rss twitter fb hatena gplus

*

赤ずきん #45

’11年、アメリカ
原題:Red Riding Hood
監督:キャサリン・ハードウィック
製作:ジェニファー・デイビソン・キローラン、レオナルド・ディカプリオ、ジュリー・ヨーン
脚本:デビッド・レスリー・ジョンソン
製作総指揮:キャサリン・ハードウィック、マイケル・アイルランド、ジム・ロウ
撮影:マンディ・ウォーカー
美術:トム・サンダース
編集:ナンシー・リチャードソン
編集:ジュリア・ウォン
音楽:ブライアン・レイツェル、アレックス・ヘッフェス
キャスト:アマンダ・セイフライド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、バージニア・マドセン、ルーカス・ハース、ジュリー・クリスティ

 

赤ずきん映画が好きだ。「赤ずきん映画」といきなり言われても、何のことか分からないかもしれないけれどw。何故かこれまでも、『ハードキャンディ』、『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』など、赤ずきんをテーマにした映画にハマることが多くて。童話や昔話を現代風にアレンジしたもの、例えば太宰治の『お伽草子』もそうだけれど、結構好きだったり。

・・・そんな訳で、この作品も見に行ってみた。

結論から言うと、期待しなかった割にはそこそこ面白かったけれど、どこか不満が残る作り。まるで少女漫画のような展開なので、この手のタイプが好きな人には結構楽しめるかもしれない。嫌いではなかったですよ。少女漫画が好きだった私なので、全面否定している訳ではないんですよね。ただやっぱり、少女漫画チック。良くも悪くも。

現代風にアレンジしながらも、どこか確実に遮断された外の世界のよう。そんなファンタジー風味は決して嫌ではない。犯人も誰かは意外と分からず。なぜなら、どの人もこの人も怪しく見えるから(笑)。

人間に化けている人狼が誰かを突き止める、という疑問が、ストーリー後半を引っ張っていく。疑心暗鬼を助長するような演出がちゃんと出来ているので、最後まで見れる吸引力はそこそこあると思うのね。普通なら、村を助けるためにやって来た神父も、ゲイリー・オールドマンが演じているからか、もう初めから怪しい。助けるために来たはずの人が怪しいってのはどういうことなの?!w・・・なんて思いつつも、彼を筆頭に、ワイルドな割にどこか信用出来無そうな恋人も怪しければ、主人公に心を寄せる気の弱そうな男も怪しい。狼が化けているかもしれないお祖母ちゃんもちゃんと怪しいし・・・。

ただ個人的には、それほど楽しみは見出せなかったかも。パッとしたイケメンも出ていないし、アマンダ・セイフライドも個人的にそれほど好きでもないし、何を楽しみに見たらいいのか分からずw。やっぱり少女漫画テイストは卒業かも、な私なのでしたw。それほど悪くはないので、期待しなければまあまあ面白いかも。

 

 

※ストーリー・・・
両親から裕福なヘンリーとの結婚を強制されたバレリーは、恋人のピーターと駆け落ちを考える。一方、長らく動物の生贄を捧げられてきた狼男が人間の生贄を要求。月夜のたびに村人の命が奪われていく中、バレリーはピーターこそが狼男ではないかと疑いを持つ・・・

 

赤ずきん@ぴあ映画生活

 

関連記事

『エクス・マキナ』 古くて新しいSFと、ミニマリズムの閉塞的映像美

デジタルで映像がより鮮明になるに伴って、何処に一番美しさを感じますか。...
記事を読む

13日の金曜日スペシャル! 『10 クローバーフィールド・レーン』

13日の金曜日、おめでとうございま〜す! って、何がめでたいのかサッパ...
記事を読む

『ロブスター』 人間の世界で生きていて楽しい?生まれ変わるなら何になりたい?

これは、今一番自分が見たかった世界かもしれない。あなおそろしや。 ヨル...
記事を読む

『オデッセイ』 ユーモアとポジティブさと理系男子

「宇宙で一人取り残される話」と聞いて、思い出す映画は何?
人によっては...
記事を読む

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を 109シネマズ大阪エキスポシティ で見た!

このミーハー野郎が!…と言われるのは覚悟の上でございます。 映画ファン...
記事を読む

1,487

コメント(2件)




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑