rss twitter fb hatena gplus

*

サガン 悲しみよこんにちは ▲88

サガン’08年、フランス
原題:Sagan
監督:ディアーヌ・キュリス
脚本:ディアーヌ・キュリス、マルティンヌ・モリコニ、クレール・ルマレシャル
撮影:ミシェル・アブラモビッチ
音楽:アルマンド・アマール
美術:マキシム・ルビエール
編集:シルビー・ガドゥメール

シルヴィー・テステュー  フランソワーズ・サガン
ピエール・パルマード  ジャック
ジャンヌ・バリバール  ペギー
ドゥニ・ポダリテス  ガイ
アリエル・ドンバール  アストリッド
リヨネル・アベランスキ  ベルナル
マルゴ・アバスカル  フロランス


去年公開の映画『エンジェル』の予告を見た時に、「この人、サガンみたいだなあ」と思ったのを覚えている。
若くして突然の作家としての大成功。私にとってのサガンは、『悲しみよこんにちは』一作で“天下を取った”というイメージ。

サガンを読んだ、などと言っても私はこのデビュー作『悲しみよこんにちは』のみで、読み終わった私がこれについて(例によって、例のごとく)アツく語っていたら、「でも一発屋なんだよね」と、大学生の頃の当時の彼氏に一言でブッた切られたのを覚えている。私はそれでちょっと傷ついたけれど、でも彼の方がサガンをよく読んでいたから、なんとなく「そんなもんかな」と思った。

このサガンという女性に、共感したという人は少ないかもしれない、と想像する。オシャレにも化粧にも無頓着。似合ってるのか似合ってないのか、豹柄のコートの下は男性みたいなシャツとパンツ。
「お金は嫌い」と言いながら豪遊し、賭博や酒、ドラッグに溺れていく。恋も行き当たりばったりみたいな、衝動的なものに思えた。
でも私にとってはすごく面白い女性。ちょっと男性みたいな人だ。文才はすごくあるけれど、それ以外のことにビックリするほど無頓着。体当たり、だけど不器用な人。
サガンを演じたシルヴィー・テステューのその演技は、シャイそうな佇まいが印象深い。ほとんど化粧っけもなく、はっきり目線を合わせない。髪をなでつけるように触るしぐさ・・・

彼女の愛、孤独・・・。心惹かれずにいられない。豪遊する、酔いどれのシャイな人。寂しがり屋で、誰でもいいから周りに人を置いておくのを好んだ。
なんだか“ロックンローラー”な人だなあ。「書くことしかできない」と言うように、それ以外のことに異常に無頓着であるが故に、狡さやしたたかさを感じないんだ。
ピュアで自由人。風変わりな人。時代の寵児。日本円にして何百億という金を稼いでおきながら、自己破産に陥った晩年。金の話を徹底的に嫌ったが故に、金をドンドン使ってしまう。金のために堕落してしまったのか、それともしていないのかすら分からない・・・。

彼女の周りの取り巻き達は、彼女にたかって遊んでいたかもしれないけれど、調べてみれば、雑誌の編集であったり、作家であったり、それぞれに仕事をちゃんと持っていたようだ。
私には正直、彼女の生き方が羨ましくもあった。私も大金持ちだったら、お気に入りの友人をどんどん連れてきて、一緒に大豪邸に住んで・・・。きっと楽しいだろうなあ。心ゆくまでパーティ三昧の毎日が過ごしたい(笑)

とても心に残った女性の一生だった。他の作品も、手にしてみよう。

ストーリー・・・
デビュー作「悲しみよ こんにちは」が世界的ベストセラーとなり、わずか18歳で有り余る富と名声を手に入れた作家、フランソワーズ・サガン。しかし、作品以上に注目されたのは、サガン本人の人生だった。ゴシップ誌を賑わすセレブとのパーティ三昧。生死をさまよったスポーツカーの事故。「破滅するのは私の自由」と発言して騒動になったドラッグでの有罪判決。勝っても負けても桁外れの金額だったギャンブル・・・


サガン —悲しみよこんにちは—@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,078

コメント(11件)

  1. とらねこさん、ボンジュール。
    フランスものとらねこさんにはやや優先順位低いのかなと思う中、さすがの文学少女、これはご覧いただき嬉しく。
    でも、そういう私は自分が「悲しみよこんにちは」を読んだ時の感想をよく覚えていない有り様…。
    学生とらねこさんの熱いサガン論きいてみたかったです〜♪
    彼女はそう、無頓着な感じでガツガツしてないところが好感もてました。
    その性格が災いしたこともあるのでしょうけどね。

  2. 『サガン -悲しみよ こんにちは-』 SAGAN

    アンニュイが好き。
    18歳で書いた処女小説「悲しみよ こんにちは」が大ベストセラーで時代の寵児となり、自動車事故、二度の離婚、多額の借金、ドラッグ中毒…と69歳で亡くなるまで話題は尽きなかった作家フランソワーズ・サガンの人生。サガンといえば、まず「悲しみよ…

  3. かえるさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    これすっごく良かったですよねー!久しぶりにグッと心を掴まれたフランス映画でした。そうですね、おっしゃるとおり、私はフランス映画で、しかもナチュラルテイストな感じのモノは、私の得意とするところじゃなかったりしますー。ゴメンナサイ。オリヴィエ・アサイヤスは『CLEAN』は楽しみですが、『夏の庭』はDVDでいいかな、って飛ばしてしまいました。でも、かえるさんがそんなに気に入られたなら、私も見てみたくなりましたー。
    サガンにはすごく惹かれましたよね。私の性格もちょうどあんな風な人かもしれない、なんて思ってしまいました。私もお金持ちだったらちょうどあんな風になりそうです(笑)あの偏った性格に興味を惹かれます。
    何より『悲しみよ こんにちは』が素晴らしくって!引用が出てきたシーンでは思わずシビれました。
    かえるさんは『悲しみよ こんにちは』それほどでもなかったんですか。そう言えば以前もカポーティの『冷血』で意見が分かれたことがありましたっけ。もしかしたら、かえるさんとは本の趣味が合わないのかも・・・。
    では他にはフランス文学は何がお好きですか?私はちなみにこの映画にも出てきたレイモン・ラディゲ、オノレ・ド・バルザック辺りが大好きです。特にバルザックは全部読みました!あとはモリエール、イヨネスコ、デュマとか。イプセンはまあまあ、モーパッサンは嫌い、スタンダールとヴォーヴォワールは難しくて。あ、ユゴーとサン・テグジュペリを忘れちゃいけませんね!かえるさんに「文学少女」などと言われたのでちょっと調子に乗りました。

  4. こんばんはー。
     この映画は観ていないのですが…。私も「哀しみよこんにちは」は読みました。理由は…ええ、「新潮文庫の100冊」に入っていたからで、薄いしクリアするのが楽かなーと。そういう動機付けで読んだ本の中では、結構面白かったのは覚えているのですが、細部は全く覚えていませんデス。やはりダメですね、そういう読み方は…。orz
     そうそう、1Q84ですが、さっそく買いました。今晩から(モンテ・クリスト伯を一時中断して)読もうかなと思っております。

  5. マサルさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    マサルさんもデビュー作はお読みになりましたか。いやー、やはり前に見たものは、細部までしっかりと覚えていないこともありますよね。でも、映画と一緒で、二度・三度と見たりするのは稀ですからね。
    そのためにもやっぱりブログに書いておくと忘れませんし(笑)もはや備忘録のブログww
    お、早速『1Q84』買われましたか!素早い!あれだけ話に上ると、すごく読みたくなってしまいましたよね。
    私も早いとこ読みたいのですが・・・うう、物を所有するのが嫌いな私は、「ハードカバーを買わない」ことを前提な本棚になっているものですから・・
    図書館に予約しておきまーす。

  6. サガンー悲しみよ こんにちはー

    18歳で鮮烈なデビューを果たし、数々のスキャンダルに彩られた伝説的な作家フランソア・サガン。その愛と孤独とはーーーー。
    「ノウイング」の前に、京都シネマにて鑑賞しました。「ディア・ドクター」は連日満員状態です。京都ではミニシアターのみの上映ということで、…

  7. サガン-悲しみよこんにちは-■サガンの人生を手際よく

    もし、ジーン・セバーグが生きていれば、晩年のサガンにキャスティングされたのではなかろうか?ふとそんなことを考えながらこの映画を見ていた。実は、これくらいのインパクトとか洒落っ気が欲しいところだ。サガンの墓碑銘には「人生と作品を手際よく片付けた」とあるが…

  8. 「サガンー悲しみよこんにちわー」

    HP
    こちら↓ 文庫版「悲しみよこんにちわ」の扉画像 
    サガニスト(こんな言葉あるっけ?)としては
    観客層はどんな?にも興味があ??.

  9. サガン 悲しみよ こんにちは

     『愛も、名声も、贅沢も─ ぜんぶ手に入れて、失って。』
     コチラの「サガン 悲しみよ こんにちは」は、そのタイトルの通りわずか18歳のデビュー作「悲しみよ こんにちは」で一躍人気作家となり、スキャンダラスな生涯を送ったとされるフランソワーズ・サガン(シルヴィ…

  10. 「サガン ー悲しみよ こんにちは-」

    フランソワーズ・サガン。こんな人だったんですねぇ〜

  11. mini review 10486「サガン -悲しみよ こんにちは-」★★★★★★☆☆☆☆

    18歳で文壇に華々しいデビューを飾り、生涯を通して自由人であった小説家の人生を追う人間ドラマ。破天荒な言動で世間を騒がせつつも、実は孤独で繊細(せんさい)な彼女の真の姿に迫る。まるでサガンの生き写しのような主人公を演じるのは『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑