rss twitter fb hatena gplus

*

東京人間喜劇 #61

’09年、日本
監督:深田晃司
脚本:深田晃司
プロデューサー:宮田三清
総合プロデューサー:平田オリザ

 

深田晃司監督の’09年の作品。オーディトリアム渋谷にて、1週間限定公開。何とか鑑賞。正直、上映状態はあまり良いとは言えないけれど、見ることができて本当に良かった。面白かったです。深田晃司監督らしい捻りがあって。ますます好きになった。

’07年の『ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より』同様、またもやバルザックの名が!と言っても、今回は原作を元にしている訳ではなく、小説の技法に着想を得て、ということらしい。簡単に言えば短編の連作モノ?w 関連する部分が少し重なる、でもそれぞれ別に主人公を置いている独立した短編。全作通して見ると、話が見事に繋がる。語られていない行間が、意味を持ってくる繋がりを見せるところが面白い。

 

第一章)白猫

とあるバレエ・ダンサーの公演会場で、偶然会った見知らぬ女性二人。偶然の出会いモノ。片方がもう片方へ、余った座席を譲ったのを縁に、一緒に御飯を食べて、その数時間を過ごす。

独身女性の本音の会話。結婚に失敗した女性と、未婚の女性。後者は別れ話を切りだされるが、それを言い出せず。前者は先ほどまで同席していた、現在の恋人の浮気が発覚する。

探しものはなかなか見つからず、見つけるものは検討外れなものばかり。

このコンテンポラリーのダンサーは、山海塾の岩下徹さんという方。

 

第二章)写真

第一章に登場した、女性の片方の、離婚した元夫の経営する小さな写真展会場。アマチュアカメラマンとして、初の個展を開いた女性の一日。友人は初日のパーティに誰も来ず、来なくても良いと思っていた、自分のファンの男性すら顔を見せない。学生時代の友人はちょうどその日に結婚をして、二次会にそっと顔を出す。惨めな気持ちで出席した他人の幸せいっぱいのバーティーが、さらに追い打ちをかける。私から見ると、この日一番彼女がショックを受けるべきだったのは、本物の写真家との隔たりだったのでは・・。鈍感なのか、気づいてないのか?

 

第三章)右腕

一章、二章と来て、割とほんのりしたテイストの物語が進む中、「少し物足りないかな?」と思っていたところ、この三章で一気に取り戻してくれました。深田監督のブラックさ、奥深さを感じさせる、圧巻の最終章。

二章のアマチュアカメラマンの彼女の、結婚式をしていたあの新婚さんの物語。始まるとすぐに右腕を交通事故で無くしてしまう。だが、その右腕にまだ神経を感じるとか。見えない右腕が痛みを感じたり、物を掴んだりするという。

感じるはずのない知覚「ファントム・リム」によって、彼が切り離そうとしていた痛みとは、本当はどんな意味があったのか。ラストにかけて二人の過去「本当の話」が一気に噴出して出てくるところが少し恐ろしい。新婚家庭、一見幸せそうに見える二人の、誰も知らない物語。

ラストにたたみかけてくる前に、実は一章と二章にも出てきた登場人物が、ニュースになってTVに登場する。銃を発砲した疑いで逮捕されるのは、一章の喫茶店経営者だが、おそらく本物の犯人は、元夫だろう、と観客にもすぐに読み取れるようになっている。

サラリとしか描かれていないのに、人間の内部にある痛みや孤独感が描かれている。沈黙の行間が立ってくる、この感覚がさすがである。

 

※ストーリー・・・
[白 猫]…ファンであるダンサーのサインを求め、ふたりの女が雨音響く夜の街を駆け抜ける。女性の抱く願望と孤独が夜の帷に垣間見える。[写真]…アマチュア カメラマンの女の子が初めて開く写真展の一日を通して描かれる、友情への期待と失望。現代日本において消費されていく「芸術」の一風景が冷ややかに切り取 られていく[右腕]…欠損した身体を脳があるかのように認識し続けてしまう「幻肢症」をモチーフに、右腕を事故で失った夫とその妻の間に横たわる溝と孤独 を描き出す・・・

東京人間喜劇@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

687

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑