rss twitter fb hatena gplus

*

■36. フェアウェル さらば、哀しみのスパイ

フェアウェル、さらば’09年、フランス
原題:L’ affaire Farewell
監督・脚本:クリスチャン・カリオン
製作:クリストフ・ロシニョン、ベルトラン・フェーベル、フィリップ・ボファール
原作:セルゲイ・コスティン
撮影:ウォルター・バン・デン・エンデ
美術:ジャン=ミシェル・シモネー
編集:アンドレア・セドラツコバ
音楽:クリント・マンセル


エミール・クストリッツァ  セルゲイ・グリゴリエフ大佐
ギョーム・カネ  ピエール・フロマン
アレクサンドラ・マリア・ララ  ジェシカ・フロマン
インゲボルガ・ダブクナイテ  妻ナターシャ
ウィレム・デフォー  フィニー


20世紀最大のスパイ事件となった「フェアウェル事件」を元にした映画。まさに国家を揺るがし、ソ連崩壊の糸口になった「情報漏洩」。
’81年〜’82年にかけて、コードネーム「フェアウェル」としてフランスに送られた極秘情報は、全部で4000通余りと膨大な数に及ぶ。
淡々と語られる事件の規模の大きさに驚き、それとは対照的な、静かで堅実な物語の進み方を心地良く思った。

驚くべき奇跡が起きようとしている、この感じが、なかなかいい。ロシアの伝説の超大物諜報活動員、グレゴリエフ大佐が、今まさに託そうとしているのは、ほとんど諜報活動には素人も同然の、フランス人技師ピエール。
特にピエールが選ばれたのはほとんど偶然だという、そのという感じがまた、見ているものをハラハラさせ、リアリティに溢れているという印象を与える。

何しろ、グレゴリエフ大佐を演じたエミール・クストリッツァ監督!彼が素晴らしかったし、私たちを驚かせるばかりだった。

私実は、この作品に関しては、よく前情報を調べずに選んでしまったの。「今だったらシネマライズがコケる作品を選ぶワケはないだろう」ということで(シネマライズは最近、ライズXとシネマライズの一館を閉鎖して、その名前が冠する映画館は一つだけになった)。これだけの理由で見ることに決めたんです。何と、ポスターすらロクスポ見ないで出かけたという始末!
始まってすぐに、クストリッツァ監督の姿を見て「アレッ?」と驚いてしまった。監督の名前がクストリッッツァ監督でないこと、さすがにそれぐらいは知っていた。で、今スクリーンに映っている、このアントニー・ホプキンス似の、このガッシリした大柄な紳士は、まさか似ている・・・?という感じ。

「そうか、脇役で出てきたんだな」 と思ったんですよ。すぐ死ぬ役だろうと思ったのね。(タランティーノみたいにさ。)
そしたら、なかなか死なないじゃない?
「不意を突かれ、大物に最後の望みを託されてしまう」フランス人役がギョーム・カネなんですね。で、こうした役柄って、主人公の運びであることが多いのに、この物語に関してはどうやら違うようだ・・・ま、まさかクストリッツァ監督が主人公なのか?と。

で、これがまた、何とも堂々とした演技で、初の主役をコナしてしまっているという。これで普通に、二度驚くでしょ(笑)。

いや、そういうこと抜きにしても、何とも味わい深い作品。
祖国を裏切ってまで、託そうとした未来・・・。
取捨選択、その厳しさを感じた。

自分が生きるか死ぬか、何に頼ってどう生きるか、見えない時代に、未来を作り出していく人なのだ。グレゴリエフについて感慨深く思った。同時代に生きる人たちが到底見えない、先の先まで見ている。
私には、今正しい道を選ぶというそれだけですら、覚束ないというのに・・・。

グレゴリエフは、情報の少ない時代に裏の情報社会で自由に泳ぎ、生き抜いていった。情報を操る達人。いつ自分の命が危うくなるかも分からないその時に、常にリスクと共に生き抜く。どれだけのストレスだろう。でも、命があれば良い、というだけの選択をしたのではないところがさらに凄いところだ。選ぶべき情報が数えきれないほどある中で、何が正義かすら分からなくなるその時に。それらに流されず、何をどう、選んでいくか。出来る人間は、何を優先させ、どうあるべきかという、その選択を作り出していく。そこにとても打たれた。
「信念が歴史を動かす」、その様を見た。


ストーリー・・・
KGBの大佐グレゴリエフは、ある決意を胸に秘め、ソ連駐在のフランス人技師ピエールに国家機密を手渡す。それは冷戦下の国際情勢を揺るがしかねな いほどの極秘資料だった。やがてグレゴリエフとピエールが奇妙な友情を育む中、超大国アメリカが動き出し・・・
フェアウェル さらば,哀しみのスパイ@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

776

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑