rss twitter fb hatena gplus

*

片腕マシンガール ▲143

片腕マシンガール’08年、アメリカ
原題:The Machine Girl
監督・脚本:井口昇
撮影:長野泰隆
特殊メイク・造型:西村喜廣

八代みなせ  アミ
亜紗美  杉原ミキ
島津健太郎  木村龍二
穂花  木村スミレ
川村亮介  ユウ
石川ゆうや  杉原スグル

これ、当時なかなか評判が良くて、見に行こうかどうしようか・・・と思っているうちに、終わってしまった作品。DVDになったら早速見ようと思っていたところ、ボヤボヤしているうちに、新作映画『ロボゲイシャ』の公開が、あっという間に来てしまった。早い!でっ、出遅れた!

「海外で人気の高いお馬鹿映画」というフレコミなのだけれど、どーしてどーして。これ、かなりお馬鹿映画偏差値が高くないと、ちょっとついていけない。

このポスターを一目見れば、タランティーノ&ロドリゲスの『グラインドハウス』の、『プラネット・テラー』のパクリ・・いや、オマージュを捧げた作品であることは一目瞭然だッ!
あの『プラネット・テラー』の女の脚に装着された銃の画は、ここ最近で一番驚くべきセンスのポスターだった、と私は思う。
何が凄いって、「あれ、どうやって装填し、どこに引き金があるんだろう・・・」などというマトモな質問を、一蹴してしまうインパクトがある。
そうだ、ここなのだ。
「とにかくカッコいいし、こんなん見てみたことなかったから、まあいいや!」
と思って、ゴタクを並べる気持ちもどっかに行ってしまう。
この、イマジネーションの跳躍力こそ、決して「普通の人」には出来ないセンスである。

映画に何かを求めるとすれば、その中の一つが、こうしたセンス・オブ・ワンダー。という私でありたい。
最近、随分マトモな映画ファンだなあ、と自分のことを思う私だけれども、「大人しい、マトモな映画ファン」にはなりたくなんかない。「クラシック作品のゴタクを偉そうに並べる」のは、百年先に取っておきたい。
たとえば酒で言えば、味も大してよく分からないクセに、「このウィスキーは何年モノで・・・」などと語るタイプの人間は、自分の友達には欲しくはないのだ!

と言っても、この映画は、なんというか
焼酎の「大五郎」に、かさを増やすために、
まかり間違ったか、アルコール成分というだけで、ガソリンや灯油を継ぎ足したような、
そんな闇鍋的な飲み物、というか・・・。
ハナっから、普通のウィスキーにすら適わない、そんな感じではあります(笑)

セーラー服、銃、ヤクザ、テンプラ、のキーワードが思う存分詰め込まれたこの作品。
これまたケッタイなセンスの、アクション満載・力いっぱいな、ジャパニーズ・スプラッタ!!
ところどころギャグは滑っていて、スプラッタも安っぽいけれど。
だからどーした!きるびるだ!
清々しいような、愛しいような気持ちになってしまう。

一番印象に残ったのは、腕がテンプラになっちゃうシーン。
これはもしかしたら、タランティーノが、日本のアクションで「見てみたかった」シーンなのではないか!?
と思えるような、馬鹿馬鹿しさ。
これはちょっとポイントが高い(たぶんな!!)。

まあ、本気でくっだらない作品だったけれど、一番面白かったのは、井口監督自らが出演した(パンツ一丁で)、「鷹の爪もかくや」な、マナームービー。
ここが一番面白かったよ!

映画の導入ですらない、映画以外の部分、ここが一番面白いなんて・・・。
それって、ちょっと反則なんじゃ?ッて思いますよネ。

「いや、これこそ販促(ハンソク)なんです」
なんていう、ダジャレとか聞かされるんかな?
(いやいや、そんなこと、ないない)

ストーリー・・
女子高生・アミは、両親が自殺したために、たった一人の弟ユウと暮らしている。ある日、ヤクザの息子をリーダーとした不良グループによるイジメで弟が殺さ れてしまう。アミは、ユウの残した“殺したいやつ”ノートを元に復讐を誓うが、逆に捉えられ拷問に合い、片腕を切り落とされてしまう。何とか脱出し、同じ く息子を失った母親・ミキと共に、再び復讐するための特訓を開始する・・・
片腕マシンガール@映画生活

 

2009/10/14 | 映画, :アクション

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,902

コメント(12件)

  1. 映画 「片腕マシンガール」

    お暑い日が続きます。夏バテ大丈夫ですか?{/hiyo_en2/}
    夏バテ対策におバカで下品な映画見てギャハハハハというのも良いかなと思います。
    河崎実の「ギララ」も捨てがたかったけど和製プラネットテラーでセーラー服にマシンガンというのはグライドハウス感を大いに期待で…

  2. 片腕マシンガール

    2008年8月20日(水) 21:00?? シアターN渋谷1 料金:1000円(水曜割引) パンフレット:700円 『片腕マシンガール』公式サイト 満席、立ち見。水曜1000円の日だからか?75席しかない劇場だが。(俺は、混雑を想定し、1時間以上前にチェックインしたので、座ったけど。…

  3. 昔から、コブラの腕の仕込み銃、百鬼丸の腕の仕込み刀で
    慣れてる?日本だものー(笑)
    でも、実写でやっちゃうとなると、さすがに凄いインパクト。

  4. ochiaiさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    >昔から、コブラの腕の仕込み銃、百鬼丸の腕の仕込み刀で慣れてる?日本だものー(笑)
    おーなるほど!。。。と言っても私は、百鬼丸の方しか分かりませんでしたが。。。
    何も、『片腕カンフー〜』だけじゃない!ってことですよね♪
    おっしゃる通り、実写でやるインパクトはありました☆

  5. コブラはこれですよ↓
    http://image.blog.livedoor.jp/yakope/imgs/6/d/6dc3a018.JPG
    http://ecx.images-amazon.com/images/I/51D5BQE7Y4L.jpg
    子供の頃、アニメ化(映画、TVともに)もしていて↓
    http://www.schaft.net/n00bs/diary_img/SPACE_COBRA.jpg
    しかもTVなんかゴールデンタイムなのに、こんなセクシーな
    半裸のお姉さま満載でいいのかしらん?と子供心に
    ドキドキワクワクしながら見てました。
    カックイイーのです。セクシーアーマロイドのレディも素敵♪

  6. あ、なんか投稿のリンク、ちょっとヘンになっちゃった。
    ごめんなさい。(1つめは2個はってます。)

  7. ochiaiさんへ
    こんにちは♪
    おお、すごいですね!コブラも、そのものズバリな画だったんですね。
    へえ、アニメにもなっていたんですか。
    話もなんだか面白そうです、
    しかしこれ、全然今まで聞いたことなかったんですよ。さすがochiaiさんは詳しいなあ、、
    リンクは直しておきました♪

  8. このレーベルはいい意味で狂っていますね。
    原口智生監督がテキトーに脚本を書いたという「デスガッパ」が次に公開かな。
    シアターN渋谷、万歳です。

  9. バラサ☆バラサさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    >このレーベルはいい意味で狂っていますね。
    いやあ、本当ですね。ここまでやってくれると応援したくなりますね。
    『デスガッパ』が次回作ですか!なんとこの原口智生監督って、元々特殊メイクの方だったんですね。
    『盲獣vs一寸法師』や『空気人形』までこの人じゃないですか!
    ソースはこちら↓
    http://twitchfilm.net/news/2009/07/tomoo-haraguchi-introduces-you-to-his-death-kappa.php
    このポスターもなかなかイカレてますねw
    デスガッパのYouTubeも見つけました↓
    http://www.youtube.com/watch?v=khHYvpPHcmY

  10. こんばんは♪
    大人しいマトモな映画ファンが通りますよ
    梅に鶯、月に雁、セーラー服と機関銃(笑)
    いや、機関銃というより見た目はガトリング銃なんですが、銃身は回転しないし稼動部っぽいとこは雑な溶接でくっ付けたみたいだし造りこみ甘過ぎてメカ+少女萌え心はくすぐらんのぉ思てたんですが…
    CG予算都合の二者択一、銃身とドリルブラとどっち回転させるかで井口監督迷わずドリルブラをチョイス!
    それじゃしょうがないなー
    ドリルとブラつったらボンクラ男子の二大好物ですからね(笑)
    それ回さずして何を回すヨ!ってなもんで
    http://www.spopro.net/machinegirl/comment.htm
    鈴木則文氏のコメントにはフイたけど…
    「鋭い批評性」って(笑)
    豪ちゃんと寺沢氏にコメントもらいにいくのも鉄板
    片腕にガンだと私も思い浮かべるの『コブラ』だなー

  11. みさま
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    セーラー服と機関銃!対するはドリルブラ〜♪
    そうか、銃身の分まで代わりにドリルブラが回ってたんですね〜^^*
    ブハハ!鈴木則文のコメントすごく力がこもってましたね☆
    これはさすがにご本人が自ら「うんしょ」、と考えて寄せてくれた本心なんでは!?って気がしちゃいました。
    愛がこもってますもんね〜
    そうそう、ブブ〜ッと噴いてしまいましたがw
    鋭い批評性かどうかは知りませんが、河合隼雄も似たようなこと言ってた・・・カナ?いや、言ってませんねw




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑