rss twitter fb hatena gplus

*

127時間 #44

’10年、アメリカ
原題:127 hours
監督:ダニー・ボイル
製作:クリスチャン・コルソン、ダニー・ボイル、ジョン・スミッソン
製作総指揮:バーナード・ベリュー、ジョン・J・ケリー、フランソワ・イベルネル、キャメロン・マクラッケン、リサ・マリア・ファルコーネ、テッサ・ロス
原作:アーロン・ラルストン
脚本:サイモン・ビューフォイ、ダニー・ボイル
撮影:アンソニー・ドッド・マントル、エンリケ・シャディアック
編集:ジョン・ハリス
美術:スティラット・アン・ラーラーブ
音楽:A・R・ラフマーン
キャスト:ジェームズ・フランコ、ケイト・マーラ、アンバー・タンブリン、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン、トリート・ウィリアムズ

 

よくもまあ、こんな題材を映画に出来たもんだ。と、ダニー・ボイルには驚かされながらも、「ああこりゃ、この作品ずっと挟まったまんまだぞ」と一気に途中でドンヨリさせられるという(笑)。途中飽きない工夫もある、映像として面白い箇所ももちろんある。だが・・・

主人公の気持ちを追い、そこにある映像の中に一緒に旅するのを楽しむという、いわゆる映画ならではの面白さ。これらを全て文字通り遮断、シャットアウトして、それでも魅せるという・・・ダニー・ボイルの何かの挑戦に、確かに付き合わされてしまったのだ。「しまったあ!!」とヤラレタ感を感じ無いではない。「何が面白くてこんなもの見なきゃいけないんだ」という苦しさと、「それでもどっか画面を見てしまいたくなる諦めの境地」に、文字とおり「挟まれて」しまった私たちは、あーこんちくちょっ、この監督の手の内で踊らされているわけだ。

冒頭の開放感や調子に乗った感(笑)を経験した後だから余計に辛いw。自由の喜び、スピードに心酔する心持ち。楽しい俺最高!人生調子イイ俺最高!・・・な、ダニー・ボイルならではの音楽のカッコ良さを味わわされた後の、あの一気にしぼむ気持ちが、何とも言えないw。

それでもこうして画面を見る楽しさをどうにか覚えてしまうのは、ジェームズ・フランコのおかげ以外の何モノでもない。後半、恐ろしくドンヨリした気持ちを抱えたまま、それでもちょっぴり「ジェームズ・フランコのアップ素敵ー♪」な単純バカな気持ちになってしまう辺り、素直に後悔も出来ないという苦しみまで味わわせてもらったw。

人の気持ちのギリギリ限界の苦しさが描かれている作品は、それだけで評価に値する、とは思う。分かってはいるんですよ。死ぬほどの退屈さと、心掻きむしる苦々しい思いの中で、「見るのは一度だけなんだから、いっそのこと見てやろうじゃないか、クソぉっっ!」と自分を鼓舞しなければいけない観客たち(笑)。

自分が司会し、自分だけの番組に出演するアーロンの「自作自演劇場」も、何か心に残る。こんなギリギリの最悪な状況下、可笑しなユーモアセンスで、自分の滑稽さを笑うことが出来る。こういった辺りにとても共感を覚えたし、愛される人ならではの魅力ってものを見せつけられた。チャーミングたっぷりに演じるジェームズ・フランコはさすが。もっと彼の姿を見ていたい、などと思い始めるんだから、クレイジーなことだ!

未来へと思いを巡らし、何か不思議なビジョンを得るところも、心の奥がキュンとしてしまった。「もう戻って来ない、こうなっていたはずの現在」だったのか、「生きてさえいれば見れるはずの未来」なのか。こんな経験さえしなければ、もしかしたら一生落ち着けなかったかもしれない、心の境地に辿り着けたのだろう。

人生フラフラ、自由に生きる人に、何となく味わわせてやりたいような悪夢ではあった(とか言ってたらこの監督の思うツボなんだってば!)。

 

 

※ストーリー・・・
’03年4月、アーロン・ラルストンは仕事を終えると誰にも行き先を告げずにブルー・ジョン・キャニオンに向かう。現地につくとクライマーの彼は早速岩壁を登り始める。ところが落石に巻き込まれた彼は、右腕を岩に挟まれ、断崖で身動きがとれなくなってしまい・・・

 

127時間@ぴあ映画生活

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

2,386

コメント(23件)

  1. とらねこさん

    今晩は☆彡
    本当にジェームズ君につきます!
    ずっと見ていたい気がしました。
    監督は、ア―ロンの本の愛読者だったそうです。
    ドキュメンタリーというかたちでア―ロンさんは映画化を望んでいたようですが。
    監督の熱い思いにOKしたらしいです。

  2. こんにちは。
    私もジェームズ・フランコのファンなので、彼をずっと見ていました!
    確かに5分で語り終えるストーリーだけど、この監督だからこんなにドラマチックに
    観客を引き込ませることができたのでしょうね。
    ラストはわかっていても手に汗握る、スリル満点の映画でした~

  3. こんばんは。

    >「自作自演劇場」

    予告編から想像したのはノーテンキなアーロンくん。
    ところが本編観て驚いたのがこのシーンでした。
    すでに挟まれながらも“それ”をしていたことに^^;
    「、、、大失敗」ジェームズ・フランコ巧いね~。
    そして、ダニー・ボイルの演出にしてやられた!って感じです。

    あの状況、ワタシだったらどうしてただろう?
    想像するだけで貧血起こしそうです(笑)

  4. mezzotintさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    ジェームズ・フランコ!絶対的に彼のおかげでした。
    もう、どんなにダニー・ボイルが画面分割したり、ノリノリな音楽をかけたりなど、趣向を凝らしても、ジェームズ君じゃなかったらブチ切れてたと思います、私ー。

    私、なんとなく『イントゥ・ザ・ワイルド』を思い出しました。
    この作品もそうですし、ドキュメンタリーがブームだからといって、そして原作がドキュメンタリックだからこそ、ドキュメンタリーでやらない良さ、というのもありますよね。

  5. cinema_61さんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    本当、ジェームズ・フランコだからこそ、持った95分だったと思いますw。
    ジェームズ・フランコは『容疑者』以来、注目して見ている私ですw。
    『ミルク』といい、今回といい、酷評の嵐だったアカデミー司会者といい、面白い俳優さんで、目が離せませんよね!

    >5分で語れるストーリー
    いや、実は1分・・・30秒もかからないような気がしますw。

    見ていてすごく力が入りましたね!とても痛そうでした!「ここ骨だ」っていうのも良かったです。

  6. ご無沙汰しております。

    僕はこの映画トコトンハマってしまいました。場面が一切動かないのに、主人公の極限状態に終始手に汗握ってました。
    脱出の場面なんかホントにヤバかったですね。ジェームズ・フランコと一緒になって、指を噛んで悶絶してました(笑)。

  7. itukaさんへ

    こんにちは~♪コメントありがとうございました!

    自作自演劇場、なかなか見事でしたよねー♪
    ほんと、どーしょーもない状況になると、逆に冷静になったり、自虐的なユーモア精神が芽生えてしまう自分には、あの感覚分かるよなあー、なんて共感してしまいました。もう笑うしかないよ、って感じ。
    日本語訳「大失敗」は「Oops!」って言ってましたね。これだけの台詞で笑わせるシーンでした!(しかも三度言いましたよね)

    中国製の切れないナイフであれだけやるのは、本当死ぬ思いだっただろうと…

  8. えめきんさんへ

    こんにちは~♪コメントありがとうございました!
    おおー、えめきんさんはこれハマってしまったんですね!
    確かにこの作品て、これだけの題材でここまで描くんだから、見事なモンだと思います(笑)
    私は昨日、「とてつもなくひどい映画が観たい」という人に、この作品を勧めてしまいました(汗
    しかも劇場で観てくれ!っつってw
    私的には「ひどい映画」ではあるんですけど、「ひどいはひどいけど、観て良かった」、と言ってもらえそうな映画、と言いますか(笑)
    しかし皆さん、結構絶賛されてますねー、みんなMだなあ…

  9. こんばんは♪

    >全て文字通り遮断
    ですよね。条件縛り大好物のわたくしでもこりゃ無理筋!と思いました故(笑)
    でもさすがダニーシェフ、小粋な調理で食べれるように仕上げてきたんではないかと

    一番ゾクゾクきたのがタイトルの入り方
    イェーイ人生サイコー!からガラガラムギュ~で一拍間があって
    小さ目のフォントで『127hour』がスッと…恐ろしいですねー

    極限エピ中で驚愕したのがあの状態で1本ヌこうとするアーロン!
    お前ってヤツは…
    それじゃ生命賛歌じゃなくて散華ダヨ!
    でも生理的にそうなっちゃうのかなーエクストリーム疲れマ○で(笑)
    そしてどんだけ ス ク ー ビ ー ド ゥ ー よ!
    うん、観終わってみればおいしく頂けたかな(笑)

    閑話休題、横槍失礼します
    >おすすめのバカ映画
    遂に公開が決まった『ピラニア3D』でよいんじゃないかなー
    http://www.piranha-3d.jp/
    「おっぱい、血みどろ、アジャ監督」なら白飯3杯づつで計9杯
    おなか一杯でもう食べれないよー域まで連れてってくれるんではないかと(笑)

  10.  こんばんは!
     ふらり、酔っ払った状態で再び訪問です!

     横槍の横槍で申し訳ないですけど、今日『ピラニア3D』が偶然公開されることを知りました!実は忙しい理由の一つが某資格の試験があるからなのですが、その試験が終わるのがちょうど『ピラニア3D』が公開される時期とかぶさります。
     これはまさに天のお告げですね。試験会場から『ピラニア』直行ですよ(笑)!

     実は3D映画って未だ観ていなくって、『アバター』はもちろん、ベンタ先生の3D映画『完全なる飼育 メイド、for you』も観ていません。やっと時代の波に乗るべきが来たのかなと言った感じであります。
     色々と余計なものが飛び出るらしいですし、楽しみですね。出川が声優というのはどうかと思いますが・・・。

     以下、横槍の横槍の上に余計な追記。

     子供は生まれました。もうすぐ一歳です!
     『雅山流』って日本酒は昔呑んだことがあります。水のような酒と聞いて呑んだら本当に水のようで驚いた。でも後でほんのり味わいが出てくるんですよね。「裏雅山流」って酒もあるはずなので、そちらにもいずれ挑戦したいです。
     名古屋じゃなかなか手に入らないけど。

     今年に入って日本酒に費やしている時間がちょうど127時間くらいだろうってことで、この映画の話題に軌道修正しておきたいと思います。半年ちょっとで127時間呑んでいるって意外に凄い…いや、そうでもないか。
     因みに映画に費やした時間はおそらく7,8時間・・・だめじゃん(笑)!

  11. みさま

    こんにちは〜♪コメントありがとうございました!

    >でもさすがダニーシェフ、小粋な調理で食べれるように仕上げてきたんではないかと

    この辺の小粋な仕上げ具合、全然アリですよね〜!でもやっぱり、『スラムドッグ〜』での成功(復活)がなかったら、ここまで注目されなかったと思うんですよ、この作品。
    この内容にして世間の高評価?って不思議だったりもするんですが、おかげで余計に実力を感じさせるんですよね。
    『トレスポ』後に『普通じゃない』でブランド力下げた俺はもういない!ていう。
    チラっと内容聞いた限りで、一人延々モード入るところから『ザ・ビーチ』っぽい退屈さに行くのかな?それはもう勘弁!と思ってたので、上手く裏切ってくれてさすがだな、と。ダニー・ボイルは今後もやってくれそうですよね!

    ああ、確かにあの状態で無理やり抜こうとしてましたねw
    オカズは最後に見たフレッシュな残像w
    みさん的にはオカズが想像力?って無理なんでしたっけ(『ハイ・テンション』を思い出すなあ)?笑

    >ピラニア3D

    とある大陸で、アジャがリメイクするのを知って以来、私も漏れなく楽しみにしてましたー♪ヒャッホーイ!

    上の蔵六さん同様、私もピラニアの吹き替えの声優に関するニュースを聞いたばかりで。「エーっ?!」なんて思ってましたw
    出川とか本当やめて欲しい・・・。私大っきらいなんですよ。でも、それ以外の声優さんは、アニメ界のビッグネームのようですけど。
    楽しみですよね〜!キテレツなアジャワールドになってるといいけど。ちゃんとオリジナルはすでに入手済みでっす!ジョー・ダンテだしね♪

  12. 蔵六さんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!

    また酔っ払っていたのですね。私も昨日は朝まで呑んでいたところでした!
    夜の9時から4時まで呑んでました・・・。

    で、ピラニアの公開が決まってそのまま試験から直行ですか!
    それはいい気分転換になりそうですね。終わったらピラニアで打ち上げとは!
    「公開が危ぶまれた」とか言いながら、なんだかんだ言ってTOHOの全国拡大ロードショーじゃないですか!ねえ。
    私も3Dは好きじゃないんですが、飛び出す血!おっぱい!とか言ってるHPに吹き出しましたよ。今年のビッグ目玉級!どうなるのかな〜♪

    それにしても未だに『アバター』も見ていないなんて!本当、この作品で3Dデビューとは、蔵六さんらしい。遅いデビューですが、功を奏してすっごい楽しいかもしれませんね!w。
    そうそう、吹替版なんて要らないのに、出川が吹替だなんて、全くもうー。

    お子さん、もう1歳になったのですね!おめでとうございます。
    どうでしょう?お父さんになるって、やっぱり気持ちが変わったりするものですか?可愛くて仕方がないんじゃないかな。

    雅山流、蔵六さんも呑んだことあったんですね。私は生より大吟醸の方が好きみたいで、スッキリしてる方が飲みやすいな、なんて。裏雅山流なんていうのもあるんですね!知らなかった。
    そうそう、東京でいい店を見つけたんです。
    http://www.akaoni39.com/
    14代を全て置いている、というのが売りらしいです。14代の生は、Amazonで売ったら買った客の管理が悪くて、酒蔵が懲りて、以来一般には売らなくなってしまったんだそうです。
    ご興味があるようでしたら、また東京にいらした時にでも連れて行きますよ〜。なんて。みさんにも声かけて、一緒にどうかな?
    もちろんお子さんが小さいし、忙しいだろうと思うので、無理にとは言いません。

  13. こんばんは。ご無沙汰しています。
    登山ものには色々と思い入れがあるのですが、どちらかというとクライミング/ボルダリングなのでノリが軽かったですね。

    実話ベースなのでシリアスなシーンが多く、思わず目を背けたりもしましたが、陽気さ?が映画にも染みていましたね。

    とても楽しめました。

  14. 健太郎さんへ

    おはようございます〜♪コメントありがとうございました!

    おっ、登山モノに思い入れがあるのですねー♪
    これだけの内容で、ここまでエンターテインメントに仕上げるのは大した手腕ですよね。

    ボルダリング、私も今ちょうど、友人たちとやろうって話になってるんですよ。
    と言ってももちろん、本物の山じゃなくて練習場ですが。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑