rss twitter fb hatena gplus

*

#178.コフィー

コフィーきゃ〜、素敵これぞ、ブラックスプロイテーション・ムービー!
パム・グリアがダイナマイトバディーを炸裂しまくり。
アフロまんせ〜!
シド・ヘイグ出演作品。




予告通り、見て来ました、シネマヴェーラ渋谷にて、「GRINDHOUSE A GOGO! 〜タラちゃんと愉快な仲間たち」。第一日目の作品がこれでした。
黒人映画、ブラックスプロイテーション・ムービーと言うとよく挙げ連ねられるこの作品。『コフィー』ですよ。
’73年。監督・脚本、ジャック・ヒル。

ヘロイン中毒で廃人となった妹の仇討ちを誓う女コフィー(パム・グリア)。
これですよ、これですよ!この、大胆不敵な物語の展開。
たった一人で世界を敵に回し、復讐を遂げる物語・・・タランティーノの『ジャッキー・ブラウン』はやっぱこの辺りに愛情を注いでた作品だったんだなあ〜と改めて思ふ。
パム・グリアのこの美しさ!
パイナップル大のダイナマイトな胸をボヨヨ〜ンと出しまくるんだけど、エロさより愛らしさを感じる。
なんだろう、この愛は?正しきおっぱい愛?


ゴースト・オブ・マーズ』でのジョン・カーペンター作品で、あっという間に殺されてた、コワモテのパム・グリアではなくってよ。
喋り方にも何となく甘ったるさと、セクシー・キューティなかわゆさの残る、美しき絶頂のパム・グリア。
嗚呼、コフィーは肌の色ブラック・ビューティー。


キング・ジョージの登場は、キング・ジョージの曲(「キング・ジョージ♪キング・ジョージ♪」)をかけながらで笑う。
派手派手しい黄色のツナギに、トンデもないサングラス。キル・ビルでついついマネっ子したくなっちゃうのも分かる〜。かっちょ良すぎ〜、キング・ジョージ


キングジョージしかし、この時代。本気でブラックの人達が、黒人解放運動をやっていた最中なのだから、実はきちんと大きな社会問題を含んでいるのだ。
基本は、エンターテイメントな楽しさでも、最後の誰かの長い演説で、突如として大きな問題を孕んでくる。この辺りのバランス感覚はなかなか素敵だ。
楽しさと硬派さを、うまいことブレンドする技なのだなと、うなずくことしきり。
(『パルプ・フィクション』のサミュエルの演説をちょっと思い出した。)


シド・ヘイグの登場も、こないだの『超立体映画 ゾンビ3D』を思い出すと余計に楽しい♪


カルト、B級映画かもしれないけれど、この手のB級映画の中でも、珠玉のキラメキを感じさせる、良作。
私はかなり好きですね。ヒロイン、パム・グリアも、果てしなくかわいくて、エロい。
タランティーノが、彼女をミューズにしちゃうのもすっごくよく分かった。

・コフィー@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,541

コメント(4件)

  1. タフでセクシー。しかもあのキャンディヴォイス。たまりません。
    やっぱりコフィはカッコイイ。スクリーンで鑑賞できて大感激です。
    そっか。わたしは‘グレープフルーツ大’なんてメモしてたけど、あれはパイナップルクラスでしたね。
    ソフトがなさそうな『フォクシーブラウン』も観たいです。何年か前に特別上映してた時に行っておけばよかったです。

  2. ふぇあるーざさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございます!
    ふぇあるーざさんは、この作品、前からお好きでしたか☆素晴らしい〜!
    本当、コフィーは魅力的な女性でしたよね!
    アクションはちょっと鈍い感じでしたけど、セクシー度は凄かった!
    ラス・メイヤーのヒロイン以上にエロエロだと思いました。
    巨乳は、“グレープフルーツ大”の方が、なんとなくしっくりくるかもしれません?(笑)
    で、『フォクシー・ブラウン』はソフトがないんですか?それはすごい!
    次回あったら、是非とも見たいです。これも、名前だけの知識で、何度か雑誌などで見たことある程度なんですよ〜。

  3. コフィー“Coffy”

    コフィー かなりのB級映画。 いやC級といったほうがいいかもしれない。 限りなくポルノに近い低予算ムービー。 エロ描写は、おっぱいが何かとポロリする程度なので、ソフト。 パム・グリアの映画をなんか見ようと思って手に取ったんだけど、 これが、 予想以上…

  4. コフィー:映画

    今回紹介するのは、70年代ブラック・ムービーの代表作でパム・グリアー主演の「コフィー」です。
    コフィーのストーリーヘロイン中毒に冒された妹を看取る看護婦のコフィーは麻薬組織への復讐を誓い、行動を開始する。彼女はまず地元のドラッグ・ディーラーを銃殺し、友人…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑