rss twitter fb hatena gplus

*

14●静かなる一頁

sokulov’93年、ロシア・ドイツ。アレクサンドル・ソクーロフ監督。
原作は、ドストエフスキー『罪と罰』。
『罪と罰』の興味深い1考察。




ストーリー・・・
霧に濡れそぼったように古びた建物が建っている。その建物の影が水面に浮かび、白い鳥が飛び交う。波止場の階段には人々が佇んでいる。アーチ状の地下通路のような街路を主人公の若者(アレクサンドル・チェレドニク)が歩いている。金を無心にくる男をかわしているうちに、嬌声をあげた女たちの渦に巻き込まれてしまう。遠くでは、老婆殺しのニュースに人々がざわついている。 若者は、聖なる娼婦(エリザベータ・コロリョーヴァ)に出会う。・・・


冒頭の台詞で、「老婆殺し」が伝えられるので、この物語が『罪と罰』を描いたものだと分かるが、最後までラスコーリニコフの名前も、ソーニャの名前もとうとう最後まで出て来ない。出てくるのは、ソーニャの叔母の名前だけだ。
最後のソーニャとラスコーリニコフの会話にしても、原作とは少々違うものになっていて、終わり方も途中で区切っているし、もちろん出だしも違う。
ほとんど、ドストエフスキーを用いて、とても見事な別の作品を撮ってしまっている。


ほとんど言葉が無く、長い長い1カットが進んでゆく。
水から蒸気が揺らめいて、廃墟のようなところを、迷い進んでゆく青年。
罪の葛藤とそれまでの自分の思いとの相克の中で、何かが圧倒的に変わってしまい、苦しみもがく有り様を、全く言葉もなく、ただその映像のみで表現していて、見事な冒頭だ。
私は、この映像を見ていて、頭がおかしくなってしまいそうだった。
とても興味深い。
ラスコーリニコフは、原作ではもっと饒舌で、だが罪の意識に囚われ始める。
その有り様が原作では、一見分からない中に、少しづつ描かれていくのだが、
原作ファンは、この映像を見たら、喜んで声を上げたくなるかもしれない。
こんなやり方があるんだと!


私は、この映像から、ラスコーリニコフの苦悩から、解放されて逃げ出したくなることを見ている途中、本気で望んだし、
一方で、これはいよいよ素晴らしいぞ、と、身を乗り出して見てしまった。


街で「羽根のように軽い」と、襟首を掴まれて、持ち上げられる貧乏青年。
彼は、ほとんど何も食べていなくて、痩せ細ってしまっている。だが、食べることをほとんど思い出さないかのようだ。


次に街に出る時に、傍に転がっていた石をポケットに詰める。少しでも重くするために。


川に立ち上る蒸気は、冷たい川に家庭の排水が流れ込むためだろうか?、と自分なりに考えた。
本当は、人の家庭が、営みが、すぐ傍で行われているのに、それに合い交わることがなく、立ち上る水蒸気。
まるで別次元のどこかに生きているかのように、幻のように霧が包む。
そこが廃墟であるのは、彼の心の中なのかもしれない。

ワイワイガヤガヤ人の声がして、まるで熱病に浮かされた時のように音が遠ざかり、
影法師だけが映る水面。


聖なる娼婦、ソーニャに向かって、宗教など無いと履き捨てる青年。
原作の会話はもっと長いし、かなりソクーロフの味付けになっていて、だいぶ変わっている。
だけど、ソーニャに罪を告解しているうちに、彼の中で微妙に何かが動く、それは一緒だ。


石の像の間にうずくまる青年。こうべを垂れて、前足を片足垂らした石の像は、青年が持たなかった謙虚な心のようだ。
足の間に身を横たえて、その乳房の水滴を舐める青年。
それはソーニャとの会話の後で、禁断のエロティシズムを一時思い、そして不思議に癒される青年の姿だ。密やかに冒涜的でもある。

原作ではその後大地に口づけする、という激しさの手前にあって、ここで区切ってしまう、そのことに驚きを禁じえない。
「静かなる」、とあるが、どうしてどうして。
その一頁には、声高に語られなかった何かが、密やかに紛れもなく、だが大胆に語られている。

静かなる一頁@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,407

コメント(2件)

  1. こんばんは。
    観たい!記事を読んでめちゃめちゃ観たい!になりました。
    言葉のない語り、というのがソクーロフ的でいいですね。
    「罪と罰」は映画化不可能・・といわれて、「ならばおれが撮る」とソクーロフは言ったとかで?
    すごい自信。

  2. manimaniさんへ
    こんばんは♪コメントありがとうございます!
    見たくなりましたか☆そう聞いて、うれしいです。
    そうですね、言葉がないのに、やたらと重苦しさを表現してました。
    これから、実は『牡牛座 レーニン・・』見て来ます!
    『罪と罰』は映画化不可能、って言われてたんですね!そう言われて映画化しようとする、っていうのがカッコいいですよね。
    ソクーロフならではの表現、というのも面白かったです。
    ドストエフスキーそのままではないですけど。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑