rss twitter fb hatena gplus

*

『クローズ ZERO』トークイベント@六本木ヒルズアリーナ

クローズ壁紙東京国際映画祭特別トークイベント、『クローズZERO』THE BLACK TALK LIVEに参加して来ました!
@六本木ヒルズアリーナにて。


出演者は、三池崇史監督、小栗旬、やべきょうすけ、山田孝之の4人。
この日は、500人の限定のイベントだったのですが、webでの応募は、三日間で6000人も集まったそうです。
なかなかの人気ぶり!?
宣伝の方も力入れているようだし、これはなかなかのヒット作になりそうだなあ〜。もしかしたら、『スキヤキウェスタン ジャンゴ』の興行収入は超えたりして?

登場は、こんなベンツでの登場でした!
六本木ヒルズアリーナは野外での会場になるので、すぐそこに道があるんですね。
「もしかしたら、すぐ傍を通っている通行人の方が、間近で到着を見れたかもしれない」ぐらいの距離。
この登場は、なかなか盛り上がります

小栗旬の人気は、すごいんだね〜!
小栗くん目当てがほとんどだったんじゃないかなあ?というほどの人気ぶり。他の出演者と三池さんが、ちょっとだけかわいそうです。ま〜仕方がないかっw

でも、レイバンのサングラスに、革のコート、革パンにブーツで黒ずくめの小栗旬は、あれだけの長身ぶりもあって、実物はさすがにめちゃめちゃカッコい〜・・・びっくりしました

三池さんも、革パンと、やたらと派手な赤と青のスカジャン。とにかく柄が派手(笑)
「こないだタイで2600円で買った」って本人自慢してましたw
てことは三池さん、自分で買ったのかなあ?
「うむうむ、オシャレオシャレ(・∀・)」と頷く私に、一緒に行った方は、「オシャレ・・・なのか?・・・」とほんのちょっぴり疑問顔。

やべきょうすけも、山田孝之も、4人揃ってこう、黒とか革とかで決めて、ブラックカーペット(レッドではなく)をワルそうに登場するのは、なかなか見ごたえがありました。
会場はその500人のうち、ほぼ全員女?というか、男はいなかった様子。
三池さんのカッコ良さを褒めるコーナーで、「現場でしゃきっとしなきゃいけないと威厳を見せつつも、どこか温かい目で見守ってくれた」と、小栗くん。
やべきょうすけも、身を入れて演技しすぎてしまい、泣き過ぎてしまった箇所があるそうなのだけれど、三池さんに「ケン(やべの役名)、泣き過ぎてませんか?」と聞くと、
「男はそういう時、泣くんです。」と一言、三池さんが背中越しに言ったとか。
く〜っ、カッコいいなあ〜このエピソードが自分は一番好きだったかな。

前日のオールナイトニッポンの収録に山田孝之が来たそうなのだけれど、その後8時まで飲んでいたという、仲良しの小栗旬と山田孝之。
なんだかこの二人は、本当に仲が良さそう?!
その山田孝之は、小栗くんのことを、「自分は切り替えが効かないのだけれど、いつもすぐに切り替えが出来ていいなあ」と言う。
小栗旬は、実際「嘘っぽくない」魅力というものがあって、いう事もなかなか当を得ていて面白い。とにかくその場の空気を、一身に集めるのが上手な人みたいだ。こういうのがスター性なんだなあ、と思ったりした。

やべきょうすけとは、知り合って10年以来になる、という三池さん。
「自分にとっては今までも主演俳優だった」という反異義語で表現されるところに、「やべきょうすけは、きっとこの作品でとても輝いているんだろうなあ」、なんて思った私だった。
とにかく、この原作の少年漫画『クローズ』について、やべは、他の誰よりすごく詳しいらしく、演技のすごく細かいところにまで気を配って、あれこれと言ったらしいw
三池さんも、「いつの間にか現場で、彼の立場が大きくなっていた」と言っていた。
『スキヤキウェスタン ジャンゴ』の時、佐藤浩市がそうだったように、いつの間にか現場の雰囲気から、リーダー格のような存在になっていたのカナ?w
三池さんは、「あまりギャラが高くなると使いずらくなるから、・・・(やべは)この作品がピークということで」と、ちょっとブラックなジョークを飛ばしていましたw

山田孝之は、撮影の最初の方では、いまいち乱闘シーンが良くなかった、ということで、小栗旬と一緒に、小栗旬の行っているジムに二人して行ったらしい。
その時、ボクシングの世界チャンピオンになった人に、「自分をKOするまで殴ってみてくれ」と言ったという山田。それを見て、小栗くんは驚嘆したそうだ。役のために、自分の演技を最大限にまで高めるように、という山田孝之なりのムチャクチャな意志というか、何かを突き抜けた時に見えるもの、というのを自分の身体を通して見つけたかった、というか・・・。
また、山田は、撮影の時も、ずっと役柄が入りっぱなしになっていて、シラフで普通の人がやらないような「気合を入れる奇声」を上げたりしていたらしい。
周りの人はそれを見て笑っていたのだけれど、そういう役者としてのキレというか、すごい集中力、というものを、小栗旬は山田に見たそうだ。なかなかいい話をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお土産に、『クローズZERO』公式サイトにても、見れるようになっている、メンズノンノ風のフェイク雑誌をもらいました〜!
「MEN’S SUZURAN」。鈴蘭高校というのが、『クローズZERO』の中で描かれる高校なので。SUZUTANではありませんw

最後に、今回は『Knockin’ on heaven’s door』のsallyさんと一緒に行きました小栗ファン歴約7年の彼女。小栗くんのいろんな話をしていただいて、どうもありがとうございました〜!

 

2007/10/25 | :映画特集

関連記事

『修羅雪姫 恨み恋唄』『動脈列島』 梶芽衣子特集

『修羅雪姫 恨み恋唄』 今回の梶芽衣子特集、正確には「デビュー50周年...
記事を読む

『コングレス 未来学会議』はコチラ

アリ・フォルマン監督の『コングレス 未来学会議』、公開されましたが少し...
記事を読む

相米慎二を育てた男 プロデューサー伊地知啓 特集 『雪の断章』『セーラー服と機関銃 完璧版』『光る女』

雪の断章 情熱 屋根に哀しみ乗せた列車の〜♪ 斉藤由貴が出演していると...
記事を読む

ルビッチ・タッチ!(3)『天使』『ニノチカ』『青髭八人目の妻』

『天使』 こちらがまた最高! なんて、なんてカッコイイ作品なの! この...
記事を読む

ルビッチ・タッチ!(2)『天国は待ってくれる』『陽気な中尉さん』『花嫁人形』

天国は待ってくれる ルビッチの映画がメチャクチャ面白くて、今回の特集に...
記事を読む

2,075

コメント(10件)

  1. とらねこさん、こんばんは☆
    素敵なイベントですねぇ〜!いいなぁ〜!
    生三池さん素敵だったんでしょうね☆
    実は山田孝之って苦手だったんですけど、とらねこさんの記事を読んで好感が持てました☆
    公開が待ち遠しいです

  2. これって三池監督の作品だったんですね〜。
    前にエキストラに行って山田くんを近くで見れたんですが
    そのときもすごく役に入り込んでる感じでした。
    ブラックカーペットをワルそうに歩く4人を見てみたかったです!

  3. ヨゥ。さんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございます☆
    >生三池さん素敵だったんでしょうね☆
    ヨゥ。さんたら、気が利くゥ〜!他のカッコいい出演者の話をしないで、私の目線で話してくださって、ありがとうございます〜!
    山田孝之、私も実はこの話を聞いて、大分印象が良くなった、って感じでしたよ。
    実は『電車男』のイメージしかなかったのに、こんなにすごく俳優魂の炸裂する人とは知りませんでした!

  4. yukiさんへ
    初めまして!コメントありがとうございます〜!
    エキストラで山田孝之を間近で見た経験がおありなんですね〜!
    割と喋っているときはシャイな感じがありましたが、こんなに一生懸命役に打ち込む人だったんだなあ、と思ったら、なんだか好感度が上がってしまいました!
    ブラックカーペットの上で写真撮影なんかをしていたのですが、こちら側からちょうど見れたのですね、あの瞬間はやっぱりみんな様になってましたよ!
    映画もお好きなのでしょうか?またよろしかったらお話させてくださいませ☆

  5. とらねこさん ご無沙汰しています。
    東京国際映画祭トークイベントにいかれたのですね〜〜
    sallyさんからお知らせいただき すぐに とらねこさんのとこにも来たのですが コメントのこしてなかった〜^^;
    ナマ小栗どうでしたか?かっこいいでしょう〜〜
    う〜うらやましい。
    映画見てきましたのでまたそちらで^^

  6. iceさんへ
    こんにちは〜♪コメントありがとうございます!
    iceさんは小栗ファンの方でいらっしゃるんでしょうか?o(^-^)o
    sallyさんと仲がいいんですね☆
    私は三池監督が好きでして、ついでに小栗くんを見た、というだけなのですが、いやー、小栗くんってまー、ドエラいイイ男ですね!
    レイバンのサングラスって、みんなウルトラマンかバッタ男のようになるのかと思ったのに!
    あんなにカッコよく見えるなんて、骨格が全く違うって分かりました。
    神様って不公平〜!!

  7. クローズZERO:THE BLACK TALK [email protected]東京国際映画祭

    東京国際映画祭の特別招待作品として本日上映された『クローズZERO』、上映前のトークイベントに参加してきました♪

  8. とらねこさん、その節はありがとうございました♪
    さすが!三池さんのお話、よく覚えていらっしゃいます
    ねー。「男は泣くんです」って話、ありましたね♪
    私ときたら、小栗くんの発言すらよく覚えていなくて、いざ記事を書こうとしたら自分の記憶力のなさに唖然としました(笑)
    映画の方も記事書きましたのでそちらもTBさせていただきますね。

  9. sallyさんへ
    こんばんは★コメントありがとうございました!
    こちらこそ、ありがとうございました♪
    sallyさんと一緒で、楽しかったです。
    sallyさんたら、とってもカワイイんだもの☆
    >いざ記事を書こうとしたら自分の記憶力のなさに唖然としました(笑)
    えー!そんなあ、まさか
    私はいつもこんな感じで、適当に抜粋して書いてるだけなのですが、sallyさんの記事を見たらいろいろ書かれていてビックリしました☆

  10. クローズZERO(79点)評価:○

    総論:頂上(てっぺん)獲ってどうすんのか?は獲ってから考えりゃイイ。累計発行部数3,200万部を超える高橋ヒロシの人気コミック「クローズ」の実写映画化。監督は鬼才・三池崇史。出殮.




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑