rss twitter fb hatena gplus

*

コム・オンボ神殿、ホルス神殿

3日目
ナイルエクスプレスアスワンに着いた後は、アスワンからアブシンベルへと3時間かけてバス移動。

エジプトは観光事業にとても力を入れているので、観光省の力が強いんですね。観光警察がアチコチに居たり、移動にもポリス・コンボイと呼ばれる警察官の同乗、もしくは警察車を挟んでの移動が必須とされている区域があるのです。

そしてアブシンベル大神殿・小神殿の観光。
巨大で見事な岩窟彫刻でした。

アスワンより戻って後は、ナイル河クルーズ3泊が始まります。
今回はプリンセス・サラ号という豪華客船。
下手な5つ星ホテルよりずっと豪華なのです。


komomboyoko

4日目
アスワンからコム・オンボへと夜のうちに出航。
早朝からコム・オンボ神殿の観光です。

コム・オンボ神殿は、ホルス神ワニの神様の二大神を崇めた神殿。
見事に神殿も二重構造になっていて、半分はエジプトの護り神のホルス神(ハヤブサ)、
もう半分のワニは、本物のワニが祀られていたそうです。ワニのミイラも奥にあります。

komombotate
ホルス神女神イシスの息子ですが、ハヤブサであると同時に人間として描かれていることがあります。これは、人間の息子が動物であると信じることのできるエジプト人によってではなく、人間の息子を人間として描かないと納得のいかないギリシャ人の手によるものだとか。
そういことだったのか、道理で・・・と納得が行きました。
エジプトの神話とギリシャとの関係は、見ていくと面白いものがあるんですよ。

ちなみに、私のタトゥーのウジャトは実は、ホルスの左目なんですよ。
左腕に入ってます。


「きゃー、ホルス、逢いに来たよぉ〜

ってミーハー気分。



コム・オンボを出て後は、ナイル河を北上し、エドフへ。
ここも「ホルス神殿」という名。エドフとコムオンボの神殿は何となく印象的にカブります。

 

2010/11/03 | :エジプト

関連記事

エジプトまとめ

エジプトまとめです。・ギザの三大ピラミッド・寝台列車ナイルエクスプレス...
記事を読む

タオルの象、カタコンベ

6日目。早朝の便にて、ルクソール空港からカイロへ一時間のフライト。エジ...
記事を読む

カルナック神殿、ルクソール神殿

5日目午後。午後はルクソール東岸の観光です。カルナック神殿歴史の偉大さ...
記事を読む

王家の谷、ツタンカーメン王墓

5日目。この日は一日、ルクソール観光でした。午前中は西岸観光。午後は東...
記事を読む

ガラベイヤパーティー

4日目の夜。クルーズ船内にて、ガラベイヤパーティーがありました。ガラベ...
記事を読む

1,845

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑