rss twitter fb hatena gplus

*

17●神曲

神曲この日は、『かえるぴょこぴょこCINEMATIC ODYSSEY』のかえるさんと、『シャーロットの涙』のシャーロットさんに、偶然にも『静かなる一頁』にて、バッタリお会いしたのでした。




“偶然”ていうのが大好きな私なので、
その場の空気とか、流れ、これらを大事にする方が、人生は楽しい、と勝手に決めています。
自己流や、自分なりのチョイスを貫くのももちろん、自分は好きなのですが、
今回はそんな訳で、かえるさんと一緒にこの作品を鑑賞してみました。

’91年、ポルトガル・フランス。
マノエル・ド・オリヴェイラ監督作品。
現在生存する、最長齢、99歳の監督というオリヴェイラ。
1908年12月8日生まれ、ということは、今年で丸百歳・・・。凄い。


そして全く何の知識も持たずに見たこの作品、実は『静かなる一頁』と、偶然の一致があって、さらにビックリしてしまいました。
この作品では、『静かなる〜』同様、ドストエフスキーの『罪と罰』のシーンが出てくる作品だったのでした。
『罪と罰』は、私は学生の頃からずっと大好きで、時折読み返すドストエフスキーの作品群の中でも、一番多く読んで、何度も繰り返し考えたテーマでもある作品。
それが一日の内に、全く期せずして、二度も出てくるとは・・・。


こちらの作品では、さらに『カラマーゾフの兄弟』のシーンも使われていて。
最近、新訳が出たので早速購入し、もう一度読もうかな、と思っていた矢先だったのでした。


この作品は、ダンテの『神曲』ではなくて(コチラの方は最初の数ページで断念)、現代に甦った神と人間というテーマを、精神病院を舞台に繰り広げられる、という、とてつもなく風変わりな作品でした。
その際に、聖書と、『罪と罰』、『カラマーゾフ〜』が出てくるのでした。・・・
本気なのか演じているのか、これらの主人公が憑依した登場人物が登場し、これらの場面を演じている。・・・


初めは精神病院に入院している人達なのだ、と考えて見ていたにも関わらず、見ている方はいつしかそれを忘れてしまう。
人間の大事なテーマであるこうした物事を、忘れてしまっている人達が、正常と見なされるのかも?

神話の世界を現代に偶像的に甦らせる、というやり方で描かれたわけではなく、精神病院を舞台に、こうした物語が交差する形で繰り広げられるという手法。
自分の好きな文学が、こうした語りで描かれるのは、あまり喜ばしいやり方ではないけれど、それらを忘れていつしか没頭してしまった。
あまり没頭すると、アチラ側に自分は位置してしまうことになるのかな・・・。


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

824

コメント(2件)

  1. そのせつはどうもー♪
    私も折角の流れには乗りたいタチです。
    とりわけ、1杯呑むとかそういう流れにはー。w
    シンクロニシティだとか偶然の一致というものも大好き。
    1日に観た2本の映画のテーマが何とはなしにかぶることって結構よくあるんですが(こじつけも含め。28週後とヒトラーの贋札はサバイバルつながりなどー)、それにしても「罪と罰」アゲインにはビックリ嬉しかったですー。
    私ときたら、「罪と罰」はマンガでしか読んでなくて(笑)、「白痴」も途中で挫折して、カラきょうどころじゃないって感じなんですが、やっぱりドストエフスキーは読まなくちゃー。
    この映画の構造はまったくもって説明できませんが、イントラスティングでした。
    長老の考えることは突き抜けていておもしれーです。
    そうか、今年100歳になるのかー。

  2. かえるさんへ
    こんばんは〜★コメントありがとうございました!
    その節は大変お世話になりました。ご馳走さまでした!次回バッタリの際には、私がワインでも奢らせていただきますね
    で、かえるさんのおかげでこの映画を見ることができました。ありがとうございました!
    全くもって構造が説明不可能な映画でしたが(笑)、一場面一場面は、好きなシーンが多くて楽しめました。
    シンクロニシティ、共時性というものには、私も神秘性を感じてしまうタイプだったりします!
    『罪と罰』には驚きましたよね。おかげで、忘れがたい一日になりました。
    流れに乗って進むのが好きとは、素敵ですー♪
    今年で百歳ですもんね、本当長老・・
    誕生日を無事に迎えられることが出来ることを祈っています。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑