rss twitter fb hatena gplus

*

#180.ある愛の風景

ある愛の風景『しあわせな孤独』、『アフター・ウェディング』のスザンネ・ビア監督、’04年デンマーク映画。
発表された順番で言うと、この間にあたる。
’05年、サンダンス映画祭観客賞受賞他、いくつかの賞を受賞している。でも、「観客賞」というのがいいじゃないですか。




ストーリー・・・
美しい妻サラ(コニー・ニールセン)と二人の可愛い娘と幸せな日々を送るエリート兵士ミカエル(ウルリッヒ・トムセン)に、戦禍のアフガンへの派遣が命じられる。刑務所帰りの弟ヤニック(ニコライ・リー・コス)は、兄とは対照的に定職もなく独身で家族からも孤立していた。突然サラの元にミカエルの訃報が届く。その喪失感をサラと共有することで、初めて他人と心を通わすヤニック。そしてある日別人のようになって帰国するミカエルだった。・・・


丁寧に描かれるキャラクターの心理。これから起こることを予感させつつも、物語が進んでゆく・・・、この手腕は、高い評価に値するものだと思う。
その後の『アフター・ウェディング』と同じ、人間の奥深いところをしっかり描き、人間にとって一番大切な、人生の命題というべきテーマを力強く描いている作品だった。


この作品のコピーに描かれる、「その幸せに自信がありますか?」。
しっかりテーマを汲み取った言葉だと思う。
そうなのだ。美しい妻に、かわいい娘たち。なんの不満もない生活、自信たっぷりに幸福な家庭を築いていたはずの、冒頭のミカエルの人生だったはず。
不慮に起こる出来事によって、否がおうにも変わってゆく。


戦禍のアフガンに派遣され、撃墜される、ということが、’04年のデンマーク映画で描かれていた、ということにも注目に値する。ハリウッドは、ようやくこの辺りを着手し始めたばかりだというのに。
さらにここでは、誰にでも起こりうる出来事として、人生の中に戦争が描かれている。
しかもアフガンが直接的に描かれているというこれは、この頃には特に意味があることのように思う私だ。


しかし、戦争そのものでなく、テーマとしてあるのは、人の絆、家族に対する思い、夫婦の愛情、兄弟間の葛藤、親子の葛藤・・・
全ての人物の価値観や考え方が、それぞれのダイアローグに含まれていて、それが全て自然なこととして流れるように物語が進んでゆく。
そして何より、人々の微妙な心理描写が巧みに描かれ、その全てが繋がってゆくために、一つもわざとらしさというものがない。


主人公、ミカエルが戦争に出発する前にあった、幸せというものは、その完璧さを失い、ヒビが入って壊れてしまったかのようだ。元には決して戻らない。
だが最後に、この監督の描く、それらを超えたところにある何かには、決して“絶望”はない。それが救いだ。

予定調和はまるでないのに、この強さは一体何だろう?と私は思う。
「人生は矛盾に満ちているけれど、この愛は変わらない。」
彼の中で何かが壊れてしまった後に、やはり残るのがその思いだったのだろうと。


それから、酒飲みのダメ男に思えたヤニックも、実は初めのディナーのシーンで、「悪い人をやっつけに行くの」と言った子供に向かって、「悪い人となぜ分かる?」と言う一つの台詞があり、彼が本当は戦争に反対しているのだと分かる。
それから、ミカエルが帰って来た後の、子供が何気なしに口にする台詞、これらの変化にも、実はヤニックの影響があったのだろうと想像される。
とは言ってもこれらは大筋とは関係ない話だけれど。


それから、弟ヤニック役のニコライ・リー・コスは、『しあわせな孤独』でこの監督さんと組んでいたよ。ちなみに、『アフター・ウェディング』でこの監督さんと組んだマッツ・ミケルセンも、『しあわせな孤独』でそれぞれ、タッグを組んでいたのでした。
今までのところ、この3作は全て見たけど、私は『しあわせな孤独』だけ、メロドラマ風に感じてしまい、それほど好きではなかった。
ただ、いずれにせよ、どの作品も、一筋縄ではいかないというのは、この人の特徴かもしれない。今後も注目したい人になりました。

ある愛の風景@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,383

コメント(24件)

  1. まだ見に行っていないのですが、“第一印象”を大切にしたいので、最初にDVDで見たときの感想をTBさせて頂きました。
    英語字幕の意味を取り違えている部分や、全く理解していない部分もあるかとは思いますが・・・
    >しかし、戦争そのものでなく、テーマとしてあるのは〜
    戦争その物の是非についてくどくど語るのではなく、“一個人の物語”として描かれているところが好きな部分です。
    変わってしまったモノと変わらないモノ、人間の脆さと強さ、色んな部分に共感する事が出来ました。
    スザンネ監督の作品をリメイクした「ラブ・ファクトリー」と言う、ロマンティック・コメディはご存知ですか?
    かなり大好きな作品なので、何時かはオリジナルを見てみたいと思っています。
    オリジナルでは「アフター・ウェディング」のクヌッセンが主役の1人なんですよ。

  2. 哀生龍さんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    戦争に対する思い、というのはおそらく強くあったと思いますが、おっしゃる通り、それを一人の個人的な話に消化していましたよね。
    そうですね、変わった部分と、変わらない部分・・・
    すごく人生そのものの大きさを感じました。
    >『ラブ・ファクトリー』
    これ、知らないです★教えていただき、ありがとうございます。
    ロマンチック・コメディということは、スザンネ・ビア監督のテイストとは結構違っているのでしょうか。
    で、これもやはり、オリジナルがまだ日本語のものが入手不可能なんですね〜。なるほど・・・。
    『アフター・ウェディング』のクヌッセンが主役ですか。同じ人を使う好んで使う監督さんなんですね。

  3. アフター・ウェディングも
    是非観てみたい作品ですねえ
    この監督の丁寧な描写は気に入りました
    きっかけは戦争じゃなくとも ひとつの
    出来事が人間帰ることもあるですねえ
    とても ココロに残りました

  4. ある愛の風景

    2004年制作/デンマーク 117分
    デンマーク・アカデミー賞で最優秀主演女優賞を獲得し、ハリウッドでのリメイク企画も進行しているデンマーク映画。生存が絶望的になった夫の戦死を告げられた家族と、別人のようになって奇跡の生還を果たした夫のドラマが展開する。監督は最…

  5. 感想/ある愛の風景(試写)

    すげえところを衝いてくる。『ある愛の風景』12月1日公開。弟のヤニックが出所した日、ミカエルはアフガニスタンの復興支援へ。その地でミカエルの乗ったヘリが撃墜されたという報せが届き、遺された妻・サラと2人の娘、そしてミカエルの家族は哀しみに暮れる。しかし、死ん…

  6. HARさんへ
    初めまして!コメント&TB,ありがとうございます!
    『アフター・ウェディング』は今も上映中ですよ★
    こちらの方が実は先だったんですよ!
    この監督さんの人物描写は、ものすごいものがありますよね。
    人と人の関係は、本当に難しいですよね。
    彼はずっと暗闇の中で戦ってたんですよね、きっと。
    心を開いて耳を傾けてくれる人がいるのって、なんて素晴らしいんでしょう。・・・

  7. ある愛の風景

    「ある愛の風景」の試写会に行って来ました。
    以前に観た「アフターウエディング」が、なかなか良い映画だったので、期待して観に行きました。
    けして悪い作品ではないのですが、「アフターウエディング」に比べると、物足りなさを感じてしまいました。

  8. こんにちは。
    子供達の描写も何気に鋭くなかったですか?
    お姉ちゃんなどは難しい年頃の女の子の繊細さを感じたんですが。ただ無邪気な子供達っていう感じでもなく。
    私も3作品を見ましたよ。私はアフター…が好きかも。公開の順番が違うので戸惑いますけど、段々とパワーアップしてる感じですかね〜

  9. ある愛の風景

    自然でリアルな映像と静かな音楽。そして痛々しくも心をつかんで離さない繊細な心理描写。

  10. シャーロットさんへ
    こんばんは〜♪コメントTBありがとうございました。
    子供の描写ですか、確かに、「普通のかわいらしい女の子」としては、全く描かれていなかったですよね。母が心配に思ったり、変わってしまった父親に、すぐに反応してたのも子供でしたよね。
    私も、『アフター〜』が一番好きなんです!
    おっしゃる通り、私も逆の順番で見たんですよ〜。

  11. レヴューはまだなんだけど・・
    これ、公開一週目なのに、小さい方の劇場でしたね。
    ハンガリーのやつより、映画としては断然、感慨深いのにー。
    またしても、あらすじだけ見るとメロドラマになりかねないようなお話なのに、見事に深いテーマの作品に仕上げていましたね。
    アフガンや捕虜の場面は、個人的にはしっくりこなかったものの、2004年作品でそんなエピソードを入れちゃうところはすばらしいですよね。
    私は「しあわせな孤独」もすんごく好きですー。

  12. かえるさんへ
    こちらにもコメントありがとうございました!
    ん〜・・・捕虜の部分がしっくりこなかったのは、なぜでしょう?戦争が全体的には描かれていないから・・・ということじゃないですよね。w
    ではその辺りは、記事のUPを楽しみに待っております〜。
    確かに、これを’04年の時点で描こうとしたなんて、題材的にも志の高さを感じますね。
    骨太なイメージを私は持っています。
    私は、他の人がいうほど、女性らしさをこの監督に感じないんですよ・・・。そんなに女性らしいでしょうかね?

  13. 『ある愛の風景』 BRODRE

    心揺さぶる危うさの向こうの確かなる愛の物語。
    刑務所帰りのヤニックの兄の軍人ミカエルは、アフガニスタンへ派遣された。『アフター・ウエディング』の公開に合わせて、スサンネ・ビア監督の2004年の前作も配給してくれてありがとう。何しろ、ハリウッド・リメイクも進…

  14. 『ある愛の風景』

    スサンネ・ビア監督の作品で、『アフター・ウェディング』に続いての鑑賞です。

  15. お世話になっていますw。
    仕事の関係でブログも疎かになっている此の頃ですが、良い作品については前向きに記事にしたいものです。
    キャラクターの心理の部分…連鎖的副作用みたいで触るものが皆悪く転じていく感じも絶望的。子供が「ヤニックのほうがいい…」となればもうどうしようもない状況で、この辺までは凄い持って行きかたでしたね。最後までミカエルを信じようとする妻や弟の気持ちが、逆に素晴らしさにも映ったものでした。
    スザンネ・ビア監督…人間の素晴らしい部分を如何に表現するか…みたいなテーマを持っている人のようですね。

  16. yanksさんへ
    こんばんは☆コメントありがとうございました!
    そうですね、今の時期は、特に皆さん、せわしない時期なのでしょうね。
    お仕事は、冬休みまで、もうちょっとのふんばりですね〜。
    この連鎖反応。作用・反作用というか、人の気持ちって、いちいち言葉にせずとも、多くのことを語ってしまっていて、いかにその齟齬で関係性がバランスを失うか、まざまざと思わされました。
    おっしゃる通り、人間の素晴らしい部分をいかに表現するか。・・
    この言葉、とてもいいですね。確かに、この監督さんの描く人間には、絶望が訪れても、どこか凛とした清々しさを感じるのは、そのためなのでしょうね。
    納得させられる言葉です。ありがとうございます!

  17. ある愛の風景

    監督:スザンネ・ビア
    (2004年 デンマーク)
    原題:BRODRE/BROTHERS
    【物語のはじまり】
    美しい妻サラ(コニー・ニールセン)、可愛い2人の娘と幸せな家庭をもつ
    軍人の兄ミカエル(…

  18. うちへ帰ろう〜『ある愛の風景』

     BRODRE
    「人生はいつだって矛盾に満ちている。けれど、この愛は変わらない」
     職業軍人のミカエル(ウルリク・トムセン)は美しい妻…

  19. とらねこさま、こんにちは。
    ヤニックの台詞について「大筋とは関係ない話」ですが、とっても大切な場面だと思います。
    ああいうさり気ない台詞や情景に、監督がテーマを忍び込ませているってこと、あると思うんです。
    『しあわせな孤独』もそうでしたけれど、最後にかすかな希望を残して終わってくれるところが、この監督さんいいですね。
    壊れてしまったものは元には戻らないけれど、それでも人は生きて行く、という・・・。
    考えさせられる映画でした。ではでは、また来ます〜。

  20. 真紅さんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    そうですよね、ヤニックの台詞には、おっしゃる通り、さりげない主張があったと思います。彼は戦争には反対の意見を持っていたのだと思いますね。
    もしかしたら、それは監督自身の意見でありうるかもしれませんよね。
    この監督さん、本当に・・・これだけのことを、腹臓をカッと開き割るかのように余すところなく描き出し、かつ、最後には希望の光をどこか見出すところで終わる。
    とってもカッコいい監督さんですよね!
    私もこの終わり方、シビレちゃったんですw。

  21. 真・映画日記『ある愛の風景』

    JUGEMテーマ:映画
    12月7日(金)◆647日目◆
    終業後、「シネカノン有楽町二丁目」へ。
    『ある愛の風景』を見る。
    監督は『アフター・ウェディング』のスサンネ・ビア。
    エリート兵ミカエルは妻サラ、娘二人と4人暮らし。
    ある日、アフガニスタンに派遣されたミ…

  22. ある愛の風景

    デンマークからハリウッドへ! 世界へ羽ばたく女性監督。
    そして女性ならではの繊細で美しい映像によって、容赦のないリアリティを描き切る“恐るべき才能”のスサンネ・ビア監督は、最新作の「アフター・ウェディング」がアカデミー賞にノミネートされただけでなく、日…

  23. こんばんは
    この監督さんの人間理解の深さと描写の細やかさには
    いつも唸らされますね。
    揺るがない幸せなんて,実は存在しないんだ,という
    残酷な真実を描きながらも,たしかにどの作品も
    ラストには希望の光明が見えますね。
    この監督さん,人生をリアルにシビアにとらえつつも
    きっと「人間賛歌」というか,人間の持つ希望や愛情にも
    信頼を置いているんだな〜という気がします。
    両方きっちり描いてくれるからこそ,どちらの面も際立って響いてくるような・・・
    アフターウェディングもとっても好きです。

  24. ななさんへ
    こんばんは〜♪お久しぶりです!
    コメントありがとうございました〜。
    そうですね、この監督さん、去年から今年にかけて、作品が日本公開されましたね。
    こうして、時差があってまたお話ししてくださると、記憶を思い出してすごく嬉しいです♪
    この作品、物ごとを見る目がすごく厳しいというか、少しの心の揺るぎも逃さないというタッチで、自分は結構好きです。
    なるほど、“どこか人間に信頼を置いている”人間の描き方・・
    この言葉、すごく同感します!
    私もそんな風に思います。そうですね、だからこそ、人間を厳しく見る目と、温かく見る目の両方が、際立ってくるのですよね。
    とても言い得ていると思います!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑