rss twitter fb hatena gplus

*

ホウ・シャオシェンのレッドバルーン ▲131

ホウ・シャオシェンのレッドバルーン’07年、フランス
原題:Le Voyage du Ballon Rouge
監督:ホウ・シャオシェン
脚本:ホウ・シャオシェン、フランソワ・マルゴラン

ジュリエット・ビノシュ  スザンヌ
シモン・イテアニュ  シモン
イポリット・ジラルド  マルク
ソン・ファン  ソン
ルイーズ・マルゴラン  ルイーズ


やっぱり期待通り、心がほっこりするような優しさに満ちた作品だった。
冒頭で、赤い風船がふわふわ飛ぶ姿を見て、まず心を惹かれる私たちがいる。
なぜなら、リアルな日常であるそこへ、ポッと現れた赤い風船。この姿、佇まいが、なんとも場違いに思えるから。現実世界へふと姿を現したファンタジー、のようにも思えるし、あるいは画だけ見れば、これは単に赤い風船が漂っている、何のマジックも不思議もない画のようにも思える。
だけど私たちは、風船が少年を追いかけて来たことを知っている。この存在がファンタジーなのを知っている。この辺りがどこまでファンタジックに描かれるのか、それを楽しめそうな気がして、期待がポッと浮かんだ冒頭だった。

新しく来たベビー・シッターである台湾人のソンが、『赤い風船』という映画の話を、少年シモンに聞かせながら歩くシーンが次にくる。
映画の最後に、「アルベール・ラモリス監督の『赤い風船』にこの映画を捧げる」との一言がつく、堂々とオマージュを掲げたこの作品は、パリのオルセー美術館20周年記念事業の一環で作られた作品だという。

じゃあそのオマージュはどんな風に昇華されているのか、というところが知りたくなる。この元となった『赤い風船』をよく知らなくても。
物語が進むにつれて、タイトルにさえあるけれど、それは“主人公”ではなくて、
あくまで少年をそっと遠くから見守る風船の姿、を見ることになる。

少年である“子供”の目線は、むしろ母親の世界に寄り添っている。忙しく充実しているけれど、本当は寂しさを抱えている、事実上シングルマザーの母親。映画の中では、大した事件が起きることはなく、日常ありふれた風景が描かれる。
新しく来たベビー・シッターのソンとの、程よい距離感は見ていて心地のいいものだ。

寂しくてどこか空虚感のある大人の世界と、想像と空想で満ち溢れた子供の世界、この二つが遠くにあって、それらが対比して描かれているわけでは決してない。
「ぼくがいるよ」と母親に言う少年の台詞同様に、気づけば少年を見守る風船の姿を、私たちは発見する。

人形劇という、想像の世界で仕事をする母親と、やはり映画学校に通うベビー・シッターのソン、新しい小説を書くと言って出て行ったままの父親。
想像の世界と地続きの現実世界で、シモンは、今は少しだけ寂しくても、きっとまっすぐ育つのだろう。理想的な子供時代を描いた作品のように思えて、赤い風船に見守られたシモンが、なんだかちょっぴり羨ましくなった。


ストーリー・・・
人形劇作家であり、優れた人形劇師でもあるスザンヌは、7歳になる息子シモンと暮らしている。シングルマザーの彼女は新作劇の準備に追われる毎日。下の住人とのトラブルや、別れた夫とのことなど、日々の煩わしさからカリカリしていた。スザンヌはシモンをベビーシッターに任せることに決め、映画学校の生徒であるソンを雇う。孤独なシモンをじっと見つめていたのは、パリの街を漂う赤い風船だった・・・

ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

756

コメント(5件)

  1. 「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」 DVD

    この映画はフランス映画でありホウ・シャオシェンの映画でもあり、両方のイメージを裏切る事のない余韻のある映画です。台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督は珈琲時光で東京を撮った事がありますが、こちらは芸術の都、パリです。映画自体は1956年のアルベルト・ルコン…

  2. ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン

    「赤い風船の世界は 私たちのとなりにある」
    ホウ・シャオシェン監督は「赤い風船」(1956年/35分)が大好きなことがすごく伝わってくる。
    我々は、となりあう「赤い風船」の世界に気づくことがなく、日々生きている。
    そんな映画である。
    派手に大きく物語が動くわけで…

  3. とらねこさん。こんにちは。
    なんてことないのですが、素適ファンタジー。
    「赤い風船」のオマージュ作品であることから、その作品への愛情も感じられました。
    「赤い風船」はご覧になってますか。
    観てないようでしたら、ぜひ。
    私は、映画館で、関連付けた公開をしていた時に一緒に観ています。
    絡めて観るとより良いですよ。

  4. de-noryさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    そうですね、日常のある一場面を切り取ったような、ナチュラルな物語の中に、ふと現れる、素敵ファンタジーでしたね♪
    私実は、この作品の公開前に、『赤い風船』『白い馬』の上映に行ったのですが、用事があって、途中で出てしまったんです。
    で、ついでにこちらの作品も断念してしまいました。それというのも、「関連づけて見ることが出来なかったから」というのが理由でしたー
    とは言え、『ココ・シャネル』は見なかったのですが、『ココ・アヴァン・シャネル』は見ましたよ。。。

  5. Le Voyage du Ballon Rouge 『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』

    あの赤い風船はずっと旅をし続ける。
    何てことはないささやかな日常を物語りながら、普遍的なテーマが心に沁み入り、その芸術性が眩く輝いて。
    パリの映画学校に通う留学生のソンは、人形劇の仕事をするスザンヌに雇われて、7歳の息子シモンのベビーシッターをつとめるこ…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑