rss twitter fb hatena gplus

*

BIUTIFUL ビューティフル #50

’10年、スペイン、メキシコ
原題:BIUTIFUL
監督・原案:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
製作:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、フェルナンド・ボヴァイラ、ジョン・キリク
製作総指揮:デビッド・リンド
脚本:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、アルマンド・ボー、ニコラス・ヒアコボーネ
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ブリジット・ブロシェ
編集:スティーブン・ミリオン
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
キャスト:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、ハナ・ボウチャイブ、ギレルモ・エストレラ、エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリャトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン、ルオ・チン、ルーベン・オカンディアノ

 

この作品が、黒澤明の『生きる』にインスパイアされて作った作品だったとは、見終わった後に知った。ズッシリと人生の重みを感じる作品。ハビエル・バルデムが俳優として素晴らしいのはいつものことだけれど、こんな風に作品の重厚さを思う存分表現出来るのは、やはり彼ならではだなあ、なんて実感する。『生きる』と同じようにハビエル・バルデム扮する主人公もまた、末期ガン患者だ。

そして、主人公が霊能者、というのは奇しくも今年のイーストウッドの『ヒアアフター』と同じ。こちらの主人公のウスバルもまた、劇中に霊能力を使い、死者と対話するシーンがある。

ウスバルは霊能者としてのみ生活しているのではなく、不法移民に仕事を紹介したり、警察と裏取引をしたりなど、汚れ仕事にも手を染めている。躁鬱病を患っている妻とは上手くいっておらず、二人の子供は彼が育てている。そんな彼が末期ガンを申告され、化学療法は行わずに最後の身辺整理をする。というストーリー。

子供たち、妻、それから仕事で関わった、自分の周りの人々。整理すべき問題が山積みだ。これまで彼が生きてきた人生そのものの問題は、死の間際だから綺麗に片付く訳ではない。彼の責任もあって死なせてしまう不法中国人労働者たち20数名。そのボスのハイとリウェイの末路。それから彼が何とか救おうとしたイヘも。

死に様そのものが生き様でもあると、深く沈思させられる。彼は醜い人間ではなく、むしろ精一杯良くしようと努力している。せめて自分の後悔しないように旅立ちたい、というそれだけの思い。「美しい」人生なんて程遠い。でも人の「人生そのもの」を「評価」するなんて、もちろん誰にでも、とても出来ないやしないもの。

冒頭の、林の中の雪景色のシークエンスが、後にもう一度出てくる。ここがとても印象的だ。霊能力を持つ彼ならではである、誰かとの対話なのか、と冒頭近くでは思うが、後に彼自身の旅立ちのシーンだったのだと分かる。つまりこの髭面の若者は、天使なのかな。海の音と風の音がするだけの場所。

不法移民を題材にした物語は、個人的に最近気になっている。9.11以降かもしれない。不法移民を扱っている作品というと、『そして、一粒のひかり』を初めとして、『扉をたたく人』、『君を想って海をゆく』、『マチェーテ』なんかもそうだけど^^;、『歓待』も。今後こうした物語が増えそうな予感がする。

 

※ストーリー・・・
バルセロナの裏社会で闇取引を生業にしているウスバルは、愛するふたりの子供と躁鬱で不安定な妻を支えて暮らしていた。ある日、ウスバルは自分が末期のがんであることを知る。死の恐怖に怯えながらも、ふたりの子供のために新しい決断を下すのだが・・・

 

BIUTIFUL ビューティフル@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,524

コメント(2件)

  1. こんばんは!
    ほんとずっしり重い作品でした。私は『生きる』を観ていないので、いつか観たいと思いました。
    どう死んでいくかはどう生きるか、と同義なんだとすごくすごく感じてました。ウスバルが死を目前にして、とにかくダイレクトに残される者のために、と懸命になる姿に共感を覚えました。ゴールがどこかわからずに生きているのが普通の人間なんだけれど、でも必ずゴールはあるわけで・・・なんて。
    私も林の中の雪景色の風景が二度目に出てきた時は「ああ!」と思いました。髭面の若者は、亡くなったウスバルの父親だと解釈していました。幼くして亡くなってしまった父親とともに境界線を越えて行く・・・という風に思えました。そこに一つの救い、あるいは大きな意味での赦しを感じてました。

  2. rubiconeさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    なるほど、おっしゃる通り。どう死ぬかで、その人がどう生きたかを示している。私も見ている間、そんな風に思いながら見ていました。
    本当、ゴールなんて、生きている間は考えもしないですものね。
    死を目前にして初めて、自分がそれまで生きてきた生について、振り返ってみるのかもしれません。

    なるほど、rubiconeさんは髭面の若者を彼の父親だと解釈されたのですね。おっしゃる通り、ウスバルにとって懐かしい、父親の面影・・。そう取ることも出来るかもしれませんね。
    私は、この世とあの世の境目で会った人だったので、死神、もしくは死の世界との渡し人かな、なんて思いました。
    人それぞれのいろんな解釈を聞くのは楽しいです。rubiconeさんのご意見、聞かせてくださり、ありがとうございます!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑