rss twitter fb hatena gplus

*

■33. ボローニャの夕暮れ

ボローニャの夕暮れ’08年、イタリア
原題:Il papa di Giovanna
監督・脚本・原案:プーピ・アヴァーティ
製作・脚本:アントニオ・アヴァーティ


シルヴィオ・オルランド  父ミケーレ
フランチェスカ・ネリ  母デリア
アルヴァ・ロー  ジョヴァンナ
エッジオ・グレッジオ  セルジオ


家族という小さな核を描いた作品。
観終わった後、静かな感動がじわっと、だがしっかりと残った。父と母とその娘。これ以上ない小さな円は、永遠の家族像へと、私の中で変わっていった。

ファシズムが台頭し始め、その統治下へ。まさにドス黒い時代の奔流の中。
そこで家族にとって大きな事件が起こる。父親が眼に入れても痛くないほど天塩にかけ、大事に育てた一人娘のジョヴァンナが、とある事件に関わっていることが分かる。
ファシズムという時代背景はむしろ、家族にとっては全く意に介さないものであるかのよう。というか家族の一大事のためそれどころではなく、意識にすら上らないように見える。

事件後も娘に対する価値観が少しも変わることのない、献身的な父親。自分が娘のために良かれと思ってした、まさにそのことが、娘をより悪い方向へと導いてしまう。そのせいか、ますます娘に対する偏愛ぶりが激しくなっていく父親。娘にも問題があることは、他人から見れば一目瞭然なのに。一方の母親は、その徴候については気づいている。母と娘は、時としてライバル同士になってしまうこともあるのだ。特に、第二次成長に至る段階において。

小さな円は、バラバラになりそうに翻弄される。戦争下での名もない家族の運命は、小さな流木のよう。世間の評判が地に落ちたこと、耐え難いシミを付けられてしまったこと。日本であれば強調して描かれるであろう、その部分は、彼らにとってまるで何の意味もないものであるかのように、父の愛はますますかさを増してゆく。この愛に溺れた。
父と娘だけで完結していたと思ったその頼りない絆が、覆されるラストが素晴らしい。

ストーリー・・・
’38年のイタリア・ボローニャ。17歳の高校生・ジョヴァンナは自分の容姿に自信が持てず、美しい母親に憧れと劣等感を抱いていた。彼女を溺愛する美術教師の父・ミケーレは、ジョヴァンナの力になろうと努力する。そんな中、ジョヴァンナの同級生が他殺体で発見される・・・

ボローニャの夕暮れ@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

622

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑