rss twitter fb hatena gplus

*

114●881 歌え!パパイヤ

881歌え!パパイヤシンガポール映画って、すごく珍しい!とそれだけで見に行った作品。
これ、シンガポール映画で、本国では、去年’07年で10人に一人が見ているという、大ヒット作らしいと聞いて、
思わず期待してしまったのでした。音楽映画好きだし。




ストーリー・・・
リトル・パパイヤ(シンディー・オン)とビッグ・パパイヤ(ヤオ・ヤンヤン)の小さい頃からの夢は、ゲータイ(歌台)の歌手になること。2人はパパイヤ・シスターズと名乗り活動を始めるが、歌に感情が込められていないと言われ、お針子のリンおばさん(リウ・リンリン)に猛特訓を受けることに。リンは2人のために、長年疎遠になっていた双子の姉“ゲータイの女神”(リウ・リンリン@一人二役)に助けを求め、女神は2人に願いをかなえることを約束する。女神のパワーと2人の努力で、パパイヤ・シスターズは徐々に人気が出始めた・・・


’07年、シンガポール。
何でも、’04年の『TIME』誌に、「アジアのヒーロー20人」に選ばれたという、ロイストン・タン監督。ちなみに、日本からはその年、柳楽優弥とドラエモンが選ばれたとか。


パパイヤ・シスターズこの映画を見る時に、そもそも“ゲータイ”(歌台)って何だろう?と。
HPによると、シンガポールでは、7月になると、地獄の門(鬼門)が開いて、霊が現世に戻ってくる、という信仰があって、
その帰って来る霊たちを慰め、楽しませるために、開かれるのがゲータイなんだそう。
881 インディアン風そして、この時期に、祖先や無縁仏たちを供養する、という、「ハングリー・ゴースト・フェスティバル」というお祭りが開かれるそうです。
シンガポールの他には、香港・台湾・ベトナム・マレーシアにても、同様の期間が設けられているそう。


こうして見ると、随分と派手そうに見えるんだけれど、祖先や無縁仏を供養する、というと、日本ではお盆かな・・・?それにしては、この派手さ!国民性のあまりの違いに、もはや羨ましいような気すらしてしまう。
ゲータイ、一度見てみたいな。


881 和風正直、ストーリー自体は、お粗末な感じはある。
物語の展開がベタで、思いっきりZ級。何か聞いたことありそうな成功物語なのだけれど、途中から難病ものになって来て、ベタな上にさらに面倒くさくなってしまった(苦笑)
もっと爽やかに仕上げてくれればいいのに、悲しげなテイストが好まれるのかな?

Little papaya(左画像は、リトル・パパイヤ役の、シンディー・オン)。
恋人も作らず、性欲も諦めて、清く正しくゲータイ歌手の道を歩んだはずが、いつしか恋に・・・という辺り、もう少し面白くしてくれてもいいような題材だったのに、すっかり空振りな状態で、あまりにガッカリ。


big papayaそして、途中からリトル・パパイヤがガンが発病。
エンタメ作品であれば、普通は、「明るく元気に!」と行きそうなところだけど、このゲータイそのものの持つ気質のためか、
歌詞があまりに暗く悲惨で、庶民的の悲しさを描いた歌詞が多い。
さらにはメロディーも、前時代的マイナーキーでグイグイ推してくるので、ノリノリになることも(私に限っては)出来なかったのでした。
もともと、こういうテンポの音楽が苦手だからかも・・・。


ドリアン・シスターズこの楽しげな衣装と、うらはらに、あまりに悲しいその歌詞。
衣装の楽しさで目が楽しむ一方で、悲惨極まりない歌詞にドン引きしたり、
そのギャップが面白いっちゃー面白いんだけれど、
途中ですっかりおなかいっぱいになってしまったのでした。

敵役のドリアン・シスターズも、単に悪役というだけでなく、もっとキャラ立ちしていたら楽しかったな。


リンおばさんで、一番キャラ立ちしていた、というとこの人だったんですよ。
リンおばさんと、ゲータイの伝説の女神役の、一人二役を演じたリウ・リンリン。
この人自体、ゲータイの歌手をずっと続けていた人、ということなので、この人が本気を出して歌うシーンが欲しかったところ。
終わってみれば、この人の印象が一番強烈で、主人公パパイヤ・シスターズの印象もかすむぐらいだった!


シンガポール映画ということで珍しいなあと思って見てみた訳ですが、
変わった珍妙な果実を食べてしまって、腹を下しそうになった、という感じ。


でも、ストーリーはおいておいて、この手の音楽が好きな人には、楽しめる作品かな。

881 歌え!パパイヤ@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

935

コメント(5件)

  1. 『881 歌え!パパイヤ』

    ただショーを見せてくれればオッケー。
    ゲータイ(歌台)の歌手になることが夢だったリトル・パパイヤとビッグ・パパイヤの2人はパパイヤ・シスターズを結成する。シンガポール映画というのは、ほとんど観たことがない。『フォーエバー・フィーバー』をVIDEOで観たくらい…

  2. こんにちは♪
    何年か前に「フォーエバー・フィーバー」
    っちゅうシンガポール映画を恵比寿で観た
    ことがありますよ。
    トラボルタの「サタデーナイト〜」とB・
    リーに憧れる青年の青春ダンスコメディと
    言った感じなんですが、まぁこちらもお粗
    末感は否めないと言ったところです。
    が、それでも決して嫌いじゃない作りでした。
    ここ数年タイの映画がオモシロいこともある
    んで、シンガポールなりベトナムなりともっ
    と東南アジアの作品を観たいと思っている
    今日この頃でもあります♪ (゚▽゚)v

  3. とらねこさん、084!
    同じく私もこのテンポの音楽にはどうものれず…。
    笑いあり涙ありで盛りだくさんのはずなのに、どちらにも着いていけなかった感じ。
    シンガポールの人たちはどちらも楽しめるのかにゃあ。
    ホント、珍妙な果実でした。
    でもまぁ、物珍しさがよかったっす♪

  4. 風情♪さんへ★
    おはようございます♪コメントありがとうございました!
    >フォーエバーフィーバー
    あ〜!私も見ました!これ、なかなかでしたよね!
    私はブルース・リーが世界一カッコいいと思ってるんで、見ないわけがありません!
    『サタデーナイト・フィーバー』、実は見たことなかったので、この次に借りてみました。
    比べるとこの2つ、またさらに面白かったな〜!
    タイ映画、面白いのありましたか?
    私ね、今トルコ映画で面白いのないかな〜って、探してるんですよぅ〜。

  5. かえるさんへ
    こんばんは!コメントありがとうございました★
    かえるさーん、ゴーゴー7188♪
    084て!かえるさんてばユーモアのセンスもいい感じス。
    本当、シンガポールの人達には、この笑いあり涙ありなテイストが、一粒で二度美味しいって楽しめるんでしょうか^^;
    私には、あの最後の、カメラがグルグル回って髪が抜けてくシーンとか、ビックリしちゃいましたぁ〜。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑