rss twitter fb hatena gplus

*

63●yoriko(舞台挨拶つき)

yori


 


 


 


 


 


 




モナコ国際映画祭2部門受賞(「ベストオリジナルアワード」、「ベストライターアワード」)、記念上映(シネマライズで1週間のみ)
舞台挨拶つきの回に行ってきました。
この映画のHPは → コチラ




ストーリー・・・
駆け出しの作家・稲泉悟(高田宏太郎)は、アルバイトで日々の生活を繋ぎながら小説を書いている青年。そんな彼のもとに、出版社で働く友人・明日香(桂亜沙美)から仕事の話が舞い込む。
悟は原稿を携えて編集長・鹿島(寺田農)のもとを訪れるが、「魂が感じられない」と一蹴される。しかし、悟の才能を見込む鹿島は、ラストチャンスという条件で、自分の別荘を創作活動の場として提供することを申し出る。
静まり返った別荘でひとり執筆を試みる悟。しかし思うように筆は進まず葛藤する日々。 そんなある日、悟は海辺で美しい女と出会う。
寄子(櫛山晃美)と名乗るその女と、悟はごく自然に日々を積み重ねてゆく・・・


監督は長編映画初の棚木和人。原作は、香月秀之。
原作者自身の話によると、18年前に太秦の撮影所で助監督時代から、ずっと構想を練っていた作品で、自分もこの作品で監督デビューをと考えていたとか。
何か因縁的なものを感じる、との話でした。


主演の櫛山晃美は、この映画が初主演だとか。すごく細い人で、手足が長く、この映画と同じ髪型をしていたのが印象的。
「この頃自分は太っていて、自分でモナコで大画面で見て、笑ってしまった」と強い語調で本人が語っていました。
確かに、こうして映画で見ると、すごく顔がふっくらしていて、ほっぺなんかもモチモチ。あまり言いたくないけど、確かにちょっと顔は大きく見える。


だけど、「そんな風に自分で言う事ないのにナ・・・」と思ってしまった。
この映画の時だって、別に太ってないんだよ。細い人ではあるんだけど、顔はきっと、なかなか痩せないんだよね。
きっと気にして、ダイエットたくさんしたのかな。・・・
実際に舞台挨拶で見た櫛山さんは、ものすごくガリガリでした。
映画やTVで見ると、実際より横幅が広く見えるということだし、きっとすごく本人は気にしたのかも。

私の友達にも、綺麗なのに、「顔が大きい」と言われて、ずっと気にしていた子がいたせいか、そう言う気持ちがすごく分かる気がした。

物語は、輪廻転生を描いた恋愛もの。
全体的に、すごく静かにユッタリしたフレームが、優しく流れる。

ただ、もったいないことに、正直言って、逆光が多すぎなんですよね。
全体が白っぽすぎて、光を思い切り反射してしまっていた。画面が見ずらくてかなわない・・・。疲れた。
主人公の顔をせっかく映しておきながら、逆光で表情まで読めないなんて、どういうことですかね。
自然光で出来るだけ映そうとしているのは分かる。だけど、光がまるでホコリでもあるかのように、全体を白っぽくしてしまっているのは、初めて見たかも。
せっかくのフレームが台無し。・・・


不思議な映画で、なんとなく人の心に残るような、そんな映画が作りたいんだろうなあ、という狙いは分かる。
ツッコミどころはたくさんあるけど、ま、置いといて。


でも、こんな風に、異空間のような砂浜で、かけがえない恋人と過ごす。
それだけの物語なんだけれど、その、静かな、切り取られた時間は、ある種永遠性があって、こういうのに憧れる原作者の気持ちはすごく分かるなぁ。
そこだけ別の宇宙空間のように、現実から少し遠い場所に存在する、忘れられた場所。


思い出せない前世の恋人に、もし出会ったら、
一体どんな気持ちがするんだろう・・・。

yoriko@映画生活

 

関連記事

『キャロル』 女性の心理はファッションに表れる

行間こそ映像力!…と、最近思う。 物語の合間に立ち昇ってくる何か。 こ...
記事を読む

『三人の結婚』 恋愛はいつだって修羅場ゲーム

恋愛の駆け引きはゲームに見せかけて、真剣勝負。 ドワイヨンの恋愛活劇は...
記事を読む

『アタラント号』 夫婦は何かを乗り越えるべし

「映画史上の傑作」特集にて、ようやく鑑賞が叶った作品。何故見たかったか...
記事を読む

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って』 ロープウェイ映画の傑作

バフティヤル・フドイナザーロフの、『少年、機関車に乗る』に続いての長編...
記事を読む

『ラブバトル』 男と女はいつも泥沼

齢70歳にして、これですか〜… いやあ、フランス人はさすがだな!
私の...
記事を読む

528

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑