rss twitter fb hatena gplus

*

■49. スプリング・フィーバー

スプリングフィーバー’10年、中国、フランス
原題:春風沈酔的晩上
監督:ロウ・イエ
脚本:メイ・フェン
原作:『春風泥酔の夜』 郁達夫


チン・ハオ  ジャン・チョン
チェン・スーチョン  ルオ
タン・ジュオ  リー
ウー・ウェイ  ワン
ジャン・ジャーチー  リン・シュエ


中国ではご法度とされている天安門事件のシーンを扱い、性描写もあった前作『天安門、恋人たち』が、中国電影局の許可が降りないままカンヌ映画祭に出品したため、’06年より5年間、中国政府当局に映画制作を禁止されていたという。それをかいくぐり、、香港とフランスに資金援助を得て、ようやく製作したという、何とも骨太な作品なのだ。撮影には家庭用デジタルカメラを使って。・・・これを聞いた時は、中国にもそんな気質の映画人が居るんだ!と目を瞠る思いがした。ちなみに去年’09年のfilmexでかけられ、カンヌ映画祭では脚本賞を、南京インディペンデント映画祭ではグランプリを得ている。

私がこの作品を観に行こうとした日は奇しくも、尖閣諸島の情報流出DVDが出回って、朝からニュースがひっきりなしに流れていた日。仕事帰りに渋谷に到着してみれば、右翼の街頭演説がハチ公周辺で大声を張り上げている真っ只中。
自分はそんな中をつっ切り、中国の映画を見に来たのだ、という気持ちになった。普段より映画館に到着するのがとても遠いことのように感じた。芸術なるものが国という単位、境界線を取り払った、世界共有のものであるかのように感じながら。大げさかな。

東京ではシネマライズで上映されたが、今回の企画はシネマライズではなく、uplink浅井隆氏が企画したものであった。おかげで、twitterのキャンペーンは「この映画の感想を呟けば、なんとuplinkの3ヶ月フリーパス券(他いろいろ)がもらえる抽選もある」という、アッパレ・太っ腹企画もあった。凄いゾ。
今年、twitterを使った映画の宣伝は数多くあったけれど、最も効果的だったのがこの映画だったのではないか、なんて思ってる。

何より、映画自体が本当に素晴らしいものだった。これが嬉しい。

冒頭、いきなり男性同士の性描写が映し出される。思いがけずパンチを喰らわせるかのように。そう、これが彼らのリアルな生活なんだ、という印象を受ける。上手いなと思う。これは、概念だけの美しい妄想的BL世界ではないのだ。普通のルックスの、ゲイのカップルの日常。家庭用デジタルカメラで撮影されたことも相まって、「今ここで行われている」、そんなリアルタイム性まで感じてクラクラする。これが狙いなら狙い通りだよ!一気にこの映画に対する期待が膨らんでしまった。これは私の好きなタイプの映画に間違いは無さそう、って。

ストーリーの筋も面白い。このゲイのカップルは実は不倫で、男の一人(ワン)に妻が居て、彼女は浮気調査でそれを知る。その浮気調査をする探偵のルオは、調査していた相手のジャン・チョンが気になり、声をかける。しかしルオは本当は隠れゲイで、ガールフレンドが居て・・・とこういったあらすじ。錯綜する男女関係は、シーンを繋ぎ合わせることで新たな発見があり、進んでいく。ナレーションもないままに。

『天安門、恋人たち』はとてもいい映画だったけれど、ヒロインの心理についてナレーションが多用されているのが少し気にかかった。こちらではそれがないのがいい。何故なら、どの登場人物に自分が共感すべきか、自分はどのタイプなのか、価値観が似ているのは誰なのか、それを見極めようとしながら映画を見ていく事ができるから。
たとえばラブストーリーを見る時に、私たちは自然と、男は自然に主人公の男の目線で物語を見、女は女のキャラクターに寄り添って見る、そういう強制がない。ここでは、男も女もゲイもいる。男だからとか、女だからとか、単純にそのジェンダーではなく、そう、ジェンダーから離れて一個の個人として一人ひとりを見ることを強いる。こうまで複雑に男と女が絡み合った愛情関係のこの設定の中で、私たちはより自由に愛を、孤独を感じ取ることができる。

孤独を抱えながら、それでも愛すべき人を探しているジョン・チャン。なかばウンザリし、どこか空虚な思いを抱えながら。
人の温もりを求め、抱きながらも、孤独がぬぐえない。もしかして今度はと期待をしてみる。いや期待はしすぎないように努め、また愛に傷つく。その傷がどこかでいつまでも疼くかのように、飄々としてみせるジョン・チャンの、乾いた表情が忘れられない。たとえば彼に会わなかったら、ワンとリンの夫婦は破滅しなかったかもしれない。ルオとリーのカップルは「普通のカップル」としてその深さの愛で満足していたかもしれなかったのに。
重ね合う体と、それでも重ね合わない部分の、心の僅かな隙間。自分の中の、極めてパーソナルな部分に訴えかける作品だった。

カラオケのシーンで感じた人の心の温かさに涙した。その時感じた絆は微妙なバランスを保ち、確かに存在したと思ったのに、また崩れ去っていく。
3人で船に乗るシーンがまた素晴らしい。意地でも3人を一つのカメラに収めようというぎゅうぎゅうの顔のアップ。風を顔に受けて進む一艘の船の中で、しかし、ジョン・チャンと二人の顔の向きは違っている。

冒頭で睡蓮の花のシーンがあって、愛に傷つき、また人をも傷つけたジョン・チャンが、不死身のように蘇って、艶やかな花の刺青を入れる。



ちなみにカメラはパナソニックAG-HV200MCだそうです。




src="http://parts.blog.livedoor.jp/img/emoji/2/ic_book.gif" />ストーリー・・・
教師のリンは、夫・ワンの浮気を疑い探偵に調査を依頼する。その結果、相手がジャンという青年であることが判明。夫婦関係は破綻し、ワンとジャンの 関係も冷え込んでしまう。その一方で、ジャンは恋人のいる探偵の男と惹かれ合い、やがて彼らは旅に出るが・・・

スプリング・フィーバー@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

966

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑