rss twitter fb hatena gplus

*

147●レイク・タホ

Lake Tahoe


 


 


 


 


 


 


 



’08年、メキシコ
監督:フェルナンド・エインビッケ
出演:ディエゴ・カターニョ、エクトル・エレーラ、ダニエラ・ヴァレンティーヌ、ホアン・カルロス・ラーラ、イェミル・セファーニ




ストーリー・・・
とあるメキシコの田舎町。ホアンは路上で、車がエンコしてしまう。
車の修理をすべく、とりあえず一番近くにあったへーベルさん(エクトル・エレーラ)のお家にお邪魔する。へーベルさんは初め強盗かと思って、ホアンに銃を向けたり、犬と昼寝しちゃったり、あんまり役に立たない。
修理器具の売ってる店に行くと、店員のルキア(ダニエラ・フォンティーヌ)が。彼女は修理士(?)のデヴィッド(ホアン・カルロス・ラーラ)を呼んでくれるが、彼もまた、テコンドーだか、ジークンドーだかの大ファンで、あんまり役には立たなかった・・・


ダック・シーズン』のフェルナンド・エインビッケ監督作品てことで、自分にとっては、TIFFの中で一番楽しみだった作品。
二年前のこの作品ほどお気に入りになった訳ではないけれど、こちらも、ホンワカ、ホノボノした作品でした。


ただ単に車が故障したことに端を発する、少年の経験する、一日の物語。
どことはなしにユルユルなストーリー展開なのに、次第に少年が置かれた立場、背景がじわじわ分かってくる。
ホアンは父親を最近亡くしたばかり。そして、母親も悲しみにくれていて、子供の世話を放棄してしまっている状態だった。

そんな中、どうやって悲しみを乗り越えればいいのか、少年はただ途方にくれている、そんな状態なのだった。
でも、一切ここでは、お涙ちょうだいものとしては描かれてはいない。
ただ、勘違いだらけの妙ちくりんな人々との交歓があって、そしてそれは少年にとって、きっとイライラするような出来事・・・なはずなのに、
この作品では、決してそうは映らない。
それどころか、迷惑をかけるいろんな人達の気持ちや、温かさというものが、だんだん気持ちよく、少年もいつの間にか彼らの気持ちと歩調を合わせていく。


このヒューマニズムさ、温かさが、私は大好きなのだよ。
なんてあったかい変チクリンさ。

誰かに何かを頼む時、自分の要求を言って、それを叶えてもらい、それに対する報酬を支払うなり何なりして、それで終わり。それが経済ってもの。

だけど、この物語では、全然そうではないの。
なぜなら、少年が、まだ自分のお金を自由に使えるほど大きな子ではないの。

人の好意なんていう、当てにできるか出来ないか、よく分からないものだけで、
少年は要求してもらいたいことを、人々にしてもらわなければならないの。たかが、車の修理ってことなんだけど。
だけどその中で、人間同士の関係が、本当はただ単にGiveとNeedsが相互に成り立っている、それだけのものじゃない、っていうのが伝わってくる。
人の気持ちを動かすものって、人の気持ちなんだよね、って。

お店の店員のルキアとは、本当は一線を越えそうなシーンがあるの。
だけど少年ホアンは、ルキアと抱き合って、泣いてしまう。
彼が欲しかったのは、簡単に寝ることの出来る相手ではなくって、誰かと抱き合うことだったんだ、って分かる。
ここが私は好きだった。
童貞を捨てるチャンスだったのに、彼にとっては、そうじゃなかったんだ。
ただ、寂しくて、人の肌が嬉しかったんだろうな・・・


前作ほどではないけれど、やっぱり温かさの感じられる作品で、私の好みなんだよ。
『燃えよドラゴン』の、クレジットを必要としない、前代未聞のチープな映像にはウケた。
ま、つまりは、映像のない真っ暗な映像なんだけど、音だけは『燃えよドラゴン』で。これって、著作権侵害にもならないんだろね、きっと(笑)


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

650

コメント(2件)

  1. とらねこさん、ぶえのすたるです。
    そうそう私も「ダック・シーズン」が大好きで本作も必見でしたが、こちらも気に入りました。
    妙ちくりんさがまたラブリーで、おかしくもほのぼの。
    タイトルがどこからきているかっていうのが、さりげなくてまたよかったり。
    カンフーヲタくんのキャラもね。

  2. かえるさんへ
    こんばんは〜♪お帰りなさいまし〜!
    ご旅行から、無事に帰還されたのですね!
    良かったですー^^ご旅行は、楽しかったでしょうか?
    そうですね、ほのぼのした物語でしたが、なかなかラブリーな妙味でした。
    タイトルも、前回の『ダック・シーズン』と共通点があって、またニンマリでしたね!こっちの作品の方がずっとさりげなかったですね。
    カンフーヲタ君は、ブルース・リー好きが昂じて、高校の頃に空手部に所属していた私には、したり!なお気に入りキャラでございました♪




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑