rss twitter fb hatena gplus

*

#164.ヴィーナス

ヴィーナスあのね、私、「人間てこれでいい」って思うの。
「男って、本当にいくつになっても・・・」
なんて、この作品のチラシにも書いてあったけど、そんな風に肩をすくめながらね、仕方が無いなぁ〜もう〜って、思ってしまう。




ストーリー・・・
かつて数多の女性たちと浮き名を流したベテラン俳優のモーリス(ピーター・オトゥール)も老境に入り、今では端役の仕事を細々と続ける一人暮らしの孤独な身の上だ。そんなたそがれ気味の日々に、親友イアン(レスリー・フィリップス)の年若い姪ジェシー(ジョディ・ウィテカー)が出現し久々にときめきを覚える。粗野で非常識な姪を持て余していたイアンを尻目に、女心の専門家を自負するモーリスは俄然張り切ってジェシーに近づき、モデルになりたいという彼女のために仕事を紹介するのだが。・・・


『アラビアのロレンス』以来、アカデミー主演男優賞をノミネートされた、75歳の老俳優ピーター・オトゥール。
その彼が、この作品で8度めのオスカー・ノミネート。
監督は、ロジャー・ミッシェル。


何が素敵って、この人間讃歌、オトコ讃歌がいいなあ。
「しょ〜もねえ、エロジジイだね本当に」って、言ってしまっていいの!これは。
紳士だったり、尊敬に値する老境・・・そういうものじゃないってとこが良いのよ、本当に。
いくつになっても、バカで、成長しなくって、そういう男が描けているところがいい。
だって、きっと本当は、皆に尊敬の目で見られるような、そういう人だと思うのね、ピーター・オトゥールさんていう俳優自体。
それなのに、こんなエロジジイ演じちゃってる・・そこがいいんじゃない!うん!
って、気に入っちゃったな。


このモデルを目指すジェシー(ジョディ・ウィテカー)もね、結構ロクでもない女なのよ。
ロクでもない若い男を連れ込んでみたり、それほど人間的に素晴らしいって訳でも、特別にかわいらしい、って訳でもなかったりする。
言ってみれば、ただの若い女、ってだけで、実はそれ以上ではないとさえ言えるかもしれない。
それは私に、ゲーテ『ファウスト』の話を思い出させた。


それと言うのは、私が高校の時に習っていた塾の先生が言ったことで、私が思いついたことではないのだけれど、
ゲーテの『ファウスト』がドストエフスキーの『罪と罰』より優れている理由、という彼の説を語ってくれた。

『ファウスト』では最後に、魂の救済として女性が現れ出るが、マルガレーテはかつてのグレートヒェンという一人の女性で、一人の女性そのものではない。
言ってみれば、女性という存在であれば、何でも良かった、誰でも良かったのだ。そこが、ポイントなんだそうだ。
ドストエフスキーの『罪と罰』では一方、ラスコーリニコフの魂の救済者となるのは、ソーニャという一人の女性で、それは彼女の性格や、魂の美しさに起因する。
ロシア文学のドストエフスキーに、ドイツ文学のゲーテが勝っているのは、それが理由だそうだ。彼はこのことを、たかが高校3年の受験のために通っていた、英語の授業の合間に長々と語ってくれた。ひたすら頭の良い、上智の大学4年生だった。(ドイツ語学科の人だった。)


で、話は戻って、この主人公の老俳優、モーリスが恋する女性というのも、本当は彼女の名前、ジェシーというものがあるにも関わらず、老人は「ヴィーナス」と呼び続ける。
老人にとっては、美そのものとして憧れを抱いているのだ。
彼女の取る行動がどうであるとか、理由すらなく、ただ彼女に「恋する」。
その存在に・・・。


「恋する」という言葉、それを使うのがこの物語の極上のロマンチシズムでもある。
老人であるから、「あがめられる」わけでも、何かを教え諭すわけでも、決してなく、ただ単に、一人の男として、つまり、人間として。

男なんて、女なんて、これでいいのだ。

ヴィーナス(原題)@映画生活
「ヴィーナス」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,998

コメント(18件)

  1. そう言って戴けると非常に助かります。
    って、現実社会(の9割)ではなかなか通用しないんだけどさ〜〜

  2. 映画『ヴィーナス』で、アラビアのロレンスがえろじじいに

    この映画『ヴィーナス』は、とあるおじいさんにすすめられたので、観にいってきました。おじいさんといっても、前は大きな会社の社長さんをやっていた偉い人みたいなんだけど。その方曰く、「僕らの世代にいたく響く映画。でも若い人も感動すると思うよ。」
    主演のピータ…

  3. 映画『ヴィーナス』で、アラビアのロレンスがえろじじいに

    この映画『ヴィーナス』は、とあるおじいさんにすすめられたので、観にいってきました。おじいさんといっても、前は大きな会社の社長さんをやっていた偉い人みたいなんだけど。その方曰く、「僕らの世代にいたく響く映画。でも若い人も感動すると思うよ。」
    主演のピータ…

  4. はじめまして。TBありがとうございました。
    TB返しできなかったので、コメント残しておきますね。
    後からジーンと良い気分になる、ステキな映画でしたね。

  5. yes90125さんへ★
    こんばんは〜☆コメントありがとうございました。
    しかし・・・エロジジイ?!
    げっ・・・そんなイメージなかったんだけど。やはりそうか。キミも。
    でもジシイって歳じゃないよね?

  6. 結構なジジイです。
    さっきご飯を食べたかどうか忘れるまでは行きませんが、
    事前に前売券を買ってたのに「消えた天使」の当日券をレイトショー料金で買って
    得した気分でいたりします。
    後日、財布の中から前売券が出てきて愕然・・・
    そんな私は今日「ゾンビ3D」の前売券を買いましたよ!
    良かったら一緒に3Dメガネかけてプリクラ撮って下さい(爆)

  7. rajaprukさんへ★
    はじめまして、こんばんは!
    コメント、TBレスありがとうございました。
    TBは承認後の反映になっているのですが、文面が見つけずらく、申し訳ありません。んがっ、丁寧にありがとうございますo(^-^)o
    そうですね、この映画、とってもじんわり温かく感じちゃいました。
    女性より男性、そして年輩の方の方が、この映画を理解でき、感動もできるのかもしれませんが、私はよかったです♪

  8. yesさんへ
    あちゃ〜!『消えた天使』の前売り券、もったいないことしてしまいましたね〜
    そんなんじゃ、「東京で安く映画見ている」うちに入らないんじゃ・・(小声)
    あ、残念私、もう『ゾンビ3D』試写会で見てしまいました!ごめんなさい★
    トルネードの社員?と思われる人物いましたが、綺麗でびっくりしましたよ・・・トルネードのくせに
    B級映画として、最高に面白かったですよ!これ、B級好きには絶対分かるセンスだと思うんですが、いかがでしょう?
    >良かったら一緒に3Dメガネかけてプリクラ撮って下さい(爆)
    アハハ(爆)大笑いしてしまいました!
    そしたらHPのプロフィールに、ネオの隣にUPされちゃうんでしょうねw
    プリの列に並んでたら、高校生にバカにされそうで怖いのでそれはご勘弁を^^;
    次回何かでご一緒したいです♪

  9. ヴィーナス

     『男って、いくつになっても…。』
     コチラの「ヴィーナス」は、名優ピーター・オトゥール主演のロマンティックでホロ苦い人生讃歌で、10/27に公開されたヒューマン・コメディなのですが、観てきちゃいましたぁ〜♪
     若い女性に入れ込む老人を悲喜交々演じきったピー…

  10. 本当、男っていくつになっても、しょうもなっ!
    って笑っちゃいましたね。
    あのジェシーちゃんが絵のモデルになってるのを
    必死に覗こうとしてたり、それがバレてゴマカそうとして
    誤魔化せてないところとかもう(*≧m≦*)ププッ
    でも、じんわりとくる映画で、それも良かったですよね。

  11. miyuさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    あの美術教室の覗きのシーンは面白かったですよね☆
    この映画、見ている人が少ないので、miyuさんの絶賛、すごく嬉しかったです!

  12. ヴィーナス

    監督 ロジャー・ミッシェル
    (2006年 イギリス)
    【物語のはじまり】
    モーリス(ピーター・オトゥール)は70才代のベテラン俳優。
    かつての俳優仲間達と刺激のない日々を過ごしてい??.

  13. ヴィーナス/ピーター・オトゥール

    大好きな映画「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督作品という事で、えっとたしか昨年の11月だったかな?シャンテシネで公開された時に観に行くつもりだったんけど、109シネマ川崎でも公開されるとわかったので先送りにしたのでした。どうせ観るなら鑑賞ポイ…

  14. ようやく観ることが出来ました。ピーター・オトゥールさんのオスカー候補も納得ですね。彼の魅力自体がモーリスに投影されてるようにも思える好演でしたね。決して熱演じゃないとこが、愛おしく感じちゃうのかもしれません。
    ラストンシン分記事がツボでした。

  15. すみません、タイプミスです。
    最後の一行
    「ラストシーンの新聞記事がツボでした。」です。

  16. かのんさんへ
    こん××は♪コメントありがとうございます!
    おお、かのんさん、これご覧になりましたかー!
    とっても嬉しいです。私も、すごくいい作品だったと思います☆
    オスカー候補は納得ですよね!!うんうん、彼の魅力そのものが役に反映・・・。まさにその通りと思います。
    ラストシーンの新聞記事、私滂沱してしまいました!!

  17. ヴィーナス を観ました。

    先日のぷち・ばかんすの旅 帰りの機上で…。

  18. 映画「ヴィーナス」

    原題:Venus
    老いらくの恋は、はたから見ていて気持ちのいいものではない、それでも恋愛への渇望は湧き上がる、幼稚園の頃から70歳を過ぎるまで??懲りない人々??
    モーリス(ピーター・オトゥール)は、かつて人気俳優ながら今では死体がはまり役と言われ、私生活も…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑