rss twitter fb hatena gplus

*

シルク ▲133

silk’06年、台湾
原題:詭絲
監督:スー・チャオピン

江口洋介  橋本
チャン・チェン  チートン
カリーナ・ラム  ウェイ
チェン・ボーリン  レン
バービー・スー  スー
チェン・クァンポー  幽霊の子供


台湾シネマコレクション2008にて上映された作品。このコレクションで、今のところ手に入るものは、これしかないのだ。
ホラーSF、といったテイストで、「幽霊を科学の力で捕まえる」という、変り種な、なんだか微笑ましいサスペンス・ホラー。

「反重力の研究をする政府の組織の一員である、江口洋介扮するところの橋本は、“メンジャー・スポンジ”なる異次元の物質を使って、幽霊を捕らえることに成功する」・・・。

一見すると無理のある設定であるけれど、そうしたことにあまりこだわらない人であれば、そしてホラーが好きな人であれば、きっときっと、この手のヘンテコリンぶりを結構楽しめると思う。
江口洋介の役どころなどは、違和感アリアリで、随所随所の台詞が可笑しかったり。しかし、そんな辺りも私は楽しめてしまった。

幽霊の少年の過去がだんだんと分かってくる、物語のあらすじと、橋本(江口洋介)の狙いは何か、といったところに注目して、いつの間にか物語に惹き込まれてしまう。

さながら、『ゴーストバスターズ』meets『呪怨』?
少年の母親の幽霊はまるで貞子だし、メンジャー・スポンジの形状は『CUBE』ではあるけれど。

何より、チャン・チェンが出ている、というところで、思わぬ掘り出し物感覚に浸れるところも、お得なホラー。
チャン・チェンの下手な日本語で「アレっ」と思ったり、江口洋介の変てこキャラも、物語全体を通して、加速するばかりだったり・・
「なんじゃこりゃ」感覚が、とても、とてもイイ感じなのだ!
うふふ、うふふ、ホラーはこうでなくっちゃ。

肝心なホラーの部分も、ちゃんとそれなりの恐さがあって、少年の物語の悲しそうな部分と、幽霊の恐さとが適度にブレンドされている。
過去の話が次第に分かる辺りはなんだかパン兄弟のようだし。

全く期待せずに見た割に、なかなか楽しいホラーだった。
「江口洋介の海外進出モノ」としては、『闇の子供たち』にはきっと適わないだろうところが、いかにもB級感をソソって、また良しかも?

ストーリー・・・
死後の世界に強烈に惹かれている橋本は、少年の幽霊を捕獲することに成功。だが少年の霊は、近寄る者たちを次々に死へと追いやってしまう。少年の動機を“恨み”と解釈した橋本だったが、やがて少年の背景がわかるにつれて、まったく別の動機が見えてくる・・・

シルク@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

705

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑