rss twitter fb hatena gplus

*

地球の最後の男 #71

’11年、イタリア
原題:the Last man on Earth
監督/脚本 : ジャンニ・パシノッティ
プロデューサー : ドメニコ・プロカッチ
原案/コミック : ネッスーノ・ミ・ファラ・デル・マーレ・ディ・ジャコモ・モンティ
撮影監督 : ヴラダン・ラドヴィッチ
音響監督 : アレッサンドロ・ビアンキ
キャスト:ガブリエーレ・スピネッリ、アンナ・ベッラート、ルカ・マリネッリ、テコ・チェリオ、ステファノ・スケリーニ、ロベルト・エルリツカ



今回のTIFFで、私のベスト3を挙げると、『J.A.C.E ジェイス』、『トリシュナ』、そしてこの作品なんですね。『J.A.C.E ジェイス』は一番ハードでサスペンスフルな物語。『トリシュナ』は一番メジャーになりそうな、文芸派の佳作。で、この『地球の最後の男』はと言うと、一番の変わり種。

映画の説明としても、ジャンルもどう言えばいいのか、よく分からないぐらい。宇宙人が出てきたり設定もだいぶオカシイので、SFとも言えなくもないかな、と考えたけど、それよりはコメディと言った方が近いぐらい。じゃあ、コメディと言い切ってしまっていいか、笑えることを前提に作られたか、と言えば、もっと広義に人間ドラマ、と言った方が近いんじゃないか・・などと、ウヤムヤ、ムニャムニャと、言葉を濁したくなるような。要は、ジャンルの幅にハマり切らない作品なんです!で、そういうものこそ、私の好みだったりする。

TIFFであることを良い事に、多少ネタバレしてしまうけれど、宇宙人はそのまんまの姿で出てくるんですね。「すわ、『サイン』か、『ドリーム・キャッチャー』か!?」とプッと吹き出したくなる瞬間もあって、この二つが好きな人には是非勧めたい。じゃあキテレツだから可笑しいのか、と言えばそうではなくて、あくまでも人間の可笑しみを描いているから、なんだか心にしっくりと来てしまうんです。

宇宙人が来ているというニュースがTVで流れる。じゃあ、世界がひっくり返るのか、と言えばそんなことはなく、人間は意外と普通に生活していたりするんですね。確かにその通りかもしれない、なんて思う。3.11の震災とあれほどの大きな悲劇で、価値観が変わるのが普通だろう、と思ったら、今までと何も変わらないかのように振る舞う人が、東京にはなんと多いことか。放射能の話も人事のような東京人が、たくさん居るんだもの。宇宙人が来ても世界がさほど変わらないという描写は、個人的にはしっくり来た。

主人公のルカは、近所の気になる女性に、猫の死体をゴミ箱に捨てたと言うと、「あなたおかしいんじゃない!?」と言われてしまう。そんな非モテの男が、ゲイのストリート娼婦に、自分は宇宙人かもしれない・・・、などと打ち明ける。このシーンはとてもキュートで思わず噴き出してしまう。実は、この主人公は、驚くほど純粋なんですよね。とてもシャイで、そしておそらくは童貞。ちょっと不器用なだけの、いたって普通の男なのに、そんな人が世間とズレたように映ってしまう世界。

なんだか個人的にすごくハマってしまう部分があって、とても気に入ってしまった物語でした。たぶん、主人公の男が、自分の友達に似ているからだと思う。青森出身の、しゃくれアゴの、図体のデカイ男。友達の彼氏でした。心はとっても美しいのに、おどおどしていて、大人しくてキュートなところがそっくりで。思わず人事に思えなくなってしまったな。

この話がとてもしっくり来る、大好きだ!って人は、もしかしたら私だけなんだろうな・・。なんて考えてしまう辺り、自分も宇宙人的なのかしら!?(笑)

 

※ストーリー・・・
イタリア。地球に上陸したいとコンタクトをしてきた宇宙人が、あと数日でやってくるというとき。怖がる人、大多数のあきらめている人、ほんの一握りの楽しみにしている人。女性とうまく付き合うことのできない孤独な青年と、地球にさりげなくやってきた宇宙人の訪問を受ける青年の父親・・・

地球の最後の男@ぴあ映画生活

 

関連記事

『エクス・マキナ』 古くて新しいSFと、ミニマリズムの閉塞的映像美

デジタルで映像がより鮮明になるに伴って、何処に一番美しさを感じますか。...
記事を読む

13日の金曜日スペシャル! 『10 クローバーフィールド・レーン』

13日の金曜日、おめでとうございま〜す! って、何がめでたいのかサッパ...
記事を読む

『ロブスター』 人間の世界で生きていて楽しい?生まれ変わるなら何になりたい?

これは、今一番自分が見たかった世界かもしれない。あなおそろしや。 ヨル...
記事を読む

『オデッセイ』 ユーモアとポジティブさと理系男子

「宇宙で一人取り残される話」と聞いて、思い出す映画は何?
人によっては...
記事を読む

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を 109シネマズ大阪エキスポシティ で見た!

このミーハー野郎が!…と言われるのは覚悟の上でございます。 映画ファン...
記事を読む

861

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑