rss twitter fb hatena gplus

*

アルビン 歌うシマリス3兄弟 ▲64

アルビン 歌うシマリス3兄弟’07年、アメリカ
原題:Alvin and the Chipmunks
監督:ティム・ヒル
出演:
ジェイソン・リー  デイブ
デヴィッド・クロス  イアン
キャメロン・リチャードソン  クレア





ストーリー・・・
間違って都会にやってきたシマリス3兄弟のアルビン、サイモン、セオドアは、売れない作曲家のデイブの家に転がり込む。まるで家族のような新しい生活が始まり、やがてアルビンたちがデイブの曲を歌うと大ヒットする。3兄弟はたちまち大スターになるが、レコード会社の企みでデイブと引き離されてしまい・・・

なんともノンキな子供映画。動物モノ、CG+実写映画、音楽がいっぱい出てくる、と言えば、子供が喜ぶ要素をたくさん兼ね備えていると言えるカモ。
で、私はと言えば、そういうのがどーにもこーにも好きなんですよね。
ストーリーは本当に単純で、少しばかばかしいと言えなくもない(笑)のだけれど、ヘラヘラ笑いながら、家でくつろいで、ボケーっと見るには最適な映画、と言えるよね!

特に私は、ちょっぴり難しいような、文芸派テイストな映画を好むことが多いので。時々こういう、思いっきり頭をカラッポにしてくれる作品を見ると、バランスが良くっていいみたい。そんな訳で、いつしかこういう映画を特に好んで見るようになってしまった。

何より、デイブ役のジェイソン・リーが、なんてイイヤツなんだろう・・・と好感触で。
カンカンに怒っても、リスにドタバタ騒がれても、なんだかコメディテイストになってしまうのは、この基本的に人の良さを感じさせる、彼の顔だからこそ。
この人ったら、本当、リスに好かれそう・・・。(いや、シマリスはリスじゃない、って台詞があったっけ。)

しまッピーズたちが言われたとおり、家中の片付け物をするシーンがあるの。よくよく見れば、冷蔵庫にたくさん物がブチこまれているんだけどね。
で、そういうことをいちいち怒ることなく、「よくやったな、ありがとう」、って褒めてくれるんですよ、このデイブって男は。
その時、「これだー!」って思った。一緒に住む人に、私が求めるのはこれですよ。いちいち細かいことを言わず、人を許せる温かい心の持ち主。
どんなにカッコ良かろうが、仕事が出来ようが、決めるべきポイントはそこじゃない。私は思うの。長い間一緒にいられるのは、こういう優しさを持った男だよなあ、ってね。(神経質な男は絶対嫌だ!)

ちなみに、『ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う』で出て来たパロディを思い出すと、余計可笑しくってw。
アルビンたちが、おどろおどろしいメタルチックな歌を、血だらけで歌ってたの!グハハハハ、思い出してもまだ可笑しいw

アルビン 歌うシマリス3兄弟@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,164

コメント(9件)

  1. >いつしかこういう映画を特に好んで見るようになってしまった。
    >いちいち細かいことを言わず、人を許せる温かい心の持ち主。
    昨年初めて得点をつけた“映画館で鑑賞した作品”において、堂々の第4位(「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」も同点4位)でした。
    元々コメディ好き&ジェイソン・リー好きなのも要因の1つですが、知らず知らず“癒し”を求めていたのも要因じゃないかと思いました。
    今度のクリスマスも、彼らの歌が流れると良いなぁ〜♪♪
    >アルビンたちが、おどろおどろしいメタルチックな歌を、血だらけで歌ってたの!
    癒しキャラが血だらけでメタル?
    それは非常に興味深い(爆)

  2. 哀生龍さんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    >堂々の第4位
    知ってますよーんなんつって!
    でも、哀生龍さんが気に入る作品て、意外性があってそこが面白くって!
    テネイシャスDもすっごく楽しかったです!特に悪魔の音楽がカッコ良くてツボでした!
    クリスマスソングで元々あった曲だったんですね〜これ。
    ヘリウムガスを吸い込んだみたいな、リスの高音が面白いですよね〜♪
    >癒しキャラ血だらけメタル
    めーっちゃ可笑しかったです!!哀生龍さんが下品なエロネタも大丈夫な人だったら、是非とも!

  3. この映画は見ていないのですが、
    「ディザスタームービー」を見て、元ネタを知らないのが悔しかったです。
    何も考えずにボケーっと出来るモノとして一番最初に思い出すのは
    「ぼのぼの」です。
    ところで、私も神経質な人は苦手です。
    でも、他人に言わせると、
    私自身が相当に神経質なんだそうです。(がっくし)

  4. Alvin and the Chipmunks (2007)

    邦題:アルビン/歌うシマリス3兄弟
    監督:ティム・ヒル
    出演:ジェイソン・リー、デヴィッド・クロス、キャメロン・リチャードソン
    ロス行きと帰りの飛行機で合計2回半くらい観ました。
    最初は期待なんてないでしょ、子供映画だし。
    で一回目観終わって、しょうもな….

  5. こんばんは。楽しめたようですね!何か可愛い。笑
    このアルビンたちはすごーく古いアニメなんですが、最初に映画化の話を聞いた時は呆れました、、、。でも、とらねこさんの言うとおりボケーっとにや〜っと観れる愉快な作品で、いいものだと思います!今の世代の子供達にも愛されるといいなぁ、、、アルビンたちよ、、、。
    ジェイソン・リー、私も好きです。そして、神経質な男は絶対嫌っていうコメントも爆笑!とらねこさん、ナイスです。完全に同感!シマリスに耐えられるくらいな根性は必要ですよね!笑

  6. さんへ
    こんにちは〜♪コメントありがとうございました!
    そうそう、元ネタ知らなくて悔しかったのって、私もこの作品だけだったんですよ。
    『ハイスクール・ムービー』なんかは、まんまだったので、“元ネタ知らないから面白さが伝わらない”というほどではなく。『セックス・アンド・ザ・シティ』は、元ネタの映画はとても見る気になれず(笑)あ、でもドラマは一度だけ見たことありました。
    >神経質
    うーん、仕事をする上では、ある程度神経質にならざるを得ないところがありますよネ。
    だから、職場の人に神経質呼ばわりをされるのは、そんなに悪いことではないのでは!?

  7. アヤさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    おお、アヤさんはアルビンたちを、子供の頃からご存知だったんですね!
    chipmunksたちを、日本語では「しまッピーズ」と訳してたんですよ、私のブログに書いてあるように(笑)
    どうです、これ?くすくすくす・・
    でも確かに、英語まんまの「チップマンクス」じゃー意味分からないですもんね!
    今の子供にもかわいがってもらえるかな♪
    自分の子供の頃よく親しんだアニメが映画化されるって聞くと、一瞬ビックリするし、ちょっと呆れますよね!私もドラゴンボールは、「エエエーーッ」て感じでしたし(結局見てないけど)
    でもこれは、ちゃんとかわいらしく出来上がってましたよね★
    そうそう、シマリスに耐えられるぐらいの忍耐力!
    これ男の人に欲しいですよね!!うん。
    アヤさん!私たち、すごくいいところに気付いた、って思いません??

  8. しまぴーず、、、まぁ、、、よしとしましょう!笑
    ドラゴンボールは、、、スルーしましょう!
    とらねこさん、とてもいいところに気づいたと思います!しかーし、理想の男のハードルをあげすぎてしまったのでは!?ヤバイです!

  9. アヤさんへ
    しまッピーズ・・OK出ましたか
    なんだかんだ言いながら、何度も見ちゃったアヤさんがムショーにかわいいんですけど(笑)
    そっか・・アヤさんはそんなに若かったのか。ううーんそうだったのか・・・、威勢はいいな、と思ってました(笑)
    理想の男のハードル、高いですか?あれれ?
    分かった!じゃあ、「忍耐力のある人」以外の部分を、ググーンと下げたらいいのでは!?(笑)バランスをよくするために!
    この点でいくと、アメリカ人の方が、日本人の男より優しい人が見つかりやすい、って気がします!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑