rss twitter fb hatena gplus

*

ゲーテの恋 君に捧ぐ 「若きウェルテルの悩み」 #65

’10年、ドイツ
原題: Goethe!
監督:フィリップ・シュテルツェル
製作:クリストフ・ムーラー、ヘルゲ・ザッセ
脚本:フィリップ・シュテルツェル、クリストフ・ムーラー、アレクサンダー・ディディナ
撮影:コーリャ・ブラント
美術:ウド・クラマー
音楽:インゴ・L・フレンツェル
キャスト:アレクサンダー・フェーリング、ミリアム・シュタイン、モーリッツ・ブライブトロイ、フォルカー・ブルフ、ブルクハルト・クラウスナー、ヘンリー・ヒュプヒェン

皆さんは、一生好きな本のベスト10ってあります?

私にとっては、ゲーテの『若きウェルテルの悩み』がその一つ。これと、バルザックの『谷間の百合』、この二つは、ものごっつー心を惹かれた小説で、墓場まで持っていきたい作品たち。この二つをつい並べてしまいたくなるのは、どちらも究極なまでに濃いラブ・ストーリーで、主人公がものすごい純粋なの。「恋」というものの本質を見事に捉えてる。・・・うーん、でも私がいくら言ったところで、古典文学なんて、難しいんだろうと思って読まない現代人も居るんだろーな。それは分かるんだけど、違うんです!本当に面白いの。「物語って、こんなに面白いものなんだ!」って雷に打たれたみたいになっちゃうと思う。もし時間があったら、是非読んでみてね!絶対後悔はさせないよー。

ゲーテというと、世界の誇る文豪、詩人・小説家・劇作家・自然科学者・哲学者・政治家・法律家と、いくつもの顔を持ち天才として知られているけれど。ちなみにこの間、神保町のカレー屋「エチオピア」で会ったドイツ人に、今のドイツ人はゲーテを読むのか?と聞いてみたけど、「誰も読まないよ、教科書に載ってるだけ」とバッサリ言われてしまったっけ・・。ま、それは置いといて。ゲーテは、作家としても『若きウェルテルの悩み』より、『ファウスト』の方を普通は先に思い浮かべますよね?私は、『ファウスト』が難しくてなかなか進まなかったので、途中で嫌になり、『若きウェルテルの悩み』を手に取った。そしたら、最高に面白かった。何より「ゲーテ、若いなオマエ!」と言いたくなるような物語だったんですよね。この文豪は、私にとって「なんか共感する」というような対象になってしまったのでした。

この映画もきっと、見た人にとってはそうなると思う。『若きウェルテル〜』を読んでない人には、「ゲーテにこんな時代があったなんて!」と思うんだろうな、ってね。

えーと、こう言われたところで、ゲーテに興味が湧かない人には、なんだか微妙そうな映画にしか映らないかな?「なんだか、Bunkamuraル・シネマでやってそうな映画ね」としか思わないかも?

じゃあ、この言い方はどうかな?
モーリッツ・ブライブトロイの出てくるドイツ映画にハズレはない

これだったら、映画好きには、この映画が本当に面白いんだってこと、伝わるよね?
前述の通りです。モーリッツ・ブライブトロイの出るドイツ映画にハズレはない

今年だけでも、『ソウル・キッチン』、『ミケランジェロの暗号』、そしてこの映画。
これまでも、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』、『ラン・ローラ・ラン』、『es』、『素粒子』、『バーダー・マインホフ』・・・。どうです、このレベルの高さ!映画好きなら、『es』の辺りから、彼をチェックしてる人は多いだろうな。

でもこの映画は、なんと言ってもアレクサンダー・フェーリングですよ!!ゲーテ役の。あー、この人は本気でカッコ良かったな。久々、映画見て「好みのイケメンが居るぜ!」と鼻を膨らませながら見た作品。心ときめくイケメンてやっぱイイな♪

 

※ストーリー・・・
弁護士をめざす自由奔放な若者ゲーテが、美しい女性シャルロッテに恋をした。しかし彼女は父親の命令で、ゲーテの上司であるケストナーと結婚することに。叶わぬ恋に胸を締めつけられ、絶望のどん底に突き落とされたゲーテは、自分の想いを物語に託そうとする・・・

ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~@ぴあ映画生活

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

1,403

コメント(3件)

  1. これ新しいな、コメント欄。緊張するぜ。。。名前どこに書くんだ。。。

    今日5時に起きちゃったからすっごい早起きだ~って思ったら、時計が止まってて8時半ですよ。寝坊した。。。

    エチオピアうまいよね。いまのロシア人もたぶんドストエフスキー読んでないし、日本人だって漱石なんかどうせ読んでないのでしょう。。。

    『ファウスト』 は手塚先生がマンガ化してるっち!!

  2. ウラヤマアンドさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    新しいコメント欄に記入ありがとう♪ちゃんとURLを書く欄に気づいてくれて偉いね。時計止まった時の遅刻は、しょうがないよね。私、一番緊張感持って仕事してた時は、3つぐらい目覚ましかけてたな〜。今はやってないけどw

    今のロシア人、ドストエフスキー読まないかな?でもさ、漱石はみんな読むんじゃない?『こころ』なんてさ、結構の人読んでると思うよ。手塚先生は『罪と罰』も漫画化してたね!手塚先生の『ファウスト』は読んだよ。でも原作で読まないと、読んだうち入らなくない?w




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑