rss twitter fb hatena gplus

*

遊び ▲29

遊び増村保造監督、48歳の、48番目の大映最後の作品。
’71年、原作は野坂昭如。



ストーリー
町工場で働く16歳の少女(高橋〈旧姓・関根〉恵子)は、内職をする母(杉山とく子)と寝たきりの姉(小峯美栄子)そして父(内田朝雄)の残した借金を返すため、昼も夜もベルトコンベアーに追い回される毎日を過ごす。何の楽しみもない少女は、休日街へ出て少年(大門正昭)に声をかけられるままに、喫茶店、映画館へ付いていく。生れて初めて優しくしてくれた男性がチンピラとも知らずに…。

劣悪な労働状況、貧困そのものの家庭環境、昭和の社会状況の裏側を描きながらも、こうした爽やかな青春物語に成りうるとは・・・。

主人公の少女と少年に名前が無く、「少年」「少女」という名前で描かれる、今で言えばボーイ・ミーツ・ガールな青春映画。

増村保造監督曰く、
「どの監督でも一度だけは青春映画を作れるにちがいない。自分自身の青春をひたむきに描けばいい。私にとって、第一回作品『くちづけ』がそれであった。今回『遊び』を作るのは、典型としての初恋を描きたいからである。若い牡と牝が出会い、近づき、結び合うまでを丁寧に描きたい。」

少年にとって少女は、初めはただ単に、ヤクザとして一人前になるために「スケコマシ」を初めて行った相手。
だが、彼女の素直さ、純粋さに次第に少年の心をも動かしてしまう。

こう簡単に語ると、非常に分かりやすい物語なのだが、そこへいたるまでに丁寧に彼の、そして彼女の気持ちが、背景が描かれている。だから、「ああ、そういうことが描きたかったのか」と分かる頃には、もう物語はクライマックスを迎えているという次第。そこはこの監督の手腕によって、見事に等身大に描かれ、そして退屈すらさせずに、いつしか乗せられてしまっていた。

この少女と少年の、生々しい肉体のぶつかり合いがいい。
エロではなく、そこにあるのは生身の人間の姿。元は孤独な二人が、心の底からお互いを知り、そして裸になる。

爽やかな青春ではなく、薄汚れた大人の世界に汚され、それにもかかわらず汚れを感じさせないのが不思議だ。

共感の念を呼び起こすような青春映画ではない。
二人が行き着くところは、幸せな遠い場所ですらないかもしれない。
ラストに二人が目指すところは、一体どこなのか、希望も見えない状況。

死か、破滅か、それとも自由か、未来か・・・、
二人が今にも溺れそうなボートで漕ぎ出す未来に、悲しいような切ないような気持ちでいっぱいになる。
二人の馬鹿さ加減に悔しいような気さえ起こり、もう少しラストを丁寧に描いてくれさえすれば、と歯がゆい思いもする。

だがその一方で、とても感動してしまったのは確か。
あの陽気で無邪気で、死すらものともしないような勇気・・・と言うべきか、単なる向こう見ずで考えなしな行動に、フッと笑ってしまうような、そんな何とも可笑しな鑑賞後の気分に、少し浸りたくなってしまったのだった。

P.S…ところで、脇役で松坂慶子が出ていた。しかも、「フーテン娘」役で。
私実は、「フーテン」て言葉、・・・あんまり聞いたことなかったんですよね。
「フーテンの寅さん」とかいう台詞が『男はつらいよ』で出て来たことはあったかな。だから、「流れるように生きる人」とか、「旅人」を指し示す言葉なんだと思ってた。そしたら、当時の「不良」をいう言葉だったらしい。

遊び@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

885

コメント(2件)

  1. ビキニな関根恵子

    橋本さんから「早く関根恵子を!」とリクエストがあったんですが
    こーゆーのを希望されていたのではないと思います
    でもちょっとフリークスっぽくてヨイと思いました
    関根恵子画像

  2. 眼球譚 関根恵子の穴袋と新人女優の葛藤土木事務所

    よーするに今日はかなり寝起きが悪い
    一日中ずっとグズグズむずがっている
    ここまで寝起きの悪い日も珍しく、全てを呪いたくなる
    夢を見るシステムがまだ理解できない、予定通りの夢を見ることができない
    夢は一日のリズムを決定してしまう、予定調和はありえな…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑