rss twitter fb hatena gplus

*

104●若者のすべて

若者のすべて’63年、イタリア
ルキノ・ヴィスコンティ監督、脚本
音楽:ニーノ・ロータ
出演:アラン・ドロン、アニー・ジラルド、レナート・サルヴァトーリ、クラウディア・カルディナーレ




ストーリー・・・
パロンディ一家は長男のヴィンチェンツィオを頼り、田舎町南部から大都市・ミラノへと移住を決意する。次男のシモーネ(レナート・サルヴァトーリ)はボクサーとなり、名を上げるも娼婦のナディア(アニー・ジラルド)に夢中になり、次第に身を持ち崩す。やがてナディアは三男のロッコ(アラン・ドロン)と愛し合うようになり・・・。
イタリア南部の移民問題に焦点をあて、ある家族の崩壊を描いたルキノ・ヴィスコンティの傑作(シネマヴェーラ説明より)。


希望に溢れた、都会生活の始まり・・・。
というような楽観的なものではなく、波乱含みの幕開けだ。
兄ヴィンツェは、家族ぐるみで婚約相手の家族と喧嘩になってしまうし、
職もなく、住む家もなく、
都会に家族ぐるみで路頭に迷ってしまう。だが、きっと何でも出来る。
そんな冒頭だった。


そこへ雪が降るシーンが好きだ。
若いばかりで何の取り得もなく、ただ若さを持て余していたところへ、真っ白な雪が降り、
ようやく仕事が出来た、と、野良犬みたいに外へ飛び出していく。
シモーネは寝坊をして、それを皆にからかわれたりして・・。


だんだんのし上がっていく若者たちと、その転落。
放蕩と恋、兄弟の葛藤。


夢中になって見れたけれど、180分という長尺、これはやっぱり長かった・・・。
青春の1ページを描いた物語、というより、大河ドラマのよう。
特にラストの辺りに関しては不満で、大仰なテイストが少々鼻につき、楽しめなかった。


シモーネに対するロッコの態度も疑問だし(結果的には、シモーネとナディアをさらに追い詰めてしまう)、さらには、
ロッコが聖人のようになってしまい、家族に対する“責任”を一身に負ってしまうところ、犠牲的精神が、あまり人間的に思えなくて、思い入れを感じることが出来なかった。
つまり、その善と悪の描き分け、この辺りが正直好みとは言えなかった。


自分にとっては、『ベニスに死す』以来、2作目であるヴィスコンティの作品。
また、アラン・ドロンを見たのも、これが初めてでした。


アラン・ドロンは、なかなかに美しい、存在感のある美男子でしたね、今更だけど。
自分には、なんとなくガエル・ガルシア・ベルナルに似てるように思えちゃった。

若者のすべて@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

858

コメント(4件)

  1. この映画じゃないけど、「山猫」だったかの軽快なアラン・ドロンを見た時、確か、ガエルくんに似てるーって思いましたよー。

  2. かえるさんへ
    こちらにもありがとうございます♪
    アラン・ドロン、やっぱガエルくんに似てると思いました??
    かえるさんは『山猫』がオススメでしょうか?
    アラン・ドロンて、美しいですね。
    この作品では、偽善者なまでに良心の塊という役だったので、もっと複雑な人間性の役がみたいでっす。
    『太陽がいっぱい』を見なくちゃー。

  3. わたし一時期アラン・ドロンがアイドル的存在だったんですよー♪
    で、これもビデオで観ました。
    不良姐さんなアニー・ジラルドが彼とちゃんと恋するようになったのに、彼の目の前で襲われるのが辛くて辛くて。。
    でも映画の出来や善悪などの部分はほとんど忘れてしまいました…。本当の若者だったからあまり考えてなかったのかも、です。

  4. アンバーさんへ
    おはようございます〜♪コメントありがとうございます。
    アラン・ドロンが大好きだった時代があるんですね!
    私、子供の頃母親が好きだって言ってたの覚えてるんですが、もっと男男した人と想像してました。
    自分好みのタイプじゃないんだろうな〜って勝手に思ってたんですよ〜。
    そしたら、意外にも好み系でビックリしました。
    アンバーさんは元々お好きだったんですね〜。
    >不良姐さんなアニー・ジラルドが彼とちゃんと恋するようになったのに、彼の目の前で襲われるのが辛くて辛くて
    私はこの辺りの描写でガッカリしてしまったんですよね。「シモーネをそんなに簡単に悪役に描いてしまうんだ」と。
    少し下品で、堕落しがちな弱い人間だけれど、憎みきれない放蕩者、として描いていたら、物語に深みが出たと思うんですよね。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑