュピチュ良かったですよ〜!


    この作品、よくあるストーリーを、これほどまでに新鮮なものに見せる映像が、強烈で素晴らしかったんですよね。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑