rss twitter fb hatena gplus

*

■5. アバター

アバター’09年、アメリカ
原題:Avatar
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
製作:ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー
製作総指揮:コリン・ウィルソン
撮影:マウロ・フィオーレ
美術:リック・カーター、ロバート・ストームバーグ
編集:スティーブン・リフキン、ジョン・ルフーア、ジェームズ・キャメロン
音楽:ジェームズ・ホーナー


この作品を見ると、3D映像とこれまでの映画のあり方について、思わず考えてしまうものがあった。
3D映像を目の前にすると、観客は自分が物語の対象へと、より主観的に入っていく映像体験が出来るのだろうか?
マクルーハンのメディアの法則で有名になったという、反射光透過光の意義について、分かりやすくまとめていた著書があった。丸田一氏『「場所」論—ウェブのリアリズム、地域のロマンチシズム (叢書コムニス08)』を引用させていただく。(松永英明氏のサイト『絵文録のことのは』を参照)。

まず、確認したいのが、「透過光」がもたらす「距離埋没効果」である。パソコンのモニター、携帯電話をはじめ、ウェブ空間のインターフェースは、ほ とんどが透過光によるスクリーンである。スクリーンにはブラウン管や液晶、有機ELなど様々な映像表示方式が採用されているものの、どれも発光源を持ち、 スクリーン表層を透過する光線で画面を表示することに変わりない。透過光による表示は、反射光の表示に比べて現前性が高く、利用者の身体とスクリーンとの 間に横たわる十数センチ〜数十七ンチという距離を埋めてくれる。

透過光が強い現前性をもたらすことは、マクルーハンも『メ ディアの法則』[★125]で指摘している。マクルーハンは、映画の観客を二分して、一方には普通の映画と同じように反射光によって、もう一方には透過光 によって同じ映画を鑑賞させるというハーバート・クルーグマンの実験を取り上げている。反射光のグループの感想は、映画を物語や技術に注目して理性的に分析し、批判する傾向が優位を占めたのに対して、透過光のグループでは、好き嫌いという情緒的で、主観的な反応が優位を占めた。

反射光の映画において観客は、スクリーンと身体との物理的な距離を保ったまま、対象としてスクリーン上を見ている。この距離が映像を対象化し、観客に分析 的で批判的な見方を与える。一方、透過光のテレビでは、スクリーンを越えて到達する光に視聴者が深く差し込まれてしまうので、映像は実際のスクリーン面か ら離れて、観客の目や身体を擬似的なスクリーンにして現前する[★126]。このように透過光の場合、観客は対象とうまく距離をとれず、場合によっては対 象と位置的に重なってしまうことが、観客に情緒的、主観的な見方を与えるといえるだろう。

ところで、パソコンのスクリーンを眺めていても発見できない誤字脱字が、プリントアウトすると容易に見つかるという経験は、誰もが一度はあるのではないだろうか。これも「反射光と透過光」 である程度説明ができる。スクリーンの透過光で文字を読んでいても見逃しがちな誤字脱字は、プリントアウトした紙の反射光で読むと、対象を分析的、批判的 に捉えることができるので、より発見されやすいといえる[★127]。

このように現前性の強い透過光が、ウェブ空間のイン ターフェースに用いられているのは偶然ではないだろう。現前性の高い透過光は、スクリーンと利用者の身体との。間にある物理的な距離を埋没させ、スクリー ンを没対象化させてしまう。これがスクリーンというインターフェースを準没入型に変えるのである。


デジタル3Dの映像技術がいかに最新のものになろうとも、反射光を用いて上映されたものであるなら、3Dであるからという理由のために、「対象により深くへと入っていく」、という特性を持っているとは言えないのでは?
むしろ3Dであるからこそ、眼前の対象に対して、「自分との距離」、というものについて、常に意識させるのではないか、と私は思う。

自分が映像の世界へ入っていくために、より主観的となりえるもの、その要因は、では何だろう?私は、「いかにその物語の世界へ入っていくか」、という昔ながらの「想像力の世界」ではないか、と考えたりもする。


※’10.2.12追記
その他 参照HP 「箪笥飛翔 -評論-」

(み さま のコメントにより。みさま、ありがとうございました!! )

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,519

コメント(54件)

  1. アバター

    アバター / AVATAR
    かの超ヒット作をレンタルでやっと見ました。
    2009年製作 アメリカ映画
    製作・監督・編集・脚本:ジェームズ・キャメロ??.

  2. アバター-映画感想:2010-

    監督:ジェームズ・キャメロン
    出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、他
    評価:90点
    青い顔をした異星人「ナヴィ」たち。
    誰かに似ていると思ったら経済評論家の勝間氏に少し似ている。
    それよりも会社の同僚の埴生にとにかくそっくりだ。…

  3. 凄いな~とらねこさん。
    映画の内容じゃなくて3Dうんぬんになってるじゃないですか(笑)
    でも、勉強になります。
    やはり理系女子であり文学にも強かった。
    この世で最強の理系ジャーナリストになれますよ。

  4. itukaさんへ

    こちらにもどうもです♪
    あー、懐かしいなココ。自分でも何書いたか忘れているのに、こうやってすぐに思い出すことができるのが、ブログの強みですよね。

    ところで…前から、言おう言おうと思っていたのですが、私理系じゃないですよ?
    思いっきり文系ですぅー。
    二度大学を卒業したけど、二度とも文系。

    確かに映画の内容はさておき…な感想になってますね。
    まあでもこの映画、大した内容でも無かったし!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑