rss twitter fb hatena gplus

*

■43. エッセンシャル・キリング

esse2’10年、ポーランド、ノルウェー、アイルランド、ハンガリー

監督、脚本、製作:イエジー・スコリモフスキ
製作、脚本、原作:エヴァ・ピアコフスカ
撮影監督:アダム・シコラ
編集:レカ・レムへーン
美術:ヨアンナ・カチンスカ
作曲:パヴェウ・ミキェティン
ヴィンセント・ギャロ  モハメッド
エマニュエル・サニエ  マーガレット
’10年のTIFFにて鑑賞。
ヴェネチア映画祭審査員特別賞&主演男優賞をW受賞。
つまり、ヴィンセント・ギャロは自身の作品『Promises written in water』(監督・脚本・主演・プロデュース・音楽・編集・美術)が同映画祭でこき下ろされる一方、こちらの作品では主演男優賞を取ったという。
ギャロを匿(かくま)う聴覚障害者の娘役を、ロマン・ポランスキーの嫁が演じている。
ここでは一言も喋らないギャロが、なんとタリバン兵を演じている。
拘置所から事故で思いもかけず逃亡する身となった主人公は、逃げる中でいつしか3人のアメリカ人を殺める。
劇中ずっと、苦しい逃亡劇が繰り返される。台詞のない演技の中で、それでもスクリーンから溢れるばかりの力強さを感じる。

esse1この後ネタバレで語りますが






飢餓のため木の皮や虫をさえ口にする主人公は、道で出会った乳飲み子を抱えた女性を、銃で脅し、乳を口にする。
何とも凄まじい痛みを感じるシーンだ。

そして次のシーン。ここで思わず感情が溢れてくる美しいシーンが待っていた。
まさか得られるとは思わなかった人の温かさ。そんなものに触れたように感じて、思わず心が熱くなってくる。
そうした奇跡はまるで”救い”のようだ。

言葉でのやりとりを全て廃したものであるがゆえに、力強くシンプルこの上ない。
余計な物を取り払った、人間が本来必要であるもの。これについてのみ描いているように思えてくる。
静謐で真摯なメッセージを感じるような、ピュアで迷いのない作品だった。
esse3
ストーリー・・・アフガニスタン駐留の米軍に捕えられたモハメドは、ヨーロッパの秘密の拘置所に送致される。しかし乗っていた車が衝突し、自由の身となったモハメドは、雪に覆われた森に逃亡する。そこは彼が知る砂漠の故郷とはかけ離れた世界だった。公式には存在していない軍に容赦なく追跡されるモハメドは、生き残るために殺すことを迫られる・・・

 

2010/11/23 | 映画, :戦争

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,300

コメント(2件)

  1. 流石、押さえるべき作品は観てらっしゃいますね(w
    ポーランド頑固爺が自己愛ギャロをどう使いこなすか興味シンシンだったんですが…こうきましたか。
    流石スコリモフスキーって感じ。
    エマニュエル・セニエっていうと(中年映画オタには)『赤い航路』の神秘的な美人、その後『潜水服〜』で経年劣化(失礼)がちょっと痛々しくもまだまだいい女、でも・・・本作品はちょっと?でした。
    ところで『エリックを探して』Dir:ケン・ローチ
    やっと公開ですね。

  2. Longislandさんへ
    こんにちは〜♪コメントありがとうございました!
    本当!この作品前評判もあって、すごく楽しみでしたよね。
    これは公開されるのかな?スコリモフスキ監督の最近の人気の定着ぶりを見ると、公開はされるんじゃないかなあ、なんて思います。
    いやあ、押さえてるだなんて、全然ですよ。今回のTIFFは半分はエジプトと重なってしまっていて、予定的に無理でした。忙しくて映画見れないとなんだか寂しいですね。・・・
    よりによってヴィンギャロ!w実はすごく楽しみでした^^
    エマニュエル・セニエ、『赤い航路』ですか!ああ、私もこれ見ましたよ。随分前のことですけど。忘れてましたね。
    私は実はついこないだ『ジャーロ』で見たところなのです
    http://www.rezavoircats.com/archives/65417346.html
    『潜水服〜』の時の痛々しさは、役柄にピッタリ合ってて素晴らしかったですよね。
    ジャーロが一番「?」かも・・・。
    『エリックを探して』公開ですね!私は大好きだったので、すっごく嬉しいです。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑