rss twitter fb hatena gplus

*

59●ランジェ公爵夫人

ランジェ公爵夫人ここに出てくる恋愛は、まるで負けるわけにいかないゲームのようなもの。
だけど、恋心より理性が負ける時が来たら、それに命をかける。挙句、殉死する・・・。



ストーリー・・・
パリの華やかな舞踏会でランジェ公爵夫人(ジャンヌ・バリバール)は、モンリヴォー将軍(ギヨーム・ドパルデュー)と出会う。公爵夫人に激しい恋心を抱くモンリヴォー。公爵夫人は思わせぶりな振舞いで彼を翻弄し続ける。追い詰められたモンリヴォーは、たしなみや信仰を理由に拒絶する公爵夫人を、誘拐するという手段に打って出た・・・

’06年フランス・イタリア。ジャック・リヴェット監督。

こうした、ヨーロッパの貴族の社交界での恋愛話、なんていうものは、そもそも、日本人にとって、それほど身近に思えるものではないかもしれない。
ここに出てくる人々の宗教観も、
現代の日本に住む私たちには、少し遠い価値観かもしれないなあ・・・。

私は、この原作は読んでないけれども、バルザックの力強い筆致によって語られる雄弁な物語は、この映像化した作品よりはずっと分かりやすいものでは、と予想する。

地元社交界のスター的存在で、身分も家柄も申し分なく、かつ美貌でも聞こえたランジェ公爵夫人にとっては、モンリヴォー将軍との出会いは、初めは退屈しのぎの恋愛ゲームにしか過ぎなかった様子。
薄暗い灯りを点して、誘惑するポーズを様々に工夫を凝らす夫人。
おそらく、この遊びこそ、彼女のこれまでの人生の中でも、楽しみの一つであったのだろう。でもその遊び自体、それほど深入りをするものではなく、あくまでも気晴らし程度かもしれない。
男に対して、本気で気を引いてどうこう、というのではなく、あくまでも気紛れなもの。そうそう簡単に浮気をするつもりはなく、自分の評判を貶めるほど悪女ではなかったのかも・・・これは、最後になってよく分かる。

モンリヴォー将軍についても、その風貌や見た目に惹かれていたかは定かではなく、彼の経歴を一風変わったものだと思っていたぐらいかもしれない。
自分の見たこともない砂漠や前人未踏の地やら、ナポレオンの下で勇敢に戦ってきた彼の話を聞く彼女の態度も、本気でその冒険に思いを入れて聞いている、という風には見えない。
むしろ、自分の手練手管が成功しているのかどうなのか、そちらの方が気になるし、自分の思うような褒め言葉が聞けないことを、物足りなく感じていたのかもしれないと想像する。

だが、このモンリヴォー将軍は、本当に純粋なのか、何度も彼女の甘言に乗って、まっすぐに彼女の家に通うようになってゆく。
初めの頃の彼女にとっては、舞踏会の最中に、話題の将軍を連れ回す方が面白かったに違いない。決して体を許すことなく、将軍の気持ちだけを翻弄してゆく。
だが、それがある日逆転してしまう。

モンリヴォー将軍の取った、ランジェ公爵夫人を誘拐する、などという手荒なやり方は、むしろ彼女の行動守備範囲内から逸脱する、ということでその殻は破れたのかもしれない。
ランジェ公爵夫人の私室や、舞踏会会場、という「彼女の支配する」空間でない場所で、全く違う扱いを受けるというのは、思ってもみないことだったのかもしれない。
「奴隷のように焼きごてを顔に施す」と言われて逆に、被虐的な笑みを浮かべるのだ。本当は、支配するより、被支配を受けてみたかったのではないだろうか?

それがキッカケで、将軍に対して一人、思いを募らせ始める夫人。
恋愛が、彼女主導のゲームでなくなった辺りから、全てを失う覚悟をしてゆくのだ。

ここに描かれる二人の、肉体が中心でなく、あくまで恋愛が精神的なもののみで成り立っている辺りに、まず現代の人には共感しづらいかもしれないけれど・・・。

でも、肉欲、というものを絡めずに、相手の男を、あるいは女より、上に立とうとすることの、いかに難しいことか・・・。
相手を支配するとか、被支配の関係で居るというのは、なかなかやろうとすると大変なことだったりする。
相手より自分の愛が大きくなってしまった方が負け・・・。

ただ、この作品は正直、映画としてはそれほどの出来映えとも自分には思わなかったかな。たぶん自分は、原作の方が好きかも・・・。
バルザックは大好きなので、私の期待が大きすぎたのだと思うんだけれど。
同じフランスの、いい年した男女の深い恋愛モノ、というと、『イザベル・アジャーニの惑い』の方が私は好き。見ているだけで辛くなってくるような、泥沼っぷりを発揮していたように思う。

ランジェ公爵夫人@映画生活

 

関連記事

『キャロル』 女性の心理はファッションに表れる

行間こそ映像力!…と、最近思う。 物語の合間に立ち昇ってくる何か。 こ...
記事を読む

『三人の結婚』 恋愛はいつだって修羅場ゲーム

恋愛の駆け引きはゲームに見せかけて、真剣勝負。 ドワイヨンの恋愛活劇は...
記事を読む

『アタラント号』 夫婦は何かを乗り越えるべし

「映画史上の傑作」特集にて、ようやく鑑賞が叶った作品。何故見たかったか...
記事を読む

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って』 ロープウェイ映画の傑作

バフティヤル・フドイナザーロフの、『少年、機関車に乗る』に続いての長編...
記事を読む

『ラブバトル』 男と女はいつも泥沼

齢70歳にして、これですか〜… いやあ、フランス人はさすがだな!
私の...
記事を読む

1,098

コメント(9件)

  1. こんばんは。
    私も観てきましたが、平日のせいか回りはほとんどシニア!だってバルザックの名作なのですものね。
    しかし、私も原作を読んでいないのでわかりませんが、きっと原作のほうがよかったのでは?
    とにかく会話が多く、眠気をこらえるのに必死でした。「美しき諍い女」の監督なので、ある程度覚悟はしていましたが・・・・観る方も忍耐が要りますね。最後のほうでやっと理解できましたが、この作品は映画にするのは難しいのかも?

  2. cinema_さんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    そうなんですよ、原作は、バルザックということで、やはり客層がちょっと上のようなんですよね。
    私バルザック、大好きなんですよ〜。
    ただ、私もこれ原作を読んでないんです。
    バルザックは昔から、大好きで、本は隈なく読んでいたつもりだったのですが、この原作は、これまで一度も見たことなかったんですよ。
    でも確かに、物語の起伏がそれほどなかったんですよね。
    眠くなっても仕方がないかもです・・・w。
    こういうのって、本で読む方がきっと心理が伝わりやすいのかもしれませんよね。
    本が読みたくなりました(ただ、まだハードカバーで高いんですよね)。

  3. 真・映画日記『ランジェ公爵夫人』

    JUGEMテーマ:映画
    4月8日(火)◆769日目◆
    一日中、雨&強風。
    特に、朝、家を出た時がひどかった。
    仕事をサボりたくなったくらいだ。
    ここが普通に働く人とニートの分かれ目なんだろうね。
    で、雨の中、なんとか働きましたよ。
    働いた後は、映画ですよ。

  4. ジャック・リヴェット監督作品「ランジェ公爵夫人」

    フランス映画作家の中で、私が最も敬愛しているジャック・リヴェット監督の最新作「ランジェ公爵夫人」を、神保町の岩波ホールで見た。

  5. 「ランジェ公爵夫人」

     2006年/フランス、イタリア
     監督/ジャック・リヴェット
     出演/ジャンヌ・バリバール
         ギヨーム・ドパルデュー
         ミシェル・ピコリ
     文豪バルザックの名作の映画化。
     19世紀のパリ。舞踏会の華であるランジェ公爵夫人は、モンリヴォー…

  6. ◇『ランジェ公爵夫人』◇

    2007年:フランス+イタリア合作映画、ジャック・リヴェット監督&脚本、ジャンヌ・バリバール、ギョーム・ドパルデュー、ミシェル・ピコリ共演

  7. ランジェ公爵夫人

    監督:ジャック・リヴェット
    (2007年 フランス/イタリア)
    【物語のはじまり】
    ナポレオン軍の英雄モンリヴォー将軍(ギョーム・ドパルデュ…

  8. ランジェ公爵夫人

    交わされる言葉の紡ぎだす官能と悦楽、息詰まるような愛と途方もない情熱。
    そして、業火の苦しみ__恋愛心理の不可解さ、愛の魔力に翻弄される。
    物語:1823年、ナポレオン軍の英雄アルマン・ド・モンリヴォー将軍は、スペインのマヨルカ島にあるカルメル会修道院ミサ…

  9. ランジェ公爵夫人

    2006 フランス イタリア 洋画 ドラマ 文芸・史劇
    作品のイメージ:切ない、おしゃれ
    出演:ジャンヌ・バリバール、ギョーム・ドパルデュー、ビュル・オジエ、ミシェル・ピコリ
    「恋の駆け引き」なんて言うと、なんとなくシェークスピアを連想してしまうが、本作はバルザ…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑