rss twitter fb hatena gplus

*

ジェイン・オースティン 秘められた恋 ▲172

ジェイン・オースティン’07年、イギリス
原題:Becoming Jane
監督:ジュリアン・ジャロルド
エグゼクティブプロデューサー:ニコル・フィナン、ジェフ・アベリー、ジュリア・ブラックマン、ティム・ハスラム
プロデューサー:グラハム・ブロードベント、ロバート・バーンスタイン、ダグラス・レイ
脚本:サラ・ウイリアムス、ロバート・バーンステイン
撮影:アイジル・ブライルド
音楽:エイドリアン・ジョンストン
編集:エマ・E・ヒコックス


アン・ハサウェイ  ジェイン・オースティン
ジェイムズ・マカヴォイ  トム・ルフロイ
ジュリー・ウォルターズ  オースティン夫人
ジェームズ・クロムウェル  オースティン牧師
マギー・スミス  レディ・グリシャム
ローレンス・フォックス  ウィスリー氏
アンナ・マックスウェル・マーティン  カサンドラ・オースティン
ジョー・アンダーソン  ヘンリー・オースティン


ジェイン・オースティンが大好きな私には、すごくツボに入って、感激でいっぱいだった作品。
ジェインとトム・ルフロイの恋が、まるで『高慢と偏見』のエリザベスとダーシーみたいで、彼らのそれぞれを比較しているだけで、面白くて仕方がなかった。なんだか感激して胸に込み上げるものがあった。

『ジェイン・オースティンの読書会』の感想の時に同じように、オースティンについて述べたのだけれど。初めてジェイン・オースティンという人の書く文を読んだ時に私は、何というか、反省すらしてしまった。彼女の書く文を読めば、彼女が良く出来た、尊敬すべき女性だということに気づき、驚く人が大勢いるはず。もし女性がそれほど好きではなく、女性作家なんて・・・と思っている人が読んだら、女性に対する偏見すら、無くなってしまうかも。
一番驚くのは、賢さというものにもし“理想の形”があるなら、彼女の賢さは完璧な姿をしているところ。彼女の賢さは、愛すべき性質であって、人に威圧感を与えたり、萎縮させるようなものではないの。とても賢いのに、その賢さを表立って外に出すことはほとんどせず、むしろ謙譲の美の中にそれは、秘められている。賢さというものを、女性としての本当の魅力に変えていくことができる、そんな女性だと思った。私は、ジェインのような人になりたい、と思った。大学生だった頃の私は当時の自分を、なんて傲慢で生意気な人間だったのだろうと、すっかり反省してしまった。

『高慢と偏見』は、今読んでも決して魅力が衰えない、忘れられない傑作小説の一つ。でも私は、オースティン自身のプライベートに関して、ほとんど詳しく知らなかった。この映画に関しては、興味津々な気持ちをずっと持続したまま、全ての場面を堪能することが出来た。

『高慢と偏見』の中のエリザベスとダーシーのように、ジェインとトム・ルフロイが惹かれ合い、何度もスレ違いをする様は、見ていてワクワクし通しだった!
ジェインの、冒頭での気の強さは、エリザベスその人のまんま!私が尊敬する「良く出来た女性」像のジェインとは全然違っていて、お転婆だったり、かなり生意気だったり。でも、原題が『Becoming Jane』なのだから仕方がないね(笑)
それに、若い頃のジェインは、昔の私みたいな、トンデもない跳ねっ返りだった、と知ってなんだか嬉しくって(笑)

この先ネタバレ注意











ただ、ラストは少し寂しい気持ちになってしまった。もちろん、史実を元にしていたのだから、「途中の展開が・・・」とか、「そのラストはちょっと・・・」などと言っても仕方がないとは分かっているのだけれど。ジェインが生涯を通して独身だったのは自分も知っていたけれど、愛より、家族を選んだあの瞬間には、とてもガッカリ。ロマンティックじゃ全然ないんだもん。
トムとの別れを選び、ジェインの作家人生は安定したものとなったし、法曹界で大成したトムにとっても、若い頃の恋人と別れたことは、結果的には当たりだった、と言えるのだろうか・・・。なんだか少し寂しい。
だって、「愛のある貧乏な生活」を選んだからと言って、彼女たちそれぞれの人生が成功しなかった、とは言い切れないじゃない?
『ココ・アヴァン・シャネル』のように、キャリアのために独身を望んだわけではなく、恋愛の末にそうならざるを得なかった、結果的に選んだ独身、とは分かっているけれど。でも、こうした物語が今求められることの背景には、世の流れがそうなっている、と言えるのかな。

ストーリー・・・
才気あふれる女性ジェインは、トム・ルフロイという男性と出会い恋に落ちる。しかし、階級を尊重する彼女の両親は、裕福な地元の名士ウィズリー氏を娘の結婚相手に選ぶ。しかし、ジェインはその結婚に同意せず・・・

ジェイン・オースティン 秘められた恋@ぴあ映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

2,539

コメント(4件)

  1. ジェイン・オースティン 秘められた恋

     『それは、彼女を作家へと駆り立てた 生涯ただ一度の、激しくも切ない恋だった。』
     コチラの「ジェイン・オースティン 秘められた恋」は、伝記作家ジョン・スペンスの「ビカミング・ジェイン・オースティン」をベースに、「キンキーブーツ」のジュリアン・ジャロルド…

  2. ココ・アヴァン・シャネル ディスコグラフィー

    ココ・アヴァン・シャネルについて詳しく説明してあります♪

  3. ジェイン・オースティン 秘められた恋

    イギリスの女流作家、ジェイン・オースティンの生涯に一度の恋を描いたロマンティック・ラブストーリー
    「高慢と偏見」はこうしてでき??.

  4. 「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(BECOMING JANE)

    「きみの心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くても、その実は甘い」(ジェイン・オースティン)??。「高慢と偏見」などの作品で知られ、夏目漱石も絶賛したという英国の女流作家、J.オースティン(1775??1817年)の若き日を綴(つづ)ったラブ・ロマンス「ジェイン…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑