rss twitter fb hatena gplus

*

16★人生はビギナーズ

’10年、アメリカ
原題:Biginners
監督・脚本: マイク・ミルズ
製作: レスリー・アーダング、ディーン・ベネック、ミランダ・ドゥ・ペンシエ、ジェイ・バン・ホイ、ラース・ヌードセン
撮影: カスパー・トゥクセン
音楽: ロジャー・ネイル、デビッド・プラマー、ブライアン・レイツェル
キャスト: ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ビシュニック

この作品以上にセンスのある映画って、そうはないかも。人生について一番重要なエッセンスを、こんな風にさりげなく、かつポイントを突いて上手に語るなんて。とってもハートウォーミングな映画でした。たくさん大切なことを教えてもらった気がする、でも、全く説教臭くなく。絶対に忘れてはいけないことを、等身大の物語に載せて。

タイトルが出るラストは、分かっていたはずなのに、思わず「あっ」とむせび泣きそうになってしまった。ギュッと心を掴まれた!最後まで、憎たらしいほどセンスがいいんだから、参っちゃうな。このラストの上手さのおかげで、「今年大好きになった映画」の殿堂入りに、余裕で繰り入って来た。

末期がんを宣告された父の、突然のゲイ・カミングアウト。どうやら、残りの時間を精一杯生きようと努めているらしく…。自分らしく生きる素敵な父を、クリストファー・プラマーが本当に魅力的に演じていて、本当に見事!この役が彼でなかったら、ここまで素敵な物語に思えたかどうか?というぐらいの目ざましい脇役ぶり。(今年のオスカーは彼が獲りました。念のため。)

時間軸はほんの少しだけ交差している。父を無くす前とその後と。主人公は純粋だけど、器用なタイプではなく、しかし決してスレている訳ではない。変人な訳でも。気づいたら少し周りに取り残されてしまっていた、というような、ほんの少しだけ内向的なタイプ。恋人は出来るけれども長続きしない。誰しもがオリヴァーになる要素を持っている、ぐらいの等身大さ。

恋人のメラニー・ロランがまた、本当に魅力的なんだ!!元々綺麗な人ではあるのだけれど、今まで見た彼女の出演作の中で、一番魅力的に思える。主人公が「38歳にして恋に落ちるなんて」と言わせしめるぐらい、彼が夢中になる気持ちも分かる。余計なクチを叩くことは全くないのに、言うべきことは不思議と印象的。ミステリアスでもある。彼女の品の良さと個性を感じさせる。思わず私まで恋しそうでしたよw。こんな人になりたいなあ。彼女の台詞も好きだ。

一番この映画で好きだったのは、その行間の描き方かもしれない。主人公の感じる父の恋人だったゲイに感じる、距離感。大好きな恋人に対して抱く、恋を恐れる気持ちからつい取ってしまう、ほんのわずかな距離感。父親が亡くなって初めて感じる、寂しさと喪失感。人と人との距離感、微妙な「間」を、絶妙に描き切っているところが心にグッと刺さる。

誰しもが「人生の初心者」。みんな後悔しながら、間違えてしまった時は軌道修正しながら、それでも後悔だけはしないように精一杯生きる・・。当たり前なことをここまで素敵に描く、最高に素敵なお話でした。

 

P.S….気になった字幕。laryngitisは「咽頭炎」じゃなくて「喉頭炎」でした。

 

※ストーリー・・・
38歳独身のオリヴァー。彼はある日、末期の癌を宣告されている父・ハルから「私は、ゲイだ」と告白される。その日からどんどん変わっていく父に、オリヴァーは不安を抱きつつも、感化されていた。しかし、ふたりの理解が深まる中、父の死が訪れてしまう・・・

人生はビギナーズ@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,312

コメント(3件)




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑