rss twitter fb hatena gplus

*

ミーアキャット ▲15

ミーアキャットただもうウットリと画面に見入って時間を忘れた、去年の『アース』、『ディープ・ブルー』と同じ、BBC製作の今年の映画、
これは、何ともかわいらしいミーアキャットが主役の、成長物語だった。



ストーリー・・・
暑く乾燥したアフリカの砂漠地帯に生息するミーアキャットは、暖かい日には後ろ足と尾で立ち、おなかをあたためて日光浴。ある日は、あまりの気持ち良さにコテンと突然寝てしまう…。その姿は、どこかユーモラスで、時として人間を彷彿させる・・・


’08年、イギリス
監督:ジェームズ・ハニーボーン


前述の、大迫力の『ディープ・ブルー』『アース』といった壮大な物語と比べてしまうと、
公開規模もそれより小さい、この小動物を主人公にした物語は、おそらく見劣りがしてしまうのは否めないかも。
でも、動物が出てくる物語が大好きな人だったら、間違いなく楽しめること受け合い。


故ポール・ニューマンのナレーションで語られるこの物語は、『アース』で少々説教臭さの力説ぶりがラスト、ちょっぴり気になってしまった人も、
こちらでは気にせず、すんなりとこの物語を楽しむことが出来そう。

アフリカのカラハリ砂漠、夏には灼熱の40度を越すこの地域、ツワル・カラハリ保護区。ここは、ミーアキャットだけでなく、彼らの天敵であるゴマバラワシを始め、他の動物も棲息する地域だ。


ミーアキャットは、哺乳鋼食肉目、マングース科。学名はスリカータで、和名・英明がミーアキャット。
食すのは昆虫、ヘビ・サソリ、植物の根。

生まれたばかりのコロは、まだ3週間目のオチビちゃんだ。
映画の中で、お兄ちゃんに教えられながら、サソリを初めて食べるシーンなんかは、とっても面白い。
どう見ても、サソリに思いっきり噛まれながら、「ふぎゃぎゃぎゃぎゃ、ふぎゃぎゃぎゃぎゃ」と格闘していた。
マングース科だけに、ヘビやサソリを恐れない。

小さかったコロが、物語終わりには、立派なミーアキャットの雄として、仲間を誘導する立場の青年に成長している姿は、思わず誇らしい気持ちにさえなってくるだろう。


派手派手しい技術の最先端さよりも、随所随所で、「これ一体どうやって撮っているんだろう」なんて思うことの多さに驚くだろう。
自然動物なのだから、的確にタイミングを捉えるしか道はないと思うのに、
ストーリーに、カメラが、物語がピッタリ合っているのだ。


そして、「これ明らかに人間が引き起こしているだろう」というのが少々感じられ、恣意的に感じてしまった人も居るだろう、『バグズ・ワールド』とは違って、もっとずっと自然そのまま、ということが感じられたのが、良かった、ホッとした。


それにしても、彼らの立ち姿は、本当にカワイくて、まるで人間ソックリに見えた。
鳴き声や、驚いた声なんかも、言語に訳すことが出来そうなほど、感情が豊かに伝わって来て、そこが面白い。



・ミーアキャット@映画生活




 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,109

コメント(3件)

  1. 実写のみでここまでのものが作れるのは凄いですよね、

  2. まりっぺさんへ★
    本当ですよね!CG使わずこれだけの画が撮れたなんて驚きますね。

  3. 月にキツネとキャット

    「ザ・ムーン」
    「きつねと私の12ヶ月」
    「ミーアキャット」 




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑