rss twitter fb hatena gplus

*

女獣 ▲141

女獣’60年、日本
監督:曲谷守平
脚本:葉山浩三、志原弘
製作:大蔵貢
撮影:平野好美
音楽:三保敬太郎


松浦浪路  瀬川路子(鈴子)
小畑絹子  木村朝子
菅原文太  杉山正一
細川俊夫  安藤捜査第一課長
西朱実  婦人警官教育主任


製作年代が’60年、という時代を感じる物語でありながらも、潜入捜査モノのサスペンスで、グイグイ進んでゆく物語。囮捜査に体を張って、婦人警官である主人公が、女不良グループの中に入っていく姿が眩しい。

シネマヴェーラの「妄執・異形の人々Ⅳ」特集ではあるけれど、エロ的描写は想像を掻き立てるのみで、むしろ一度も女性の裸の姿が出てこない辺りは、健全なサスペンス、と言えるかも?

随所随所に「こういう映し方ってあんまり見ないなあ」というところがあって、それを楽しむことが出来た。
新宿の姿は、まるで今とは違っていて、どこで撮影したのかも、自分には思いつかないぐらいだったりするところが新鮮。

麻薬密売を扱った物語であるところが、図らずもタイムリー?麻薬の禁断症状や、中毒患者の描写は、とても力が入っている。
麻薬を打たれてヤクザの女にさせられてしまい、自分の復讐とは裏腹に、体が思うようにならない朝子役、を演じた小畑絹子もなかなかに印象深く。
女不良グループの中に居て活躍する鈴子(路子)役の松浦浪路と好対照で良い。
もうちょっとエロ描写があればもっと面白かったかもしれないけれど。
いや、そんなにエロ描写ばかりが見たいって訳じゃないんだけど(アセアセ)。


ストーリー・・・
東和銀行の現金輸送車が襲撃され、現場に残された遺体から新宿の不良グループと関連アリと見た警察は、婦警の路子に潜入捜査を命じた。変名を使いズベ公たちに紛れて捜査を進めるうちに麻薬中毒者の朝子と出会った路子は、殺された父の復讐を果たすために身を落としたという朝子をシロだと信じるが・・・(シネマヴェーラ説明より)

女獣@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,688

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑