rss twitter fb hatena gplus

*

70●スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリーみずみずしい初恋。小さな男の子と女の子の恋を描いた物語というと、『小さな恋のメロディ』を思い出した。
私がこの映画を見たくなったのは、実は元Blanky Jet Cityの曲に、同タイトル曲(『小さな恋のメロディ』)があったから。




『小さな恋のメロディ』という映画を、見たことがないなら、
早く見た方がいいぜ
俺の血はソイツで出来てる
12歳の細胞に流れ込んだまま、まだ抜け切れちゃいない


この曲を聴いて、「必ずこの映画を見たい」と思っていて。
そのくせ、なかなか実現させず、見たいな〜という思いを、ずっと抱えてたのを覚えてる。
なぜか、「見たいな」という気持ちそのものが大事になってしまう時があって、むしろ実現させてしまうより、抱えているのが大事だった。ちょっと分かりずらいんだけれど、何となくわかってもらえるでしょうか?

私にとっては、その映画を実際に見るより、「この映画は見た方がいいぜ」って歌う浅井さんが好きだったんだろうなと思う。
でも、実際に見てみたら、意外に面白かった。

少年と少女の幼い恋。


特にラストが好きだった。二人だけで駆け出す恋心。


そんな『小さな恋の物語』に似ているなあ、と思ったら、なんと、このロイ・アンダーソンの’69年の『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』は、
この『小さな恋の物語』と、二つセットで同時上映として、’71年に日本公開されたんだ、とか。それを聞いて心が躍ってしまった。
へえ〜。青春二点セットかあ


『小さな恋の物語』が、まだ幼い子供同士の物語なら、
こちらの『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』は、その後の、思春期を迎え、第二次成長期の真っ只中にある、少年と少女の物語。
14歳の少女、アニカ(アン・ソフィ・マリーン)と、15歳の少年ペール(ロルフ・ソールマン)の、初恋の物語だった。


ストーリー・・・
暖かい春の日が降り注ぐストックホルム郊外の療養所。15歳の少年ペール(ロルフ・ソールマン)は、美しい瞳とあどけない仕草の少女に目を奪われた。少女の事が頭から離れなかった。そんなある日、小さなカフェで少女と再会する。少女の名前はアニカ(アン・ソフィ・マリーン)、14歳。高鳴る胸の鼓動が一層ペールを掻き立てる。そして、二人は急速に近づいていき、ただ愛する事の幸せをかみしめていくのだった。ナツの終わり、アニカはペールの別荘を訪れる。きらきらと輝く、太陽の下、口づけの意味も、愛がどういうものなのかもまだ知らない二人の幼い恋は、確かなものへと変わっていくのだった。・・・


自我が発達して、まだ自分を上手に表現出来なくて、思ったことが言えなかったり、目を合わせるのもこわごわだったり・・・という気持ちは、すごく良く分かる。


だから、二人が上手くいき始めると、あっという間に抱き合ったり、意外に早い展開。
恋心と体の成長のバランス、というのがまだ上手く取れていない二人。
・・・とは言え、外国の人達って、初体験早いよね。
体の成長も早いんだろうけど。

少年の初体験で、外国人というと、いつもリバー・フェニックスの初体験を思い出す私。
13歳で、『スタンド・バイ・ミー』の撮影の最中、と後で聞いて、心を痛めたのが17歳の時の私ですよ。「私だってまだだって言うのに」・・・とか思いながらw。ま、それは余談ですが。


それにしても、やはり少女が先に大人になったカップルだからこそ、こうしてすんなりと事が運んでしまうんだろうな、って、あの部屋で抱き合う二人を見て思った。
だってー、マズイよ、あんなに足出したら。
ワンピース一枚なんて、単なる布のキレッ端じゃないか!なんて、こっちがハラハラしながら見てしまったということは、もう私は十分イイ年だからか!?


私も、足を出す格好が好きだったけど、うーん、もうちょっと自分を出し惜しみしようぜ。とか思ってしまった。だってさ、こう、両思いってのが楽しいんじゃない。
十分、純愛を楽しんで、我慢に我慢をしてからにしようぜ。
だって、私は、もっと初恋なんて紆余曲折、七曲も八曲がりもして、元の目的地がどこだったか忘れるくらい、グルグル遠回りしてしまった初恋だったんですけど・・・。苦かったなあ、初恋


あんまりスンナリ体の関係を結んでしまう彼らに、それほど共感が出来たわけではない。
私なんて、私なんて・・・や、またそれは次回の時に(笑)。


とにかく、彼らの初恋に巻き込まれた大人たちの姿も、どこか滑稽で、ほろ苦く可笑しかったり。
同監督の『愛おしき隣人』にありそうなエピソードだったりもした。
私は『愛おしき〜』の方を先に見たのだけれど、こちらの『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』の方が私は好み。

初恋の甘さも苦さも、ホロリと甦る作品。

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー@映画生活

 

関連記事

『キャロル』 女性の心理はファッションに表れる

行間こそ映像力!…と、最近思う。 物語の合間に立ち昇ってくる何か。 こ...
記事を読む

『三人の結婚』 恋愛はいつだって修羅場ゲーム

恋愛の駆け引きはゲームに見せかけて、真剣勝負。 ドワイヨンの恋愛活劇は...
記事を読む

『アタラント号』 夫婦は何かを乗り越えるべし

「映画史上の傑作」特集にて、ようやく鑑賞が叶った作品。何故見たかったか...
記事を読む

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って』 ロープウェイ映画の傑作

バフティヤル・フドイナザーロフの、『少年、機関車に乗る』に続いての長編...
記事を読む

『ラブバトル』 男と女はいつも泥沼

齢70歳にして、これですか〜… いやあ、フランス人はさすがだな!
私の...
記事を読む

1,180

コメント(6件)

  1. 『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』 (1969)

    みずみずしさと甘酸っぱさに胸キュンキュン。
    ストックホルム。15歳の少年ペールは、14歳の少女アニカに出会う。本国スウェーデンでは公開当時70万人動員の大ヒットを記録した本作は、日本でも1970年に『純愛日記』という邦題で、『小さな恋のメロディ』と同時公開されて…

  2. とらねこさん、こんばんは。
    有閑倶楽部の一同が美童の故郷スウェーデンを訪れた際、黄桜さんが「フリーセックスの国よ」とはしゃいでいたことが印象的でしたー。
    テレビで垣間見た欧米のティーンズってば、昭和の日本少女から見たらエラくおませさんでした。
    日本じゃ金八先生の杉田かおるの15の母がせいぜい。
    14、15の頃、好きになるといったら、クラスメートの男子が相場な狭い世界だったな。
    映画は気に入りー

  3. まわりの大人がこぞってとんちきなのがロイ・アンダーソン風味でしょうか
    >ワンピース1枚
    スウェーデン人は風呂上りに全裸(『フローズンタイム』)のお国柄ですから出し惜しみしないんですよ、きっと(笑)
    あの状況で純愛を楽しむ余裕はないです!(断言)
    頭の血が全部暴れん坊将軍の方にいっちゃうから(笑)
    >小さな恋のメロディ
    あ、やっぱBJCの方ですか、筋少の方じゃなくて(笑)
    字余りロッカー浅井健一の書く詩はいいですよね
    なお美の血はワインでできてるらしいけど浅井氏の血は「小さな恋のメロディー」でできてる!
    もう、おまいら血液型は何型よと(笑)
    ディズニーランドに行くと「ディズニーランドへ」を思い出して軽くへこみます
    それがわたくしのBJC後遺症…

  4. かえるさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    >有閑倶楽部の一同が美童の故郷スウェーデンを訪れた際、黄桜さんが「フリーセックスの国よ」とはしゃいでいた
    おお、かえるさんもですか!私も、小学生の時にこの漫画のこのシーンを読んだのですが、その後この一言を忘れたことはないです。
    私にとっても、スウェーデンと言えば、美童の国、フリーセックスの国ですよ。
    私のオキニは、頭の空っぽな体力自慢の悠理ですけど^^v
    14,15ですか・・・私の一番モテた時代です(苦)
    私の時代は終わった。

  5. みさま
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    >まわりの大人がこぞってとんちきなのがロイ・アンダーソン風味でしょうか
    ギャッハッハ〜!!
    朝起きて、まず第一に大爆笑してしまいましたヨ!ありがとうございます〜♪
    本当、あの湖の出来事は、あっけに取られましたがな。
    な・なんだか、意味の分からないシーンでしたけどw
    ワンピース姿のフトモモの眩しさは、少年の目に毒でしたよね。
    女の子がまた、かわいいんですよね、これがまた。
    >筋少の方ではない
    あー、そうでした、そうでした。
    ごめんなさい、私、筋少って、『レティクル座幻想』までしか聞いてないので、『キラキラと輝くもの』は知らないんですよ。
    一番好きな曲は、『これでいいのだ』だし。
    ヒャッハ〜★なお美の血はワインで出来てるんですね〜。
    彼らは、もはや献血するナ!って感じですね。
    浅井さんが「字余りロッカー」って素晴らしいネーミング〜
    あー、なんだか今になって、もっとBJCが聞きたくなってきました。
    『ディズニーランドへ』も知らないですよ、私・・w

  6. スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー

    「愛おしき隣人」と同時上映された「A Swedish love story スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー」(69)は、巨匠ロイ・アンダーソンが弱冠26歳で創り上げた、奇跡の長編デビュー作がデジタルリマスターで甦る!!
    ベルリン国際映画祭で批評家特別賞など4冠に輝き、日本….




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑