rss twitter fb hatena gplus

*

トルコ旅行2日目

キノコ岩3朝、時差ボケをものともせず、3時間半の睡眠で無理やり起きる。
朝日の当たるカッパドキアの風景が見たくて、ワクワクww




私たちの泊まったホテルは、ギョレメ村の端っこにある、、まだ出来たばかりの新しい洞窟ホテル、SOS(ソス)ホテル。
左画像(←)は、私たちの泊まった部屋。窓からカッパドキアの雄大な自然の姿が!朝からテンション上がりました。

部屋を出ると絶景!ここで朝食を食べます。
気分爽快〜!!


ただ、真夜中に帰ってきたら、お風呂のお湯が出なかったのでした。せっかくジャグジーだってのに・・・。
そして、部屋のドアも、たてつけが悪く、きちんと閉まらない。よく洞窟ホテルの不便さは聞いてたけど、まさに私たちもそれに遭遇してしまったのね・・・。トホホ
日本じゃ怒るところだけど、あまり怒る気にはなれない。

ホテルの人に聞いてみたところ、お湯はソーラーシステムになっているので、お湯が終わってしまったらもう夜中には入れない、とか。
私たちが朝食を食べている間に、おもむろに道具を持ってきて、ドアを直し始めるホテルの宿主さん。自分で直せちゃうの!?スゴイ!


せっかくいいお天気だったので、お風呂は諦めて、早速出かける。
歩いて行ける距離にある、ギョレメ屋外博物館へ。

山肌の赤い、むき出しの岩々の、かなり傾斜のキツイところをテクテク歩いていきます。歩くこと、20〜30分程度。
ここを歩いただけで、もう十分、ギョレメの雄大なパノラマを堪能することが出来るぐらい。歩く早さっていいな。

ギョレメ屋外博物館、入場料は20ytl。
フレスコ画の鮮やかな壁画が残っています。
岩のそれぞれに穴をあけて、それぞれ一つ一つが、「〜〜教会」と名づけられているの。
ガイドはつけなくても、早朝であれば、そして運が良ければ誰かのガイドさんの説明を聞けちゃいます。
聞こえる言語は、フランス語、イタリア語、ドイツ語、英語、日本語・・・。本当に様々な国の人達が来ているんだぁ。


ここでは、キリストの神が出てくるのは一箇所だけ。
「エルマル・キリセ」と呼ばれる教会。


ここで、Mr.せーじ(26歳)に遭遇。一緒にメシでも食おう、ということになり、出たところにある喫茶店で待ち合わせ。
ギョレメのオトガル、Meeting Pointというところで、昼食。
この地で飲む初のEFES(エフェス、トルコで一番ポピュラーなビール)、記念すべき一杯目を堪能

Mr.せーじは、ぶらり一人旅。転勤する前の有休消化で、来たとか。彼はもうパムッカレに向かうとのことで、どこが良かったか、いろいろ教えてもらった。
この後どうする?とのことで、パシャバー地区でキノコ岩を見た後、ゼルヴェに行き、アヴァノスに夕方バスで行こうかなと思ってる、と答える。
彼は、無謀にも結構離れたアヴァノスへ、チャリで行くことにその場で決め、「じゃあもし会えたらまた!」
と気軽な挨拶と共にさようなら。

Mr.せーじは、あまりギチギチに計画を練っているわけではなく、その場のフィーリングで決めているらしく映った。
その無計画な感じのスタンスと、借りたマウンテンバイクが、なんだか眩しく見えた。


ゼルヴェに向かうバスを待っていたところ、1時間に1本のバスなので、当然ながらなかなか来ない。
私としては先程見たマウンテンバイクに、乗りたくなってウズウズ、落ち着かない。
体力に結構自信のある私も、女の子に無理をさせるのは、と、言い出せず心を決めかねていたところ、友人の方から「マウンテンバイクに乗っちゃおう!」と言い出す。
嬉しくて、テンションがどんどん上がる。


レンタバイクは、一日で10ytl。
レンタバイク屋は、明日はどこへ行くとか、今日の夜はどうするとか、一度話すとかなり話が長い。
どこのレンタバイク屋でも同じだったんだけど、みんな親切なのか、ツアーのマージンが入るからか、帰りもなかなか帰してもらえなかった。

そして、レンタバイクを借りる時には、パスポート等の身分証明書を預けるように言われた。友人の保険証一枚で事足りたけれど、日本のよく分からない保険証、というのは、なかなか良いアイディアかもしれない。(もしくはパスポートはコピー、当然。)


そんなこんなで、チャリで雄大な景色!
ギョレメ村の辺りも離れると、赤土の広大な土地ばかり、ずーっと続く1本の道。


山はほとんど見当たらない。


この景色も、チャリで走ったことも。・・・絶対忘れられなそうだな、なんて思った。


最高に気持ちが良かった!
傾斜はキツかったけど。


さて、途中のチャウシンを右に曲がると、間もなくキノコ岩が見えて来る。
エノキみたいな岩(笑)


まあそれにしても、結構坂はキツいかもしれませんw
ゼルヴェに到着前に、かなりヘトヘトになるはず。
ゼルヴェ屋外博物館に到着する前に、見つけたお店で、も一杯ビール(笑)
2本で10リラと言われたところを、すかさず8リラにまけさせるとらねこ。


さて、ゼルヴェ屋外博物館は、1960年代まで人が住んでいた、居住区。
本当にただの岩肌を彫って、そこに人が住み着いていた場所、ということ。
崖崩れがあって、この辺りの人々はチャウシンに皆移り住んだらしい。
それでも、こんな何もないほら穴のような場所に、人が住んでいたなんて、まるでソクラテスの世界だ。
ようやく登って見るも、崩れやすそうな山道、小道で、舗装も補強もされてない“博物館”ぶりに逆に驚いてしまった。


ところで帰り、友人の借りたマウンテンバイクが、パンクしてしまい、ヘトヘトなところを、更に歩くハメに。
ギョレメに入る手前ぐらいだったからか、歩く距離は3キロほどで済んだけど、
帰ったらもーボロ雑巾のように疲れてしまいましたとさ。


いやー本当、気持ち良かったけど、正直、スクーターにする方が正解だった模様(笑)
友人は、運動やってないのに、一言も文句を言わず、頑張って走ってたなー。
本当、あの根性は立派です。よくぞついて来てくれた!
「キツイ上り坂も、絶対自転車降りないぞ」と決めてた私。実際そうしたけど、
さすがにヘトヘトになって、夕飯も食べれず。お風呂入ったら寝ちゃった。


睡眠不足&時差ボケな上、さらなるハードワーク。
まーいい思い出にはなったさー。余裕余裕!ハッハッハ!



トルネコの・・(違)、トラネコのトルコ旅行
・トルコ旅行 vol.1
・トルコ旅行 vol.2
・トルコ旅行 vol.3
・トルコ旅行 vol.4
・トルコ旅行 vol.5
・トルコ旅行 vol.6
・トルコ旅行 vol.7
・トルコ旅行 vol.8
・トルコ旅行 vol.9
・トルコ旅行 vol.10
・トルコ旅行 vol.11
・トルコ旅行 vol.12
・トルコ旅行 vol.13
・トルコ旅行 vol.14
・トルコ旅行 vol.15
・トルコ旅行 vol.16


 

2008/09/22 | :トルコ

関連記事

ただいま戻りました

ただいまです。今度もまた、トルコに行って来ました。イスタンブルのアタテ...
記事を読む

イスタンブールなう

今、イスタンブールの「Barcelo Eresin Topkapi H...
記事を読む

トルコなう

パムッカレですー自然に出来た石灰棚。ここもまた世界遺産の一つです。昔の...
記事を読む

トルコ旅行8日目:まとめ&あとがき

最後の日、ということですが、今回の旅のまとめ&あとがき、とさせ...
記事を読む

トルコ旅行7日目:サフランカフェ

いよいよ出発が間近になりました。最後に、出発の時間まで、イスタンブール...
記事を読む

918

コメント(12件)

  1. ソーラー発電とは?

    ソーラー発電は太陽光発電とも呼ばれ、文字通り太陽の光(ソーラー)を利用して電気を作ることです。家ごとにソーラー発電システムを取り付けて電気を作り出すのです。簡単に言えばソーラー発電システムを取り付けると、家が小さな発電所になるのです。

  2. うわぁーっ!絶景ですね
    とらねこさんが気持ちよさそうなのが、すごく伝わってきます!!

  3. ochiaiさんへ
    こんにちは〜♪コメントありがとうございます!
    疲れたけど、楽しかったですよ〜。
    カッパドキアの風景に馴染んだ一日でした^^

  4. 400人位、

    ラジオで紹介していました。毎年、約400人がキノコ中毒で救急車のお世話になっているそうです。長野県産 松茸 400g皆さんは、キノコ狩りに行ったことありますか?初心者の方は、キノコに詳しい人と一緒に楽しんだ方がいい、とのことです。もし、経験者がいなければ、最低…

  5. 先日1日目をみて、ちょっと心配したんだけど、
    そんしたよ〜(笑)
    元気、ゲンキン、頼もしいとらねこさん(^^)/
    自転車で、疲れて!ご飯も食べず!!
    楽しくダイエットの旅って感じ?(笑)いいねー
    なんか若いっ♪少しづつ読んでくね。楽しみ〜〜!

  6. kiraさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    kiraさん、心配してくださったなんて!とっても嬉しいです、ありがとうございます!
    うふふ、確かに私ってゲンキンかもしれないですー。えへへ。
    ぐふふ、そうなんです、この日は、楽しく、そしてヘトヘトになった日でした。
    いやー、カッパドキアに悪い思い出は全然ないんですよ。
    楽しかったです!カッパドキアは面白かった!

  7. とらねこさんー
    こんばんは。
    いいなぁトルコ行かれたのね、
    わたしトルコは行ったことないのでいつか行きたいなー。
    どこをとっても絵になる写真ですね^^

  8. migさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございます!
    migさんはトルコはあまり興味ないですか?
    面白いですよー、異国情緒というか、怪しいです、トルコ人。そして、濃い人が多かったですねー、退屈しないです。
    migさんはやっぱりカナダが多いんですよね?
    トロント映画祭の実録レポ、好きですー

  9. ギョレメ村・・・!!といえば、「たくさんのふしぎ」の「ギョレメ村でじゅうたんを織る」でおなじみの名前だっ!!そっかあ、カッパドキアの端っこにあたるんだぁ、と妙な感動に浸ってます。
    そして、洞窟ホテル、素晴らしい景色ですね〜!そこをチャリで走ったなんて・・・凄すぎるっ!!でも、その画像をこうして見せていただけるんだもの、うっれしいなぁ〜!!ありがとう、とらねこさん!

  10. rubiconeさんへ★
    こんばんは〜♪こちらにもコメントありがとうございます!
    『たくさんのふしぎ』ってなんだろう?^^
    よく分からないけど、ファンタジー好きとしては聞いててワクワクする名前ですね!
    >『ギョレメ村で絨毯を織る』
    うん、そのギョレメですよ!
    人の家なんてほとんど見当たらなくて、行けども行けども荒地でした。
    田舎ですよ。洞窟ホテルはいっぱいありました。
    マウンテンバイクで走るのはすごく疲れちゃうと思います。
    でも気持ち良かったですよ!
    チャリを漕ぐたびに、自分自身が風景に馴染んでく気がしました。

  11. >『たくさんのふしぎ』ってなんだろう?^^
    言葉足らずでごめんなさい・・・これは福音館書店から発行されている月刊絵本なんです。大人が読んでもなかなか面白い(と思っているのですが)シリーズで、トルコ関係だともう一冊その名もずば〜り『地下につくられた町・カッパドキア』(1990年7月)も愛読書です。てへっ!

  12. rubiconeさんへ
    おー!月刊の絵本なんですか??福音館書店ですか、なるほど。
    rubiconeさんて、本当に私の趣味にピッタリなことを教えてくださるので、とっても嬉しいです!ありがとうございます〜。
    『地下につくられた町・カッパドキア』ですか!
    タイトル聞くだけで、あー読みたい!!
    ぐわー!ってなりましたぁ〜!ww




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑