rss twitter fb hatena gplus

*

静かな光 ▲159

silent light’07年、メキシコ・オランダ・フランス・ドイツ
原題:Luz Silenciosa
監督:カルロス・レイガダス
脚本:  〃


コルネリオ・ウォール・フェール  ヨハン
マリア・バンクラッツ  マリアン
ミリアム・トウズ  エスター


’07年のカンヌ国際映画祭にて、審査員特別賞を受賞、’08年のラテン・ビート映画祭で初めて日本で紹介された監督。TIFFにて鑑賞。
今回のTIFFでは、「日本メキシコ友好400年記念」と称して、レイガダス監督作品がこちらを含め、3つ上映された。

冴え渡った映像センスで、画面に釘付けになる。
風が吹きすさぶ映像が流れれば、見ている私たちも風を頬に感じる気がした。人生のリアリスティックさを、すぐそこに感じ、重々しさと生々しさをグッと手元に感じる作り。

時々人物に思いきり寄った映像に、時に圧迫感すら感じることもある。目を離せないような、緊張を強いるような。
ズッシリ構えて負けないようにしなければ、なんだか負けてしまいそうな気がした。

「何度も別れようとしたが駄目だった。マリアンは、運命の女なのだ」と言い、不倫関係を続けてしまうヨハン。一方、マリアンにとっては、「こんなに苦しい愛は自分にとって初めて。だけど、同時に喜びが大きい愛」と表現する。
決して若くない、中年の夫婦同士の不倫で、お互いに家庭もある身。出口のなさに何度も後悔したり、苦しんだりしながら、それでもこっそりと逢引を続ける。
彼らの愛は決して遊びでもなければ、だからと言って、それぞれが責任感を放棄してしまえるほど、彼らは若くも愚かでもない。出口のなさに彷徨う彼らだけれど、その愛が一点の曇りのないものであることを、私たち観客はいつしか知るように思えてくるのだった。

彼らの関係も、妻エスターの苦しみが描かれる段になってくると、また別の面を呈してくる。エスターの心の嘆きもまた痛いほど共感できるのだった。
「目が覚めても終わらない悪夢のよう」と言うエスターの心もとなさ。長い期間大事にしていた関係が、ある日突然裏切りを体験し、一転してこれまで築いた関係が崩れさってしまったのだ。
大雨の中、叫ぶ彼女の嘆きはあまりに悲痛で見ていて苦しくなる・・・

物語は、終盤に至って突如として違う色彩を放ってくる。
「奇跡」と呼ぶにはあまりに奇妙な展開だ。にも関わらず、何か救いが得られたような後味を感じることが出来た。
作品上に描かれるラストでの「救い(=静かな光)」について思いを馳せれば、現実世界に住む我々の運命の不可逆性がクローズアップされる作りになっている。

ストーリー・・・
メキシコ、チワワ州に自給自足のコミュニティーを作る、宗教一派メノナイトの移民達。戒律を守り、電気も水道も引かず、その生活の大部分を自然の営みに合 わせ広大な農地を耕して暮らす彼らは、オーバーオールと古風なワンピースに身を包み、一般的に多くの子を持つ平和主義者達だ。7人の子供と妻エスターと暮らすヨハンもその一人。しかし彼は、この静かで保守的な村で不可能な恋をしてしまう・・・。飾り気のない、究極にシンプルな人生を送る人々にとって、唯 一かけがえのないものとは何か・・・

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

816

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑